読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

曇天に笑う

この晴天の下で笑え!第12話(最終話)「兄弟、太陽に集う」 感想 曇天に笑う

此花(このはな)です。今回は、曇天に笑うの第12話(最終話)「兄弟、太陽に集う」の感想を書いていきたいと思います。曇天に笑うもついに最終回。 前回は天火が弟たちの前に登場したところで終わりましたが、 なんか綺麗に終わったのですっきりです。でも、な…

弟たちの元へ向かう天火と風魔と曇の間で揺れる錦。第11話「太陽、曇天に再炎」 感想 曇天に笑う

此花(このはな)です。今回は、曇天に笑うの第11話「太陽、曇天に再炎」の感想を書いていきたいと思います。11話は、天火が人工大蛇になった理由が分かる話でした。 最後は題名そのままですね!って思いました。さて、感想いきましょうか! 天火の回想から…

天火は弟たちの元へと向かう。あらすじ&場面カット公開!第11話「太陽、曇天に再炎」 曇天に笑う

此花(このはな)です。今回は、曇天に笑うの第11話「太陽、曇天に再炎」のあらすじ&場面カットが公開されたので、それについて書いていきたいと思います。ではさっそく、あらすじからいきましょうか!第11話「太陽、曇天に再炎」 あらすじ 政府の秘密施…

本当の白子と空丸の行方。そして、天火が生きていた。第10話「白き闇、裏に反る」 感想 曇天に笑う

此花(このはな)です。今回は、曇天に笑うの第10話「白き闇、裏に反る」の感想を書いていきたいと思います。10話は白子さんの本当のことが分かる話になりました。 この話は最後にまた驚きのシーンがあったので、 だんだんと面白くなってきています。本音を…

白子さんが明かす曇に仕えていた本当の理由。あらすじ&場面カット公開! 第10話「白き闇、裏に反る」 曇天に笑う

此花(このはな)です。今回は、曇天に笑うの第10話「白き闇、裏に反る」のあらすじ&場面カットが公開されたので、それについて書いていきたいと思います。ではさっそくあらすじから行きましょうか!第10話「白き闇、裏に反る」 あらすじ 大蛇の器を守る…

「曇天火は大蛇の器ではなかったのだ」 第9話「後継者、濁り空に立つ」 感想 曇天に笑う

此花(このはな)です。今回は曇天に笑う、第9話「後継者、濁り空に立つ」の感想を書きたいと思います。9話は、空丸が天火の処刑から立ち直り、今度は宙太郎のお話でした。 色々な謎が少しずつ分かる中、真実が分かってきます。さて、本編の感想に行きましょ…

天火は大蛇の器ではないのであろうか? あらすじ&場面カット公開! 第9話「後継者、濁り空に立つ」 曇天に笑う

此花(このはな)です。今回は、曇天に笑うの第9話「後継者、濁り空に立つ」のあらすじ&場面カットが公開されたので、それについて書いていきたいと思います。ではさっそく、あらすじから行きましょうか!第9話「後継者、濁り空に立つ」 あらすじ 宙太郎は獄…

天火がいなくなった今、空丸達は日常を取り戻せないでいた。第8話「少年、雨天に慟哭す」 感想 曇天に笑う

此花(このはな)です。今回は、曇天に笑うの第8話「少年、雨天に慟哭す」の感想を書いていきたいと思います8話は残された空丸と宙太郎の話でした。見てて辛いものがありました(泣)チョット泣きそうになりましたし。空丸中心の話で錦ちゃんも出てきました。…

大津の空はいまだに晴れない。あらすじ&場面カット公開! 第8話「少年、雨天に慟哭す」 曇天に笑う

此花(このはな)です。今回は、曇天に笑うの第8話「少年、雨天に慟哭す」のあらすじ&場面カットが公開されたので、それについて書いていきたいと思います。ではさっそくあらすじから行きましょうか!第8話「少年、雨天に慟哭す」 あらすじ 天火の処刑から…

安倍家式神の牡丹と安倍比良裏の叶わぬ恋物語 第7話「泡沫に笑う」 感想 曇天に笑う

此花(このはな)です今回は曇天に笑うの第7話「泡沫に笑う」の感想を書きたいと思います。7話は600年前の安倍家・式神牡丹と安倍比良裏(ひらり)のお話でした。 全く謎分からなかったので、何も言えませんが、説明は現代でしてくれるんでしょうかね、本当に。 …

牡丹さんが助けてもらったらまさかのプロポーズされた!? あらすじ&場面カット公開! 第7話「泡沫に笑う」 曇天に笑う

此花(このはな)です今回は、曇天に笑うの第7話「泡沫に笑う」のあらすじ&場面カットが公開されたので、それについて書いていきたいと思いますではさっそくあらすじからいきましょうか!第7話「泡沫に笑う」 あらすじ 600年前、近江の地を守護する佐々木清綱…

曇り空の地から太陽が消えた 第6話「太陽、曇天に散る」 感想 曇天に笑う

此花(このはな)です今回は、曇天に笑うの第6話「太陽、曇天に散る」の感想を書いていきたいと思います6話は、大蛇のことと天火の処刑までのお話でした。 蒼世さんの想いも知ることが出来たり、空丸と宙太郎の話でもありました。 ちょっと泣きそうになった。…

まさか本当にやるの?天火の処刑 あらすじ&場面カット公開! 第6話「太陽、曇天に散る」 曇天に笑う

此花(このはな)です今回は、曇天に笑うの第6話「太陽、曇天に散る」のあらすじ&場面カットが公開されたので、それについて書いていきたいと思いますではさっそくあらすじから行きましょうか第6話「太陽、曇天に散る」 あらすじ 夕食の買い物から帰った空…

天火の隠された事実とは? 第5話「天下、不穏に揺れる」 感想 曇天に笑う

此花(このはな)です。今回は、曇天に笑うの第5話「天下、不穏に揺れる」の感想を書きたいと思います5話は犲の隊長さん、安部蒼世に取引しにいく話でした。天火の小さい頃の話も出てきて、蒼世さんや紀子さんと天火が仲が良かった話もありました。天火が犲…

天火の異変ってなんだろう? あらすじ&場面カット公開!(白子さんについて考察してみる) 第5話「天下、不穏に揺れる」 曇天に笑う

此花(このはな)です今回は、曇天に笑う、第5話「天下、不穏に揺れる」のあらすじ&場面カットが更新されたので、それについて書いていきたいと思います。ではさっそくあらすじから行きましょう!第5話「天下、不穏に揺れる」 あらすじ 白子や武田の助けも…

空丸が思い出した真実と白子さんの過去 第4話「風魔、監獄に忍ぶ」 感想 曇天に笑う

此花(このはな)です今回は、曇天に笑うの第4話「風魔、監獄に忍ぶ」の感想を書いていきたいと思います4話は空丸を助ける話だったんですが、 この話の最後に驚きの事実が判明し、びっくりしました。最近、曇天に笑うの二次創作小説を読みあさっていまして、そ…

空丸を助け出すことは出来るのか? あらすじ&場面カット公開! 第4話「風魔、獄門に忍ぶ」 曇天に笑う

此花(このはな)です今回は曇天に笑う、第4話「風魔、獄門に忍ぶ」のあらすじ&場面カットが公開されたので、それについて書いていきたいと思いますではさっそく、あらすじから行きましょうか!第4話「風魔、獄門に忍ぶ」 あらすじ 罪人の変装をして獄門処へ…

「置いていかれるのは・・・俺の方だ」第3話「次男、監獄に潜る」 感想 曇天に笑う

此花(このはな)です今回は、曇天に笑うの第3話「次男、監獄に潜る」の感想を書きたいと思います。この3話はめちゃくちゃドキドキしました。 そして、最後に不安になる終わり方をしたんです! やばい…最後、鼻がツーンとしました。あれは一体何? 天火、マジ…

天火の隠していることを知ることが出来るのか? あらすじ&場面カット公開! 第3話「次男、監獄に潜る」 曇天に笑う

此花(このはな)です今回は、曇天に笑うの第3話「次男、監獄に潜る」のあらすじ&場面カットが公開されたので、それについて書いていきたいと思いますではさっそく、あらすじからいきましょうか!第3話「次男、監獄に潜る」 あらすじ 天火と牡丹が大蛇につい…

殺人鬼と空丸。そして、天火の知り合いが登場!第2話「殺人鬼、曇天に嘲う」 感想 曇天に笑う

此花【このはな】です今回は、曇天に笑うの第2話「殺人鬼、曇天に嘲う【あざわらう】」の感想を書いていきたいと思います2話からOPがつきました! しかも、アーティストが「青木隆冶さん」でしたよ! モノマネのイメージ強いんですけど、歌手もなさるんで…

新しいキャラクターが出てくるなぁ…。あらすじ&場面カット公開! 第2話「殺人鬼、曇天に嘲う」 曇天に笑う

此花(このはな)です今回は「曇天に笑う」の第2話「殺人鬼、曇天に嘲う」のあらすじ&場面カットが更新されたので、それについて書いていきたいと思いますではさっそくあらすじから行きましょうか!第2話「殺人鬼、曇天に嘲う(あざわらう)」 あらすじ 囚人脱…

曇(くもう)三兄弟の物語始まる! 第1話「三兄弟、曇天に立つ」 感想 曇天に笑う

此花(このはな)です今回は曇天に笑うの第1話「三兄弟、曇天に立つ」の感想を書きたいと思いますアニメ感想の書き方を試行錯誤していきたいので、以前の書き方と違います。 ご了承ください。この「曇天に笑う」は、原作を読んでいないので初見です。 1話はま…

やった!静岡でも見れそう!放送情報更新!PVも公開! 曇天に笑う

此花(このはな)です今回は、10月に放送される「曇天に笑う」の放送情報が更新されたので、それについて書いていきたいと思います。まず、私は「曇天に笑う」の原作を読んでいません。 あらすじを読んで、見よう!って決めましたあらすじ時は明治十一年。 急…