此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

どろろ

百鬼丸は鬼神の力を宿した多宝丸、陸奥、兵庫と対峙する。醍醐の行く末を巡る戦いが始まる!第23話「鬼神の巻」 感想 どろろ

此花(このはな)です今回はどろろの第23話「鬼神の巻」の感想を書いていきたいと思います第23話「鬼神の巻」 あらすじ 百鬼丸は、鬼神の力を宿した多宝丸、陸奥、兵庫と対峙する。 駆けつけたどろろ、縫の方、琵琶丸は、醍醐の国の行く末を巡る、凄まじい戦…

醍醐の城に連れ去られてしまったどろろ。閉じ込められた牢の前に百鬼丸の母・縫の方が現れて…?第22話「縫の巻」 感想 どろろ

此花(このはな)です今回はどろろの第22話「縫の方」の感想を書いていきたいと思います第22話「縫の巻」 あらすじ 醍醐の城に連れ去られ牢に閉じ込められてしまったどろろ。その牢の前に縫の方が現れる。 一方、どろろと身体を取り戻さんと醍醐の城に向かお…

百鬼丸たちが醍醐領に向かっていると報せを受けた景光は多宝丸を討伐に向かわせるが…?第21話「逆流(ぎゃくる)の巻」 感想 どろろ

此花(このはな)です今回はどろろの第21話「逆流(ぎゃくる)の巻」の感想を書いていきたいと思います第21話「逆流(ぎゃくる)の巻」 あらすじ 醍醐景光は隣国の朝倉との戦の準備を進めていた。 醍醐領に百鬼丸が向かっているという報せを受けた景光は、多…

妖怪が現れるという山で、賽の目の三郎太という少年に出会う。一緒に妖怪退治にすることになるのだが…?第20話「鵺の巻」感想 どろろ

此花(このはな)です今回はどろろの第20話「鵺の巻」の感想を書いていきたいと思います第20話「鵺の巻」 あらすじ 妖怪を探し山道を歩いていたどろろと百鬼丸は、賽の目の三郎太という少年に出会う。 自分も妖怪を狙っている、と言う三郎太と共に退治に向か…

折れた刀を治す為、宗綱という刀鍛冶を訪れる。その村では何故か評価が真逆で?第19話「天邪鬼の巻」 感想 どろろ

此花(このはな)です今回はどろろの第19話「天邪鬼の巻」の感想を書いていきたいと思います第19話「天邪鬼の巻」 あらすじ どろろと百鬼丸は折れた刀を直すため、宗綱という刀鍛冶が住む村を訪れる。 宗綱の家に向かうと、娘のおこわの出迎えを受けるのであ…

サメが咆哮を上げ、身動きの取れないどろろに襲い掛かる。そこへ現れたのは…?第18話「無常岬の巻」感想 どろろ

此花(このはな)です今回はどろろの第18話「無常岬の巻」の感想を書いていきたいと思います第18話「無常岬の巻」 あらすじ サメの鬼神が咆哮を上げ、身動きの取れないどろろに襲いかかる。 その頃、岬には多宝丸の率いる軍勢が迫っていて…。公式より TVアニ…

「知ってる。これを何という者か。おっかちゃんだ」どろろと別れた百鬼丸は戦場跡で寿海と再会する。第17話「問答の巻」 感想 どろろ

此花(このはな)です今回はどろろの第17話「問答の巻」の感想を書いていきたいと思います第17話「問答の巻」 あらすじ 寿海は戦場跡で血まみれになった百鬼丸と再会し、百鬼丸の奪われた身体と鬼神の関係を知る。 新しい義足が欲しいと寿海に求める百鬼丸だ…

火袋が隠した金を狙うイタチに捕まってしまったどろろ。金を隠したとされる岬へ向かう為、舟を探していると、片腕の少年・しらぬいに声をかけられるが…?第16話「しらぬいの巻」 感想 どろろ

此花(このはな)です今回はどろろの第16話「しらぬいの巻」の感想を書いていきたいと思います第16話「しらぬいの巻」 あらすじ どろろはイタチに連れられ、火袋が金を隠したとされる岬へと向かう。 岬に渡るための舟を探していると、片腕の少年・しらぬいに…

自分の体を取り戻さんが為、百鬼丸はマイマイオンバを斬るが…?第15話「地獄変の巻」感想 どろろ

此花(このはな)です今回はどろろの第15話「地獄変の巻」の感想を書いていきたいと思います第15話「地獄変の巻」 あらすじ 鯖目は自分が治める里を守り抜くため、鬼神に人を喰わせていたのであった。 百鬼丸は再び蛾の鬼神と対峙する。その頃、蔵に閉じ込め…

訪れた焼け寺の跡地で、辺りをおさめる鯖目という男に出会う。屋敷に招かれ、焼け寺と妖怪の話を聞くのだが…?第14話「鯖目の巻」 感想 どろろ

此花(このはな)です今回はどろろの第14話「鯖目の巻」の感想を書いていきたいと思います第14話「鯖目の巻」 あらすじ どろろと百鬼丸は訪れた焼け寺の跡地で、辺りを治める鯖目という男に出会う。 鯖目の屋敷に招かれ焼け寺と妖怪の話を聞くが、不審な点を…

醍醐領を出たどろろは滝の裏に巨大な不動明王像を目にする。そこへおっかちゃんそっくりの女が現れて…?第13話「白面不動の巻」感想 どろろ

此花(このはな)です今回はどろろの第13話「白面不動の巻」の感想を書いていきたいと思います第13話「白面不動の巻」 あらすじ 醍醐領を出たどろろは、滝の裏にそびえ立つ巨大な不動明王像を目にする。 この不動の正体は、人間の顔を集め自分のものにしてし…

ついに出会う父と子。二人に待ち受けるのは…第12話「ばんもんの巻・下」 感想 どろろ

此花(このはな)です今回はどろろの第12話「ばんもんの巻・下」の感想を書いていきたいと思います第12話「ばんもんの巻・下」 あらすじ 我が子を鬼神に差し出した景光。奪われた身体を取り戻さんとする百鬼丸。 今二人は、運命に引き寄せられるように向かい…

醍醐領に入った二人。国境の砦跡地に残る1枚の巨大な「ばんもん」には化け物が現れるというのだが?第11話「ばんもんの巻・上」感想 どろろ

此花(このはな)です今回はどろろの第11話「ばんもんの巻・上」の感想を書いていきたいと思います第11話「ばんもんの巻・上」 あらすじ 醍醐領に入ったどろろと百鬼丸は、国境の砦跡地に残る1枚の巨大な板塀「ばんもん」の存在を聞く。 百鬼丸はばんもんに…

醍醐領内のある村では湖の化け物に村人が犠牲になっていた。多宝丸は村人の為に退治を買って出るが…?第10話「多宝丸の巻」 感想 どろろ

此花(このはな)です今回はどろろの第10話「多宝丸の巻の感想を書いていきたいと思います第10話「多宝丸の巻」 あらすじ 醍醐領内のある村では、村人が湖に棲む妖怪の犠牲になっていた。 多宝丸は、側近である兵庫・陸奥とともに村人のため妖怪の退治を買っ…

風邪で倒れたどろろ。朦朧としながら曼珠沙華を目にしたどろろは父と母とのかつての日々を思い出す…第9話「無残帳の巻」感想 どろろ

此花(このはな)です第9話「無残帳の巻」 あらすじ 風邪で熱にうなされるどろろ。 朦朧としながら曼珠沙華を目にしたどろろは、父・火袋と母・お自夜とのかつての日々を思い出す。公式より TVアニメ「どろろ」公式サイト今回はどろろの過去話。どろろには2…

大百足を鎮める為、生贄をささげる村があった。姉が生贄になったさるはどろろと共に百鬼丸は鬼神に立ち向かうが…?第8話「さるの巻」感想 どろろ

此花(このはな)です今回はどろろの第8話「さるの巻」の感想を書いていきたいと思います第8話「さるの巻」 あらすじ ある村では、黒雲をまとう大百足の鬼神を鎮めるために、若い娘を生贄として捧げる習わしがあった。姉が生贄となった少年・さると共に、百…

絡新婦(じょろうぐも)を取り逃がした百鬼丸たちは近くの村で人さらいが出るという噂を聞くが…?第7話「絡新婦(じょろうぐも)の巻」 感想 どろろ

此花(このはな)です今回はどろろの第7話「絡新婦の巻」の感想を書いていきたいと思います第7話「絡新婦の巻」 あらすじ 蜘蛛の妖怪・絡新婦(じょろうぐも)は百鬼丸から受けた傷を癒やすため、人間に姿を変え弥二郎という青年を利用する。 絡新婦を取り逃…

声を取り戻すも、脚を奪われてしまった百鬼丸。傷を癒したのち、再度鬼神に挑みに出るが…?第6話「守り子唄の巻・下」 感想 どろろ

此花(このはな)です今回はどろろの第6話「守り子唄の巻・下」の感想を書いていきたいと思います第6話「守り子唄の巻・下」 あらすじ 鬼神から声を取り戻すも、脚を奪われてしまった百鬼丸。 荒れ寺に戻り傷を癒やしたのち、再度鬼神に挑みに出る。 一方、…

取り戻した”音”に慣れない百鬼丸。ミオという少女が唄う子唄になぜか、惹かれる百鬼丸だった。第5話「守り子唄の巻 上」 感想 どろろ 

此花(このはな)です今回はどろろの第5話「守り子唄の巻・上」の感想を書いていきたいと思います第5話「守り子唄の巻・上」 あらすじ 慣れない「音」に苦しみ、妖怪との戦いで傷を負った百鬼丸は、ミオという少女に出会う。彼女は戦で親を亡くした子供の面…

真っ赤な血だまりの上にいたのは辻斬りの田乃介。百鬼丸はかろうじて退けるが、妖刀にどろろが操られてしまい…?第4話「妖刀の巻」 感想 どろろ(アニメ)

此花(このはな)です今回はどろろの第4話「妖刀の巻」の感想を書いていきたいと思います第4話「妖刀の巻」 あらすじ どろろと百鬼丸は人斬りの田之介と対峙する。彼が振るう刀は鬼神が宿る呪われた妖刀であった。 かろうじて田之介を退けるも、妖刀がどろろ…

時は戦国。盗賊のどろろは全身作り物の男”百鬼丸”に出会う。彼は見えない瞳で化け物を見据えていた。第一話&第二話&第三話まとめて感想。どろろ

此花(このはな)です今回はどろろの第1話「醍醐(だいご)の巻」、第2話「万代の巻」、第3話「寿海の巻」の感想を書いていきたいと思います第1話「醍醐(だいご)の巻」 あらすじ 時は戦国。醍醐の国の主である景光は領地の繁栄のため鬼神と取引し、対価と…