此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

18歳までに鬼の呪いを解かないと死んでしまう!? 桃太郎の生まれ変わりが学園を駆け回る!

スポンサーリンク

こんにちは 此花(このはな)です。

今回は、私のおすすめの漫画を紹介したいと思います


その漫画は
「桃組プラス戦記」といいます

桃組プラス戦記 (1) (アスカコミックス)桃組プラス戦記 (1) (アスカコミックス)
(2006/02/17)
左近堂 絵里

商品詳細を見る


ジャンルとしては
「学園ギャグファンタジー」



あらすじ
主人公は 桃太郎の生まれ変わりの桃園祐喜(ももぞの ゆうき)。私は、モモくんと呼んでます
下の名前が一緒なので呼びにくいんです(汗)

この桃園くんは、トラブル吸引体質という不幸を呼び込む体質。なので、今まで友達ができたことがありませんでした
転校初日に、猿、雉、犬の獣基の生まれ変わり高猿寺 咲羽(こうえんじ さわ)・雉之木 雪代(きじのぎ ゆきしろ)・犬飼 雅彦(いぬかい まさひこ)の三人に桃太郎の生まれ変わりと告げられます

しかも、前世の影響で18歳まで鬼の呪いを解かなければ死んでしまうという
最初は信じなかった桃園くんだが、途中で鬼の生まれ変わりに会ってしまい、これは事実だと信じるしかありませんでした。
18歳までにすべての鬼の呪いを解き、自らの幸せを取り戻すことを決意し、お供の獣基と一緒に学園を駆け回る!

用語
生まれ変わりとは
歴史的な著名人や、日本昔話などに出てくる登場人物やそのモデルとなった人、もしくは動物たちを前世に持つ人たちのこと。大まかに分けて2つあり、祐喜や椀野などは「人間組」と呼ばれ、咲羽・雪代・雅彦などの獣基と動物の血を引く者は「動物組」と呼ばれている。

獣基(じゅうき)とは 
生まれ変わりの「動物組」の中でも、主人を持ち、戦う力を有する者達のことを言う。それぞれの生まれ変わりを模した仮面の覚醒具をもち、幼少期から高い身体能力を持っている。



どうでしょうか? 面白そうって思っていただければ幸いです

この愛譚学園(あいたんがくえん)には、なぜか童話や偉人、獣基の生まれ変わりが集まっており、おなじみの童話の主人公が出てくることもあります そういう豆知識がいっぱい詰まってます 

愛譚学園(あいたんがくえん)は、いろんな科があるマンモス校。主な主人公達の科を紹介していきますね

桃組プラス戦記

(画像が荒くてごめんなさい)

主人公  桃園 祐喜(ももぞの ゆうき) 普通科 茶色の髪の子です

猿の獣基 高猿寺 咲羽(こうえんじ さわ) 体育科 一番の左の金髪の子です

雉の獣基 雉之木 雪代(きじのぎ ゆきしろ) 国文科 蒼色の髪の女の子です

犬の獣基 犬飼 雅彦(いぬかい まさひこ) 理数科 一番右のメガネをかけている子です

4人の科以外にも家政科とか農業科とか、異色なのは帝王学で通称「セレブ科」。大会社の息子や華族の令嬢など、身分の高い上流階級出身の生徒が在籍している科。

ほかの科で漫画で出てくるので、面白いのは 国際科でその科に属する生徒全員が『西洋のお伽噺』(例:白雪姫、シンデレラなど)の生まれ変わりという謎の学科。この科は、一年間で数か月ぐらいしか学園に来ない。元々が外国にいるらしい。

漫画の1巻で 桃太郎でおなじみのおじいさんとおばあさんの生まれ変わりが性別が逆転していたり それがすごく面白い。鬼美弾護(きびだんご)がでてきたりします

この漫画は、11巻まで出てて、現在5人の鬼をクリアし、残り2匹です。ドラマCDが発売されていて、3枚でてます
そのドラマCDでは、マンガの2巻までお話が進んでます 4枚目でないかな〜 続き聞きたい!
12巻も左近堂さん(作者)待ってます!わくわく(期待)

月刊 Asuka (アスカ) 2014年 05月号 [雑誌]月刊 Asuka (アスカ) 2014年 05月号 [雑誌]
(2014/03/24)
不明

商品詳細を見る

桃組プラス戦記は、ASUKAという月刊誌に連載しています
今月号は連載再開のカラーです。今まで休載してたので念願の連載再開。3月24日発売!
3月発売だけど5月号です!

新章突入だそうなので、ついに6人目の鬼が登場か!?とわくわくしております

まだまだマイナーな漫画なので知ってる人が少ないです
おススメなのでぜひ読んでみてください!

追記 
桃組プラス戦記公式サイトが出来ました。
こちらには1巻の試し読みも出来るので読んでみてください
http://www.kadokawa.co.jp/sp/2014/momogumi/

ここまで読んでくれてありがとうございました
ポチッと押してくだされば、喜びます

にほんブログ村 アニメブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

13巻の感想はこちら
konohana19.hatenablog.com


関連記事
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com