此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

「その攻撃まで繋げなきゃ意味ないんだよ?」第7話「VS”大王様”」 感想 ハイキュー!!

スポンサーリンク

こんにちは 此花(このはな)です

今回はハイキュー!!第6話「VS”大王様”」の感想を書きたいと思います。

第7話「VS”大王様”」あらすじ
本調子を取り戻した日向と影山のコンビネーションで、セットを取り返し、
勝利へあと一歩まで青城を追い詰めた烏野。
しかしその時、故障明けの青城の主将・及川がコートに訪れる。

超攻撃的セッターの及川が繰り出す、強烈なサーブに烏野はー

公式サイトはこちら
http://www.j-haikyu.com/anime/story.html

さて、第6話は及川さんが出たところで終わったんでしたね。
第7話は、青葉城西の試合と烏野の守護神の二つのお話でした!

ではさっそく感想に移りましょう!
アニメ7話 及川さん1
及川さんは足をねんざしてて、試合に出てなかったのか。
なるほどね。及川さんが試合する条件(影山をセッターとして出すこと)を言ったってことか。
アニメ7話 田中先輩の面白い顔1
この田中先輩の顔(笑) この優男は誰だってか。
青城の主将。及川さんって主将だったの!

影山くんの話によると、超攻撃的セッターで、攻撃は、チームの中でトップクラス。
日向が「影山がここまでいう選手」って驚いてたなぁ。
影山くんが警戒する相手ってことだもんね、それ。

「あと、すごく性格が悪い」
結構性格が悪い影山が言うか、とは思ったけど。
日向が「お前が言うほどに!?」っていう反応が面白かった。
アニメ7話 月島くん1

「月島以上かも」って、誰が言ったの?よくわからなかった。
「それはひどいな」という日向。
日向にとっての月島くんは、性格が悪い印象なんだ、と思いました。

及川さんは、影山がいた北川第一の先輩だそう。
「王様の先輩だから大王様?」と心の中で思う日向。
どうしてそうなるんだ!日向ってば
アニメ7話 及川さん2
「やっほ〜とびおちゃん、久しぶり」
手を振る及川さん。こんなキャラなんだ。この人・・・。

OPが終わって、
「久しぶり とびおちゃん おがったねぇ。元気で王様やってる?」
と及川さんが言ってるのを無視して、影山君が
「おれ、サーブもブロックはあの人を見て覚えました。実力は相当です」

「殺人サーブの師匠!?」
日向(笑) 師匠といえば、師匠だけど、ちょっと違うような・・・。
「けど、今は試合に集中しろ! 最終セット絶対にとるぞ!」

影山くんは冷静だね。でも、田中先輩が……。
アニメ7話 田中先輩の面白い顔2
冷静になれてない(笑)
「田中さん、威嚇やめて!!」
影山くんに止められてるし

及川さんは、今は出ないんだ。
アップしてから、試合に出るのか。
最終セット中盤
アニメ7話 得点表1
まだ及川さんは出ない。
女の子の声に田中先輩が、怒ってらっしゃる。
アニメ7話 田中先輩の面白い顔3
その気持ちをアタックにぶつけてる……。
まぁ、それでいいんだろうけど。
アニメ7話 得点表2
後一点で、4強に勝てると烏野のみんながそう思うが、
及川さんがアップを終え、現れる。
アニメ7話 アップし終わった及川さん
アップはばっちり!という及川さん。
セッター交代ではなく、ピンチサーバーで交代?

ピンチサーバーって、サーブをする人ってことか。
つまり、及川さんのサーブが来る。
アニメ7話 サーブの及川さん
「いくら攻撃力が高くてもさ、その攻撃まで繋げなきゃ意味ないんだよ?」

アニメ7話 サーブシーンの及川
作画がすごい!なんだこの描写。
影山くんのサーブの描写と一緒だ。
頑張ってるな作画班、気合入ってるもん。
アニメ7話 月島のレシーブ
狙いは月島くんか。
「6番の君と5番の君 レシーブ 苦手でしょう? 一年生なのかな」
日向のほかに、月島くんもか。うわぁ、これはまずい気がする。

2回目も月島くんはレシーブができなくて、
アニメ7話 山口君
山口くん、心配しすぎだよ。
月島がレシーブを外すたびに「ツッキー」って叫んでた。
アニメ7話 月島 1
「くそっ!」
悔しそうな月島。

菅原さんの及川さんに対する解説
「影山の……いや、それ以上の威力に加えて、ほぼ宣言通りのコースに打つコントロール。これが、青城の主将」
そうすると、かなりまずい気が……。

月島ばっか狙う及川さんに日向が
アニメ7話 日向 俺も狙え!
「おい! 大王様! 俺も狙え! 打ってやるから!」
日向(笑) 気持ちは分かるけど、無理でしょ!

澤村さんが全体的に後ろに下がれ!月島はサイドラインに寄れ!と。
アニメ7話 及川さんの解説
澤村さんの守備範囲を多くとって、及川さんのサーブに備えるのか。
なるほど、澤村さんが一番レシーブがうまいし。
しかし、及川さんは、あんな端にいる月島くんをピンポイントで狙う!

すごいコントロールだなぁ、及川さん。
でも、コントロール重視したせいで、威力が下がってる。
そのおかげで、月島くんのレシーブで上がった!
アニメ7話 上がったボール
しかし、上がったボールは、相手側にいってしまい、相手のチャンスボールに!
及川さんがトスを上げて、金田一さんが打つ!

アニメ7話 日向がアタックに追いついた
でも、あのアタックに日向が追い付いた!
ボールに手が触れたおかげで、トスが上がった!

そのことで金田一さんが
「今度、俺が叩き落としてやるよ!」
アニメ7話 一瞬で反対側へ走り出す日向
しかし、日向は向きを変えて、反対側へと走り出す!
「(一歩、一瞬、ほんの少しでも遅れれば、もうこいつには追いつけない。
追い付けるのは、ボールだけだ!)」

アニメ7話 アタックをする日向
アニメ7話 アタックが決まった瞬間
及川さんの横にすり抜け、日向のアタックが決まった!
いつ見ても、日向の運動能力がすごい。早いな。
アニメ7話 得点表4
この一点で、烏野の勝利!
この影山と日向のコンビのアタックを見た後の及川さんの顔が……・。
アニメ7話 嬉しそうな顔 及川さん
すごくうれしそうなんだけど!どんな気持ちでこんな顔をするんだろう?
後輩が成長したって喜んでるの?それとも、公式戦で対戦するのが楽しみになったとか?
アニメ7話 武田さんのターン
そして、武田さんのターン。初めて影山と日向のアタックを見た武田さん。
この後のセリフが長かったので、中略させていただきながらのセリフとなります。

「えっと、僕はまだバレーボールに関して素人だけど、何か…何かすごいことが起こってるんだっていうことは分かったよ。」

「新年度になって、すごい一年生が入ってきて、初めは一筋縄ではいかなくて、だけど、今日は分かった気がする。バラバラだったが、なんということもない。一人と一人が出会うことで化学変化を起こす」

中略
「そんな出会いがここで烏野であったんだと思った。根拠なんかないけど、信じないよりはずっといい。きっとこれから、君らは強く…・・強くなるんだ!」
アニメ7話 武田 はっと気づく
武田さんのポエムっぽいせりふにみんなが?マークをおこしてた。
「ごめん。ちょっとポエミーだった!?」
言い終わった後に、はっと気づく武田さんに笑った。
アニメ7話 影山と金田一さん
場面が変わり、影山と金田一さん。
影山が「おっ」っと言いかけた瞬間。
「謝ったりすんなよ!」
アニメ7話 影山と金田一さん2
「俺もあやまんねぇ!」
と金田一さん。影山はそれに対して「おう」と応じる。

「お前は俺の中ではこれからも横暴な王様で、むかつくやつで、最高にぶっ倒したい相手だ」
「おう」
「だから、謝んな!」

「おう」
「仲直りなんてしねぇ! 元々仲良くねぇしな!」
「おう」

「それで、次は絶対に俺たちが勝つ!」
このシーン、結構好きだな。お前は謝らなくていいから、俺も謝らない、だもんね。
2人なりのけじめなんだよね、たぶん。

影山くんが答えようとして
「次も・・・」
言いかけた瞬間
アニメ7話 日向 べんじょ〜
日向の「べんじょ〜」という声が(笑)
全然気づいてないし。一気にギャグになった
アニメ7話 日向 あわてて隠れる
あわてて隠れるけど、日向、もう遅いよ!
ばれてるからね。

「金田一、次戦う時も 勝つのは俺たちだ!!」
アニメ7話 驚いた金田一さん
その言葉に驚いた顔をする金田一さん。
影山はそのまま行ってしまい、日向と口論してた(笑)

そんな所へ国見さんが登場し、どうかしたのか?と金田一に聞く
「あいつ……俺たちって言ったよ。いつも俺が、俺が、一人で戦ってるみたいな言い方したくせに」
アニメ7話 金田一さん1
「くそっ……なんか悔しいな」
なんだかんだで、影山くんのこと認めてるんだね。金田一さんって。
結構いい人なのかも。

場面が変わり、校門から出る途中
なんとかギリギリで勝ったけど、澤村さんが今のチームに決定的に足りないものがあるという。
アニメ7話 また及川さん登場
そんな時に、及川さんが登場。
及川さんも、決定的に足りないものが分かっているらしい。
アニメ7話 及川さんと日向と田中先輩
及川さんに、威嚇する田中先輩と日向。
なんで威嚇するの?二人とも(笑)

「最後のワンタッチとブロード すごかったね」
日向に言った。それ聞いて照れる日向。
あの攻撃は、なかなか止められない攻撃だよね。

「君らの攻撃は確かにすごかったけど、レシーブがぐずぐずじゃ、すぐに限界がくるんじゃない?強烈なサーブを打ってくるやつは俺だけじゃないしね」
うわぁ、明確な指摘。そうだよねぇ。及川さんの言うとおりだ。
アニメ7話 及川さん3
「くそ可愛い後輩を公式戦で同じセッターとして、正々堂々 叩き潰したいんだけなんだから!」
やっぱり、なんかイメージと違う及川さん。
何それって思っちゃった。

大会まで時間がない。レシーブの上達は、時間がかかるってことかな?
よくわからないです。バレーの知識とか学校の授業でやったくらいだし。

「確かにインターハイ予選まで時間がない。けど、そろそろ戻ってくる頃なんだ!」
「何がですか?」
アニメ7話 守護神!
「烏野の守護神」

お!来た。名前を知らないけど、リベロってことかな?

アイキャッチに笑った。
場面が変わり、青葉城西

及川さんによる影山くんの分析。
「空回ってた天才が才能の行き場を見つけちゃったんだから、もう凡人には敵わないんじゃない?」
県内だと、トス回しは影山が1番なんだ。へぇ

それ以外だったら、俺は負けない!
と及川さん
すると、副主将の岩泉さんが

「トスも負けないって言えよ!」
事実なんだから、仕方ないじゃん!って、結構面白いコンビだね。この二人。

途中まで、真剣だったのに、なんか次のセリフで笑った。
「レシーブでめちゃくちゃ乱して、まともにトス回しする機会を与えずに、一人だけうまくたって勝てないんだよ!どんまいって言いたい!」
え? なんだこの人。こういう人なんだ

「だって、天才とかむかつくじゃん?」
そんな言葉に岩泉さんは
「女にキャーキャー言われている方がむかつく」

(笑)確かに、岩泉さんの言うとおりだ。なんだか、微笑ましいチームだな、青葉城西高校排球部。

場面が変わって、烏野。
日向は、昨日眠れなかったから、寝不足気味状態なのか。
烏野の今後の課題は、レシーブ。

澤村さんが試合中に指示出してるけど、やっぱり、コートの外から指示する指導者がほしい。
すると、武田さんが、そのことでお願いしている所があるらしい。

これは、坂ノ下商店?よく肉まんを買ってた所の商店?
「まだ了解を貰えてないけど」
うーん、どうなることやら。

武田さんがいつもより頼もしいって、それって、いつもは頼もしくないってことだよね。

折れたモップ。
それって、さっきの守護神の手に握られてなかったっけ?

その守護神と菅原さん、何かあったのかな?何か思いつめた顔をしてるけど。

部活帰りの帰り道。

坂ノ下商店で、中華まんを買おうするが、売り切れて、ない。文句を言う二人に、店主は怒る!

仕方ないといった様子で、お菓子をくれる。
喜ぶ三人。

三人が帰った後、電話が鳴る。
やっぱり、武田さんが頼んでたのは、この人だったのか。

影山がなんで烏野に来たのか?、普通はバレーの強豪、白鳥沢へ行くんじゃないのか?と聞くと、影山は、落ちました。と一言。

白鳥沢から、推薦がこなかったし、一般で受けたけど、試験が意味不明だったそうで。

それで、引退した烏養(うかい)監督が復帰すると聞いて、来たのだと言う。

無名だった烏野を春校の全国大会に導いた名将、かぁ。すごい人だったんだろうね。
2、3年生は、指導を一度受けたことがあるそうで、スパルタだったと、菅原さん

キラキラした顔で、こちらを見つめてくる日向と影山。
え? スパルタなのに、受けてみたいの?すごくそう思った。

「けど、別に戦う相手は同じ高校生。勝てない理由なんてない」

影山の言葉に、田中先輩と日向が負け惜しみだと、笑う。
二人とも(笑)酷いよ!
でも、4強に勝った!と影山くんは反論する

田中先輩的には、フリーで打てたのは日向のおとりのおかげだ、と。
嬉しそうにする日向だが

「まぁ、1セット目で盛大にやらかしたけどな!」
(笑)なんでそんなこと言うんだよ!

主将の澤村さんは、このチームは、今、根本的にメンバーが足りてないと言う。
影山くんがそれに気が付いていたらしく、

守備の要、リベロ、一人で三枚ブロックと勝負できるエーススパイカーがいない。

エーススパイカーの話に日向が、俺が俺が!と手を上げるけど、
「だから、お前は最強のおとりだって言ってるだろ!」
影山に怒られる。

「うちは強豪じゃないけど、特別弱くもない。今までだって優秀な人材はいたはずなのに、その力をちゃんと繋げていなかった。」

「でもまた、みんなが揃って、そこに一年生の新戦力も加わって、その戦力、ちゃんと全部繋げたら」
菅原さんのセリフから、主将の澤村さんに

「夏のインターハイ、全国がただの遠い目標じゃなく、現実に掴めるものにきっとなる」

戻ってくる守護神がなんでそうなったかと影山くんが聞くと、
「一週間の自宅謹慎と約一ヶ月の部活禁止だったんだ」

田中先輩の話に日向は、不良?と聞く。
「あれはちょっと熱すぎるだけなんだよ」
日向の言葉を否定する。というか、田中先輩が言うほど、熱いの!?

「烏野で唯一天才と呼べる奴だ。まぁ、今は、くそ生意気な影山が入ったから、唯一じゃなくなったけどな!」
へぇ、どんな人なんだろうね。

場面が変わり、影山くんのサーブ練習。
ボールのコントロールの練習かな?

あそこのペットボトルに当てるのか。
サーブを打って、当たると思った瞬間


日向がレシーブをやろうとするが、あらぬ方向へとボールを跳ぶ。
サーブの練習をしてたのに、邪魔されて、影山は怒る。

もう一回と、サーブを打つが


誰かわからない人が、影山のサーブを打った!

「(勢いも回転も全部殺して変形は、セッターのいる位置。完璧なレシーブ。)」

この人は、もしかして、あの守護神と呼ばれる人?

日向より背が小さい!?
でも、リベロなら、小さくても大丈夫だよね。

次回「エースと呼ばれる人」

来週も、楽しみです。
ここまで読んでくれてありがとうございました。
第8話の記事はこちら
あさひさんが戻んないなら、俺も戻んねぇ!第8話「エースと呼ばれる人」 感想 ハイキュー
第6話の記事はこちら
あの5番(日向)がいたからこそ、今の影山がいる。第6話「面白いチーム」 感想 ハイキュー

このブログの情報をツイートしています


ランキングを見る方はこちらにどうぞ

にほんブログ村 アニメブログへ

RSSフィードを配信しています
クリックすれば飛びます

ハイキューのイベント記事はこちら
29日限定!?「バボカ!!GW体験会」 ジャンプショップ東京&大阪開催! ハイキュー!

日向くんと影山くんが出る!? 烏野高校排球部体験入部会 スペシャルステージ ハイキュー!!

烏野高校排球部に体験入部ができる!?  ジャンプショップとコラボ!!

関連記事
音駒高校灰羽リエーフ役に石井マークさんが決定! ハイキュー!!

自分も戦えるって証明しろ! 第23話「流れを変える一本」 感想 ハイキュー!!

試合の流れを変えるため、繋心がとった行動とは…!? あらすじ&場面カット公開! 第23話「流れを変える一本」 ハイキュー!!

「見よ!古兵!烏野の復活だ!」第15話「復活」 感想 ハイキュー!!「が、頑張れ」 第14話「強敵たち」 感想 ハイキュー!!

「ボールを落としたほうが負けるんだ」第13話「好敵手(ライバル)」 感想 ハイキュー!!

インターハイ予選組み合わせ決定! あらすじ&場面カット公開!第14話「強敵たち」 ハイキュー!!

ついに音駒戦開始!!あらすじ&場面カット公開!第12話「ネコとカラスの再会」 ハイキュー!!

「それを取ることが出来るのが、俺より影山なら、迷わず影山を選ぶべきだと思います」第11話「決断」 感想 ハイキュー!!

合宿開始!!音駒も登場する!?あらすじ&先行カット公開!!第11話「決断」 ハイキュー!

俺がいればお前は最強だ!第10話「憧れ」 感想 ハイキュー!!

あさひさんは戻ってくるのか? 第9話「エースへのトス」 あらすじ公開 ハイキュー!!

烏野の守護神登場!? 第7話「エースと呼ばれる人」 あらすじ公開! ハイキュー

日向が機能しなきゃ、攻撃が総崩れになると思え! 第5話「小心者の緊張」 感想 ハイキュー!!

ついに練習試合が決着! 第5話「小心者の緊張」 あらすじ公開 ハイキュー!

ボールは俺が持っていく! 第4話「頂の景色」 感想 ハイキュー!!

音駒高校バレーボール部 黒尾・孤爪・夜久のキャストが決定! ハイキュー!

勝ちへの執着が生むその一歩! 第3話「最強の味方」 ハイキュー 感想

ついに練習試合開始!! 第4話「頂の景色」 あらすじ公開! ハイキュー

ハイキュー? いや「ハイキュウ」です!! 5月発売予定のハイチュウ!

影山のセッターに対する熱い思い!第2話「烏野高校排球部」 感想

ツッキーと山口君登場回!第3話「最強の味方」 あらすじ公開! ハイキュー!