此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

闇がこんなに恐ろしいとは… 第4話「夜を撫でる手」(よるをなでるて) 蟲師 続章 感想

スポンサーリンク

こんにちは 此花(このはな)です

今回は、蟲師 続章第4話「夜を撫でる手」(よるをなでるて)の感想を書きたいと思います

第一印象は、なんか怖い話でしたけど、ふんわりと終わったんで、なんかほっとしました。
この第4話は、なぜか公式サイトが場面カットを更新しなかったんで、どんな話なのか、だいたい登場人物がいるのかわからなかったです。

でも、第1期でやった「綿胞子」よりは、怖くなかったですよ?

さて、どんな話なのか?は詳しく書きますので、読みたくない人は飛ばしてください



ギンコが森を歩いている途中、ひどく甘い果実酒のにおいがした。
そのにおいを追っていると、急に体が動かなくなった。

すると、闇の奥に人の影が見え、
「なんだ、人か。見逃してやる」
と声がし、動かなくなった身体が、ふっと動くようになった。

改めて、人がいた場所を見ると、もういなくなっていた。

山を下りると、村があり、
ギンコはさっきの出来事で少し疲れたので、干し肉をもらいにいくが、どごもないという。
少し先に、一人の少年が干し肉を売っていた

そこに行こうとすると、村人が、
「そこの肉は、臭くてたまらんから、やめといたほうがいい」
とギンコを止めた。

だが、ギンコはその少年に声をかけ、もっと新しい肉はないのか?と聞いた。
少年は、家にあると答える。

ギンコはその少年と家に向かう。
その家は、前に嗅いだ果実酒のにおいがしていた。
家に着くと、その少年の兄、辰がいた。

家にあった肉も、においがしており、
ギンコがそれを言うと、辰は、じゃあ今から狩りをしてくるから、そこで待っていてくれと言った。

こっそりギンコがついていくと、辰は、甘い果実酒のにおいをさせ、そのにおいで獣を呼び寄せて、狩りをしていた。
獣の頭に手を置き、獣が頭を下げていく

そこをギンコが止めた。

辰の特殊な能力は、腐酒(ふき)とよばれる蟲の一種で、生命の源とよばれる光酒(こうき)のなれの果てだという。
元々、腐酒(ふき)には毒があり、人間が食べられるものではない。
だが、ごくたまに毒に耐性がある人がおり、その血筋は受け継がれていき、耐性のない血筋は長くは生きられない。

その少年、弟、卯介(うすけ)は、耐性がないらしく、血を吐く病気で、兄、辰は、耐性があり、その証として、手のひらに目玉がある。

腐酒(ふき)の対処法は、光酒(こうき)で、飲めば、腐酒(ふき)はなくなるということで、兄、辰は、ほっとする
ギンコは、飲むべきなのは、弟、卯介(うすけ)だけではなく、兄、辰もだという。

兄、辰が腐酒(ふき)をもっているということは、兄弟の父親もそうだったはず、その父親の最期を見ているか?
ギンコはそう聞いた。

そうすると、息をのんだ顔をする兄弟がいた。
その兄弟の顔を見て、ギンコは
「わかっているのなら、話が早い。今の手持ち(光酒(こうき))がないもんでね。また光酒(こうき)を持って、ここにくる」

ギンコは旅立った。

少し経ち、ギンコは戻ってくると、弟、卯介(うすけ)だけが家にいた。
兄、辰は狩りに行っているという。こんな夜更けにとギンコは思うが、弟、卯介(うすけ)は訴えた。
「辰兄(たつにい)に光酒(こうき)をあげて!」

ギンコと弟、卯介(うすけ)は、兄、辰を探しに 家を出た。

ようやく兄、辰を見つけ、ギンコは光酒(こうき)を飲むように告げたが、辰は、先に弟、卯介(うすけ)に飲ませてやってくれと拒否する。
ギンコと弟、卯介(うすけ)は、兄、辰を説得するが、するりといなくなってしまった。

その探している途中、弟、卯介(うすけ)は父親の最期を話し始めるのだった。

父親は、兄、辰と同じように、狩りをしていたが、いつの間にか、生きているものを狩ること自体を好きになっていったようだったという。余分な狩りをするようになり、兄弟は いずれ自分たちも狩りをされるんじゃないかとおびえて暮らしていた。

そんな時、父親がときおり、透けてみえるようになった。
そして、ある日、服を残して消えてしまったという。

そんな卯介(うすけ)の話を聞き、ギンコは、父親は決していなくなったわけでないと言った。
人として、実体を亡くし、蟲そのものになったのだと。父親は実体のない蟲に飲まれてしまった。

そんな話をしているとき、銃声が聞こえた。
すぐ駆けつけると、猟師がいた。
くまがいたが、がげにおちてしまったという。

まさか!?と 兄、辰を急いで探すギンコと弟、卯介(うすけ)。

一方、兄、辰は、左腕を撃たれて、がけの途中にいた。
その左手から、腐酒(ふき)が流れていた。

いつも兄、辰は、夜に狩りに出ていたが、今は、腕を撃たれ、うごけなくなっている。
いつも感じなかった、闇の怖さ。

闇がこんなに恐ろしいとは……。

ギンコと弟、卯介(うすけ)が、兄、辰を見つける。
隠れていた辰は、立ち上がり、こっちだと呼ぼうとするが、上空には鳥の軍団がいた。

それを見て、ギンコは「出てくるな!!」というが。

いっせいに鳥たちが兄、辰へ向けて襲うのだった。

兄、辰は、目玉があった左手を失った。
ギンコはいう。鳥類は 兄、辰の腐酒(ふき)のにおいに気付いてはいたが、左手の目玉を恐れて、襲わなかった。
そして、左手の目玉が、血に隠れたときに襲ってきたのだと。

左手がなくても、普通に狩りをしていれば、兄弟二人で暮らしていけるだろう
ギンコは、そう言った。


人にとって、闇は誰しもおそれるものというのが、わかるような話でしたね。
蟲は、生きるために 人を支配しようとする。

腐酒(ふき)は、実体のない蟲だけど、恐ろしい蟲だなぁと思いました。

怖い話なんですけど、なんかぞくっとする怖さじゃないというか、じわっとする怖さ?
なんかわかんなくなってきた。

辰の声優さんが、蟲に飲まれている時の声が感情のないもので、怖さを感じました。
弟、卯介(うすけ)の声で、はっと普段の辰に戻るというのがね。

声優さんを載せておきますね
辰:内山昂輝
卯介:貴島康成
父:かわのをとや

第5話「鏡が淵」(かがみがふち) あらすじ
水面に写ったのは誰・・・? 第5話「鏡が淵」(かがみがふち) あらすじ公開! 蟲師 続章
感想はこちら

「そんな寂しそうな顔をするなよ……」第5話「鏡が淵」(かがみがふち) 感想 蟲師 続章 

ここまで読んでくれてありがとうございました。
このブログの情報をツイートしています


ランキングを見る方はこちらにどうぞ

にほんブログ村 アニメブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
化野役うえだゆうじさんは、一通り蟲師を見たことがない!? 蟲語第2夜 感想 蟲師 続章

今度は化野先生も登場!? 蟲語第2夜の内容判明! 6月27日放送! 蟲師 続章

農事に精を出す男は、その脈動と共に何かを刻み続ける あらすじ公開!第9話「潮わく谷」(うしおわくたに) 蟲師 続章

その能力をどう使うかはお前しだいだ 第9話「風巻立つ」(しまきたつ) 感想 蟲師 続章

日蝕む翳以来の化野(あだしの)登場!?場面カット公開! 第8話「風巻立つ(しまきたつ)」 蟲師 続章

5月30日放送は、「蟲語」の再放送です! ご注意を! 蟲師 続章

意のままに”蟲”を操り風を呼ぶ危うき少年は、己が為に往く。第8話「風巻立つ」(しまきたつ) あらすじ公開! 蟲師 続章

あんたは不幸な巡り合わせが起きただけだ。第7話「日照る雨(ひてるあめ)」 感想 蟲師 続章

蒼天から注ぐ雫が呼び起こす女の過去 場面カット公開!第7話「日照る雨」 蟲師 続章

佐保の声優の秘密 蟲語【むしがたり】 感想 蟲師 続章

その女は、雨を告げながら旅をする 第7話「日照る雨」(ひてるあめ) あらすじ公開 蟲師 続章

製作秘話が聞ける!? 特別番組「蟲語」(むしがたり) 蟲師 続章

女を愛でるために、一族は禁忌を犯す 第6話「花惑い(はなまどい)」 感想 蟲師 続章 

咲き誇るは誰が為に…? 第6話「花惑い」(はなまどい) 場面カット公開! 蟲師 続章

それを欲して止まぬ者はいつしか禁忌に歩み寄る。 第6話「花惑い(はなまどい)」 あらすじ公開! 蟲師 続章

オトナアニメディアHYPERにて蟲師特集! 本日発売 蟲師続章

蟲師のBlu-ray&DVDが7月より発売決定!  蟲師 続章

蟲師のBGMを収録したCD「蟲音 続」 発売決定!! 蟲師 続章

ヒトと蟲の境にある脆弱なモノ? 第4話「夜を撫でる手」(よるをなでるて) あらすじ公開! 蟲師 続章

湖の中に雪が舞っていたんだ。 第3話「雪の下」 蟲師 続章 感想

男の頭上には常に雪が舞っていた  蟲師 第3話「雪ノ下」(ゆきのした) あらすじ

凶兆を知らせる蟲 蟲師第2話「囀る貝」(さえずるかい) 感想

光酒に似た酒をつくった男 蟲師 続章 第1話「野末の宴(のずえのうたげ)」 感想

生命の源ような人に見えない蟲 『蟲師 続章』ネット配信スケジュール公開!

第1〜12話の題名公開! 蟲師 続章

人でもない、動物でもない、虫と一線を引いた蟲と人との関わりのお話  蟲師 特別編「日融む翳」発売記念キャンペーン決定