此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

「なんでここにいるんだよ…アヤノ」 第8話「ロスタイムメモリー」 感想 メカクシティアクターズ

スポンサーリンク

こんにちは 此花(このはな)です

メカクシティアクターズ(カゲロウプロジェクト)を知らない方はこちら
目にまつわる力を持つ少年少女達が活躍するお話 メカクシティアクターズ原作 ご紹介

クールビュティーだけど、怖がりなキドさん! キャラ紹介 メカクシ団No.1

ここから消えたいと思っていた幼少期 木戸つぼみ キド編

今回はメカクシティアクターズ第8話「ロスタイムメモリー」の感想を書きたいと思います。
アニメ8話 ロスタイムメモリー
今回の話は、色々なことが分かってきた回でした
能力説明回。
では、感想に移っていきたいと思います。
アニメ8話 炎の中のキド
初っ端から、キドの過去編ですかね。
幼い頃のキド。
燃える家の中で、キドは歩く。
アニメ8話 ドアを開けるキド
ドアを開けるが、
「このドアも違う」
ここからでも出れない。

キドは崩れ落ちて泣き出す。
もうここから出れないんだと。
アニメ8話 キドの姉
「泣くな。つぼみ」
!?キドの実のお姉ちゃんだ。初めて見た、原作にも名前しか出てなかったのに
キドを励ますお姉ちゃん。
アニメ8話 指をさす姉
「あの扉を開けば、ここから出る事が出来る」
アニメ8話 ドア
お姉ちゃんが指をさしたのは、少し先の扉。
「これからはおまえ一人で生きていくんだ」
そんなお姉ちゃんの言葉に、キドは

「一人は怖いよ。一緒に……」

姉を誘おうとするが、
アニメ8話怒る姉
「甘えるな!」
姉は、キドに対して怒る。
「おまえ一人しか出られないんだ、早く行け!」

ということは、ここは「カゲロウデイズ」の中の世界か。自分の代わりにキドを出そうとしてた所だね。
たのもしいお姉ちゃんだねぇ。ずっとお姉ちゃんにくっついてたってことかな?キドは。

アニメ8話 ドアを開けるキド2
そんな姉の言葉にうながされ、扉の前に向かうキド。
一度振り返り、姉を見て、一歩扉へと踏み出す
アニメ8話 見送るキドの姉
「一人なんかじゃないさ。おまえを守ってくれる人がきっと……」
キドを見送りながら、姉はつぶやく。

なんか、切ないね。この姉がいたからこそ、キドは家族と暮らせていたのかな。
ふとそう思った。キドはお金持ちの娘だったけど、キドの立場は愛人の娘というもので、家庭内でも浮いた存在だったからね。キドにとって姉だけが支えだったのかもしれない。

OPが終わって、病院
アニメ8話 マリーとモモとキド
病院に着き、マリーはセトとシンタローの姿を見つける。
「あ! セトだ!」
「シンタローもいるけど、なんか怒ってる?」
アニメ8話 セトとシンタロー
「混乱なんかしてねぇよ! 本当に見たまんまのこと話しただけなんだって!」
セトはシンタローに対して、落ち着いてといさめる。
アニメ8話 気づくシンタロー
モモが駆け寄り、
「何があったの?」

アニメ8話 シンタローの説明
アニメ8話 シンタローの説明2
シンタローによる事故の説明。
「うちに帰る途中で、何かこう……ゲームのキャラみたいな変な格好をした奴に会ったんだ。

それで……そいつがいきなり、人探しをしてるから手伝ってくれって声をかけてきてよ
しゃあねぇから、付き合ってやったんだけど……途中からなんか…ややこしいことになって……」
アニメ8話 キドの疑問
「ややこしいこと……? 
 セトに聞いたが、そいつがここに運ばれてきたって話だろ? 事故って聞いたが……」
キドがそう聞く。
アニメ8話 シンタロー1
「や……違うんだ。事故に遭ったのは探してた男の子の方で……待てよ。そもそもあれは事故だったのか むしろ、事故の直前に消えたっつう感じなんだよ」
急に焦り出すシンタロー

「あぁ…うまいこと説明できねぇ!!そもそもありえねぇっていうのは分かってんだよな…」アニメ8話 頭いっぱいシンタロー
アニメ8話 どうしようシンタロー
「まさか……。マジで幻覚だったのか!?俺の頭がおかしくなっちまっただけだとしたら…うわぁぁ」
頭を抱えるシンタロー

そんなにシンタローに心配そうに声をかけるモモ
「一体なんだんだこいつは…」
キドは少し呆れながらそういう。キドの次回予告のセリフ、シンタローへのセリフなんだ。へぇ
アニメ8話 ヒビヤ病室
そんな時、病室からヒビヤが出てきて、ここでモモにぶつかる。
ヒビヤは「おばさん!」と怒るが、モモも同時に怒る。
2人は以前会ったことに気付いて……。

「あの時のアイドルのおばさん」
アニメ8話 ヒビヤなぐられる
と言いかけて、モモに殴られた(笑)
2人のそんな会話にシンタロー達は
アニメ8話 驚くシンタロー達
「お前達、知り合いなのか?」
とシンタローが聞く。

アニメ8話 驚くモモ
「いや……知り合いってほどでもないけど…」
確かにね。ヒビヤとは一緒に走っただけだし。知り合いって言えるのかな?
「え? 事故に遭った子って君?」

アニメ8話 不思議そうにするヒビヤ
モモが聞くと、ヒビヤは不思議そうにする。
「事故……?」
覚えてないのか……。ヒビヤはどこまで記憶しているんだろうね。
アニメ8話 セトが手を出す
ここで、セトがヒビヤに説明する。
「そうっすよ。君、事故に遭って、救急車で運ばれて来たんっス。
だから ほら、病室に戻って…」

アニメ8話 ヒビヤが手を払う
ヒビヤはセトの手をはたく。
「僕は事故に遭ってない」
え? 事故に遭った記憶ないの。
アニメ8話 シンタローの顔が変わる
ヒビヤの言葉に、シンタローの顔が変わる。

アニメ8話 ヒビヤ1
「何も知らないくせに!」
メカクシ団に言い放ち、ヒビヤは立ち上がる。
「早く行かなきゃ…。ヒヨリの所に……」

病院から出ていこうとするヒビヤ。
あわてて追いかけるメカクシ団。
アニメ8話 シンタローが手をつかむ
アニメ8話 シンタロー3
シンタローが手をつかみ、ヒビヤを止める。
「今、事故になんて遭っていないって言ったな!」
「だったら、なんだよ!」

「あの時、何があったんだ? 何であの子はいなくなった?おまえ……あの一瞬で何を見たんだ?」
シンタローが聞くと、驚いた顔をするヒビヤ。
「いなくなった……? 一瞬……」
アニメ8話 アヤノの描写
ヒビヤは、前に会ったアヤノの描写がフラッシュバックをする。
「やっぱ、あれ…夢じゃなかったんだ…」
「カゲロウデイズ」の中で、アヤノに会ったことは覚えてるんだ。ヒビヤ
アニメ8話 シンタローが驚く
「夢? それってどういう……」
シンタローが聞くが、ヒビヤは…
アニメ8話 ヒビヤ5
「それを言って、あんた信じてくれんの?」
思わず手を放すシンタロー
うーん、ヒビヤが言いたいのって、第3話「カゲロウデイズ」の冒頭に出てきたアヤノのことを言う気なのかな?

でも、それによってヒビヤが助けられたのは事実だしなぁ。
アニメ8話 シンタロー2
「あぁ、信じる。だから…」
シンタローが同意し、言いかけた次の瞬間
アニメ8話 倒れたヒビヤ
硬直して、ヒビヤは倒れてしまう。
あわてて駆け寄るセトとシンタローとキド。
セトが病室に連れてって言ったほうがいいと言うが、キドが止める。
アニメ8話 キドが驚く
「待て!…なるほど、シンタローが見たっていうのはあれのことか。
 面倒なことになった」

何かがわかったように言うキド。

モモは「私のせい…!?」と混乱する。いや、さっきモモが殴ったことじゃないと思うよ。
マリーは「お医者さん!」と言っている。
アニメ8話 赤い目のヒビヤ
「これは…」
キド達が見たのは、赤い目だった。
アニメ8話 シンタロー5
場面が変わり、アジト。
ヒビヤを連れてきたらしい。
アニメ8話 セト アジト1
「あいつの様子はどうだ?」
キドが聞く。
「大分落ち着いたみたいッスけど、まだ熱が引かないッスね。
 とりあえず今は、マリーが見ているッス」

「そうか…。それにしても、何か何まで一緒だな。まるで、昔の自分を見ているようだ」
キドが昔を思い出すように言う。
キド達と同じ、赤い目の持ち主だもんね。そりゃ助けたいと思うか。
アニメ8話 モモ アジト1
「あの子、連れてきちゃってよかったんですかね? 下手すると、これ誘拐?」
モモの言うとおりだけど、
でも、このままほっといておくわけにいかないんだよね。

アニメ8話 キドの決意
「しょうがないさ、あいつの目、お前も見ただろ? おそらく能力が発現する兆候だ。どんなきっかけで、ああなったのかのは、聞いてみないと分からんが……。

なんにせよ、下手な場所で暴発(ぼうはつ)するとやっかいだからな。一体どんな能力が出てくるか、分からん以上ほっとおくわけにはいかんだろう」

キドの言葉にモモが
「確かに、私たちみたいな能力なら、まだごまかしも聞きますけど、病院からいきなり目からビーム出したり、一気に巨大化したりしたら、一大事ですもんねぇ」
そう言う。

え!?モモちゃんはさすがにそれはないかと…。
アニメ8話 呆れるキド
「さらっと、恐ろしいことを言うな、おまえ…」
うんうん。キドの言う通りだね

「とにかく、こんなタイミングで俺たちが出くわしたのも何か縁だろう。家に帰す前に説明くらいしてやるつもりだ。」
「またお化けのふりするんですか?」
モモちゃん! それは言っちゃダメな気が……。
アニメ8話 頭を抱えるキド
「あ…ああ、あれはもうやらん!」
キドにとっては「お化け」という言葉は禁句だよ?キドの気持ちも分かるけど
アニメ8話 シンタロー アジト1
シンタローがため息を吐く。
「マジなんだってんだよ。結局、うちには帰れねぇし。また訳分かんないことに巻き込まれるし…。
 本当……外出すると、ろくな事がねぇ」

シンタローくん(笑) 巻き込まれてばっかいるよね、確かに
「何さ! こっそり抜け出して帰ろうとしてたくせに!
 っていうか……ここにまた戻ってきたのはお兄ちゃんの勝手でしょ!」

確かにその通りだけど。
アニメ8話 シンタロー アジト2
「あいつの話、聞いてやるって言っちまったんだ。勝手に帰るわけにはいかねぇよ!それに、このままじゃどうにも腑に落ちねぇ」
コノハに付き合ったり、話を聞くって約束したら、家に帰らないと、シンタローくんって結構約束を守る子だよね。

「へぇ、なんか意外」
「何がだよ。」
「いやぁ、お兄ちゃんってこう…誰かのために…とか、そういうイメージ全然なかったから。うん意外!」

それちょっと、酷くない?モモちゃん。シンタローくんも変わったかもしれないよ?
 まぁ、アヤノのことで変わったのかもしれないけど。
アニメ8話 キド アジト1
「とりあえず、あいつが目を覚ますまで、様子を見よう。なぁに飯くらいは出すさ!」
「いいんですか!」
キドの料理姿見れるかな?わくわくする

「こないだの特売日に食材買い込んでいてよかったッスねぇ。
 この人数じゃ……すぐ無くなっちゃいそうッスけど」
アニメ8話 キド アジト2
「また買ってくればいいさ! 大人数での飯はいいもんだからさ! うん!」
「めちゃくちゃうれしそうっス」
うん、セトの言うとおりだ。キドがうれしそうな顔してる。

「うるさい!」
アニメ8話 キドとモモ アジト
「それにしても、カノのやつ何やってるんだ? やけに遅いが…」
やっぱり、帰って来てないのか。カノは
「追いかけるって言ったきり、結局合流しませんでしたね。片づけに手間取っているんでしょうか?」

そんな気がしてたんだよな。原作でも、ヒビヤと出会うときはカノはいないからね。
「あの程度の片づけでか? こんなに時間かかるなんてないだろう。マリーじゃあるまいし…」
アニメ8話 マリー1
マリーの部屋で、マリーがくしゃみをする。
「風邪かな?」
マリーもおっとりさんだから、連絡しないんだろうね。
アニメ8話 カノに電話
カノに電話をするが、出ない
「ダメです。なんか電源切っちゃっているみたいですねぇ」

「うーん、そのうち戻ってくるか。まぁ、うちの連中に連絡がつかんのはいつものことだしな」
アニメ8話 セト1
ぴくりとセトが反応したぞ(笑)
セトは放浪癖があるんだよね、あはは。
アニメ8話 キドの追求
「なんだ? 思い当たる節でもあるのか? 
 そういえば…山だの、海だの、電波が届かん所ばかり行ってるやつもいたなぁ」

キドさん(笑) 責めてるんですか? 気持ちは分からんまでもないが……。
アニメ8話 セト2
またセトの描写(笑)
 罪悪感はあるんだ、セトは。
アニメ8話 キドの追求2
「そうだ…。そいつは先週の風呂掃除、すっぽかしたんだったか?
 おれは代わりに掃除をするはめになった

アニメ8話 セト3
アニメ8話 キドのにやり
んだよな?」
なんで嬉しそうに言うの?キドは(笑)
ここのシーン笑える。ほほえましい

「あ、いやぁ。やっぱり、ちょっと心配ッスね。ちょっとそこらへん探してくるッス!!」
セトが逃げた(笑)
待てよ、これで、セトがカノを向かいに行くのかって、納得してました。今後の展開として。

「いつものことだ。ほっとけ」
「2人だけ騒がしいと、あんたも大変だな」
シンタローがキドがそう言う。
アニメ8話 キド3
「慣れだ慣れ。しかし、態度には出さんが、あいつも心配性だからな。
 遅かれ早かれ、様子を見に行くつもりだったんだろう。」
そんなキドの言葉にモモが

「あ、いやぁ、みなさん本当に仲良いなぁと思って……」
こんなやり取りを見てると、そう思うよね。モモちゃん。

「そうか? まぁ、俺とカノとセトは、同じ孤児院の出身で付き合いも長いしな。前にも言ったが、腐れ縁ってやつさ」
「孤児院? あれ、初代団長さんは?」
不思議そうにするモモ

「孤児院から俺たち三人を引き取ってくれた人がいてな。姉さんはその家の子供だったんだ。まぁ…引き取ってもらったといっても、半分やっかいばらいみたいなものだったが」
アニメ8話 シンタローの疑問
「やっかいばらいって、その目のことでなんかあったのか?」
シンタローがキドがそう聞くが、キドは不思議そうな顔をして
アニメ8話 キド7
「あ、いや、あっ、わりぃ。変に勘ぐちまった」
あわててシンタローがフォローするが、全然気にしない様子のキド。

「いや、どのみち今日は、この能力の話をしようと思ってた所だ。気にするな」
やっぱり、このアニメの軸って、原作小説の方なんだね。

「そ、それって、この目の話ですか?」
嬉しそうに言うモモ
「あぁ。おまえたちにも一度知っていることを話しておこうと思う」

「いよいよ、普通に戻れる時が……」

「まぁ、能力を消す方法が分かってないがな。だいたいそんなものを分かっていれば、俺もとっくに普通に戻っているさ」
確かに、キドの言うとおりだよね。キドだって、能力を好いてはいないんだから

「そうですよねぇ」
がっかりするモモ。とりあえず、対処方法が分かっただけでも、モモにとって大きいでしょうけどね。

「つっても、何か手がかりはあるんだろう?」
シンタローがキドにそう聞く
「一応な。これからお前たちに話すのは、この能力にまつわる奇妙な現象の話だ。

シンタローの話を聞くに……おそらく、今回の件もそれが関係してると見て、間違いないだろう」

「それって……俺が見たでけえ裂け目みたいなやつのことか?あいつらを飲み込んでいった……あの…」

「あぁ。俺たちも小さい頃、そいつに出くわしたことがあるんだ。」
キドは語り始めた。

「カノは母親と強盗に襲われた時」
カノは虐待をしていた母親を強盗がナイフで刺し、それに激昂したカノも刺された。

「セトは大事にしていた犬と川で溺れた時」
セトは、元々物心をついた時にはもう孤児院にいた。臆病で泣き虫な性格で、孤児院内でいじめられており、犬(花子)しか友達がいなかった。

「俺は、実の姉と、過ごした家が火事になった時にな」
キドは、冒頭でも言ったが、愛人の子供で、家庭内で浮いていた存在だった。父親が会社の経営に悪くなったことで、何を思ったのか、家に火をつけた。

「なぁ、キサラギ。おまえ、どこかで死にかけたことはないか?」
キドの言った言葉にモモが答える

「あります。海で溺れたこと。その時、お父さんが……」
モモの場合は、会話文のそのままの意味で、海で溺れた

「モモ。無理して思い出すな」
お兄ちゃんらしいところが、ここで見えたね。まぁ、自分のせいだって思ってる部分もあるし、シンタローが心配するのも分かる。

「うん、ごめんね。ありがとう」

「やはりそうだったか。とすると、能力が現れたのは、それからだろう」
キドが納得した顔でうなづく。
「確かにそうだったのかもしれません」

モモの過去編をやったから、よく分かるよね。あきらかに異常な集客力だったもん。

「何かの理由で死にかけたやつがその瞬間に飲み込まれる。そして、戻ってきたやつが能力者になるってことか。」

シンタローの説明で分かりやすくなった。簡潔に言えば、そういうことだもん

「俺たちは全員、飲み込まれた直後から、能力を使えるようになったんだ。何かに取り憑かれたみたいにな。おそらく、キサラギも溺れた時 あれの中に入ったんだろう」

「なるほどな。もうひとつ聞いてもいいか?」

「あぁ、なんだ?」
「戻ってこなかったやつはどうなる?」

「誰が決めたルールかは知らんが、あの空間が同時に何人かを飲み込む。出て来られた方がいいが、知っているかぎり、残りのやつがこちらに出てきたことはない」

「じゃあ……お父さんは?」
モモが聞く

「たぶん……こいつが妙な空間に飲み込まれたんだ。それで、おまえだけが出てきたってことらしい。あんま信じられないような話だけどな」
シンタローがモモに向けて解説する

「信じられない話か。確かにそうかもしれんが、おまえの周りには妹以外にもいるじゃないか?」
エネのことか、それ。

「モモ以外にもう一人いる?」
「まさか、エネもか!?」
驚くシンタロー。

気づいて無かったのは、分かってたけど。エネちゃんは、一切過去のことを話してないからね。気づく訳もなく

「今日、直接聞いたんだが、あいつも昔、病気で意識をなくしているらしい。その後から、あの姿になったっていう話だ」

「あいつ……人間だったのか!? てっきり、たちの悪いウィルスかなんかだと思ってた!」
すごいイメージだな、エネのイメージ。

「それ聞いたら、エネちゃん怒るよ?」
怒るっていうより、受け入れちゃいそうだけどな……エネちゃん。

「いっ!!そういや、あいつ戻ってきてんじゃねぇか!? やべぇ、怒らせると、面倒くせぇことに!? 」

エネはいない。
「あれ? いねぇのか?


(よし!!)」
ガッツポーズしたぞ、シンタロー(笑)色んな意味で、どうかと……

「電源切れちゃったんじゃない?ありゃ、私の方にもいない」
エネもいないとなると、やっぱり、小説5巻の話やるのかな?分からないけど

「はぁ、ビビった。あいつがいると、ロクなことがねぇからなぁ。ウィルスじゃねぇにしても疫病神かなんかだ」
シンタロー(笑)

「またそうやって、エネちゃんのこと 悪く言って…一応あれ、なんだよ?エネちゃんはお兄ちゃんの……」
いう気か!エネは言うなって言ってたのに…

一瞬、エネの映像が!
「俺のなんだよ?」
「へ? あ……いや…」
モモは、言えなかったか。さすがに

「まぁ、あれだ。エネが戻ってきてから、本人に聞けばいい」
うんうん。本人から聞いた方がそっちがいいしね。

「うーん。それもそうだな。エネのやつがほいほい自分のこと、喋ると思えねぇが……」
うーん、覚悟を決めたなら、話してくれるんじゃないかな?エネは。

「そうだよ。それより今はヒビヤくんの……」
エネの話題より、まずヒビヤのことだよね。

「あいつにこのことは、話すな。今のところ……一緒に飲み込まれたやつを連れ戻す術はない。今は話したところで、余計に混乱させるだけだろう」

「戻ってこれないんですか? 私たち以外飲み込まれた人って」
モモがそう聞く
「今の所はな。俺たちもまだ諦めたわけじゃない。今後もその方法を探り続けるつもりだ」

キドの言葉にシンタローが声をかける
「モモに声をかけたのも、協力し合おう ってことなんだろう?」
「あぁ。少しでも多くの情報の協力者が必要だからな。何にせよ、あいつが目を覚まし……」

「なんだよ、それ」
聞いてたのか、ヒビヤ。
「お、おまえ、いつからそこに!」

「待ってられるわけないだろ!今だって、あんな訳の分からない所に……ヒヨリは一人で……」


「行かなくちゃ!!」
ヒビヤはアジトの外へと走り出してしまう。


あわててキドとモモが追いかける!だか、シンタローは立ち止まったまま…。


「お兄ちゃんはマリーちゃんと待ってて!!」
「ちょっとおい!」
キドとモモは行ってしまいます。

「ったく、どんだけ騒がしい一日なんだよ」
本当にね。一日の内容が濃いもん。
2年間引きこもりってたんだから、当たり前か

携帯を見るが、エネはいない。
「いねぇのかよ。おい!」

シンタローは立ち上がり、
「マリーの様子でも見てみるか」

部屋を出て、廊下に出るシンタロー。
なんかアジトって感じの廊下だね。
「何の秘宝館だよ。こりゃ」

シンタローの気持ち、分かる。普通の家じゃないよね、これ。

「おい!マリー? 入るぞ。き、着替えたとかして
ねぇよなぁ。あ、開けるぞ!」


「寝てたのかよ」
少しほっとして、息を吐く。


よく眠ってるマリーに、ふっとシンタローは笑う。
この感じなんかいいなって思った。

周りを見回して、シンタローは写真がたててあることに気づく。
「あいつらの写真……?」

「え?なんだよ、これ……。」
お?例の家族写真かな。


急にシンタローの目が赤くなった!やっぱり、能力は「記憶」関係?確証がないから、まだ分からないんだけど

「なんでここにいるんだよ!!アヤノ」
シンタローが現代で、アヤノの名前を言ったのって、初めて見た。

アヤノを見たとたん、赤くなったってことは、過去のことを思い出そうしたってことかな。

ロスタイムメモリーが始まった!?おぉ?すごい、動画のようだ。(動画だけど)歌っている人は、挿入歌「ロスタイムメモリー」を歌唱してくださったのは松山晃太(BYEE the ROUND)さんだそうです。

このEDで気になる点は、やっぱりマリーとシンタローのシーンですかね。ここのシンタローくん、マフラー着用してました。

ということは、カゲロウデイズから戻ってきた直後だってことですよね?しかも、マリーちゃんは、「めを合体させる蛇」を使っている状態。

ループする直前なのかも?
今のアニメのシンタローは、全て経験してるってことなんですか!それを思い出すのが「ロスタイムメモリー」てこと?

うーん、分からんなぁ。

アザミの話は永遠に終わらない世界「カゲロウデイズ」をつくって、そのことを家族に伝えた、までいったけど。

でも伝えたんだ。造った世界のこと。原作だとそんなシーンないのにね。
第9話「アヤノの幸福理論」

書き下ろし
エネ(貴音)「はぁ? そんなことしてたんですか!? うへぇ…なんかきもい」
ケンジロウ「ははは、こいつもメガネにしてやる!」

??「ちょちょ、待ってよ!みんなそれやっちゃうの!? 名前ださっ!」

アヤノの家の話、来たー!最後のセリフは、小さい頃のカノかな?うーん、でもアヤカさんって可能性もあるなぁ。区別つかない。

エンドカード2枚目

ここまで読んでくれてありがとうごさいました。
このブログの情報をツイートしています


RSSフィードを配信しています
クリックすれば飛びます

ランキングを見る方はこちらにどうぞ

にほんブログ村 アニメブログへ

第9話の記事はこちら
蛇を召喚するための生贄とは何か? 第9話「アヤノの幸福理論」 考察 メカクシティアクターズ

せめてあの子達の前では笑顔でいよう。第9話「アヤノの幸福理論」 感想 メカクシティアクターズ

カノの照れ顔が超可愛い! あらすじ&先行場面カット公開!第9話「アヤノの幸福理論」 メカクシティアクターズ

第9話「アヤノの幸福理論」を予想しよう! メカクシティアクターズ

第8話の記事はこちら
あれはアニメの続きなのか? 第8話「ロスタイムメモリー」特別ED 考察 メカクシティアクターズ

第8話「ロスタイムメモリー」を予想してみよう! メカクシティアクターズ

アニメから入った方はこちら メカクシ団員の能力紹介をしている記事でもあります
キャラ紹介ようなものです。能力を紹介している所はネタバレ注意と書いてあります
見たい方はどうぞ
クールビュティーだけど、怖がりなキドさん! キャラ紹介 メカクシ団No.1

爽やか青少年、でも、昔は臆病で泣き虫 セト メカクシ団NO.2

いつも笑顔を絶やさないが、ここぞ時に頼られるカノ メカクシ団NO.3

常識を知らない天然さん マリー メカクシ団NO.4

今や人気アイドル! しかし、服や食べ物のセンスはいまいち? メカクシ団 №5 モモ

謎の電子ソフトエネちゃん! その正体は? メカクシ団No.6 エネ

引きこもりなのにIQ168!? へタレなシンタローくん メカクシ団No.7 シンタロー

モモに対して生意気な小学生、でも、ヒヨリに一途な思いを抱くヒビヤ メカクシ団NO.8

驚異的な身体能力をもつコノハ その正体は? メカクシ団NO.9

天真爛漫な女の子 メカクシ団創設者 アヤノ メカクシ団NO.0

学校のマドンナ、だが、その性格はわがままで!? ヒヨリ

一番重要な人物!? モモの担任のケンジロウ キャラ紹介

目の能力の元の持ち主 アザミ(薊) 能力移譲の秘密

すべての元凶!? 目的が分からないクロハ(黒コノハ)

こちらは、能力が付いた原因と過去編を主に書いています。
ここから消えたいと思っていた幼少期 木戸つぼみ キド編

子犬だけが友達だった幼少期 瀬戸幸助 セト編

母親から受けた暴力を周囲に必死に隠そうとしていた幼少期 鹿野修哉 カノ編

兄に劣等感を感じていた幼少期 如月桃 モモ編

アニメの記事はこちら
目を眩むような夏の日を私はきっと明日も忘れない。第12話「サマータイムレコード」 感想 メカクシティアクターズ

「蛇」が語るこの世界の仕組みとは!? あらすじ&場面カット公開!第12話「サマータイムレコード」 メカクシティアクターズ

第12話「サマータイムレコード」を予想してみよう! メカクシティアクターズ

シンタローの能力「目に焼き付ける蛇」について 考察 メカクシティアクターズ

カノの本音が見れる!? モモとヒビヤの話もあるよ! あらすじ&場面カット公開! 第11話「オツキミリサイタル」 メカクシティアクターズ

第11話「オツキミリサイタル」を予想してみよう! メカクシティアクターズ

セトとマリーの出会いのお話来た! あらすじ&場面カット公開!!第10話「空想フォレスト」メカクシティアクターズ

第10話「空想フォレスト」を予想してみよう! メカクシティアクターズ

カノはなぜエネに身体の場所へと案内したのか? 考察 メカクシティアクターズ

第11話が「オツキミリサイタル」!第12話が「チルドレンレコード&サマータイムレコード」! DVD&ブルーレイ発売決定! メカクティアクターズ</a>" target="_blank" title="第11話が「オツキミリサイタル」!第12話が「チルドレンレコード&サマータイムレコード」! DVD&ブルーレイ発売決定! メカクティアクターズ">第11話が「オツキミリサイタル」!第12話が「チルドレンレコード&サマータイムレコード」! DVD&ブルーレイ発売決定! メカクティアクターズ

コノハ(遙)が記憶喪失だった理由 第7話を見て分かったこと メカクシティアクターズ

カノがエネを責めた理由 第7話「コノハの世界事情」 考察 メカクシティアクターズ

「会いたいよ……たかね」第7話「コノハの世界事情」 感想 メカクシティアクターズ

第7話「コノハの世界事情」を予想してみよう! メカクシティアクターズ

ようやくエネになった秘密が明かされる! 場面カット&あらすじ公開! 第7話「コノハの世界事情」 メカクシティアクターズ 

やはりアヤノが自殺した日は遙(はるか)が発作を起こした日 アニメ6話を見て分かったこと メカクシティアクターズ

え?カノがつぼみって呼んだ! 第6話「ヘッドフォンアクター」感想 メカクシティアクターズ

文化祭の話が来た!? 場面カット公開! 第6話「ヘッドフォンアクター」 メカクシティアクターズ

第6話「ヘッドフォンアクター」の内容を予想しよう! メカクシティアクターズ

もしかしてシンタローの能力って? アニメ5話冒頭シーン 書きおこし 考察 メカクシティアクターズ

まさかの第8話が「ロスタイムメモリー」!? DVD&ブルーレイ情報公開! メカクシティアクターズ

「気づけるのは、君だけだ」第5話「カイエンパンザマスト」感想 メカクシティアクターズ

赤い目の猫はカノなのか? 検証してみた 第4話「カゲロウデイズ」 考察 メカクシティアクターズ

「もう一度 思い出してみようか?」ループの始まり? 第1話 人造エネミー 感想&考察含む

「私はもう普通の人になりたい」第2話「如月アテンション」 感想 メカクシティアクターズ

ようこそ、メカクシ団へ 第3話「メカクシコード」 画像付き感想 (ネタバレ注意) メカクシティアクターズ

セトはなぜ テレビのロックを外すことができたのか? 第3話「メカクシコード」 考察

まさにカゲロウデイズの曲通り! 第4話「カゲロウデイズ」 感想

第5話「カイエンパンザマスト」の予想をしてみよう! 先行場面カットとあらすじ公開 メカクシティアクターズ

小説の関連記事
遥は貴音のことが好きなのか? アニメ放送前に検証してみた 考察 カゲロウデイズ小説5巻まで 

新しいキャラクターが主人公!? カゲロウデイズ小説6巻 主人公を予想してみよう! (ネタバレ注意)

  夜咄ディセイブが来た! 人をあざむくカノが主人公! カゲロウデイズ5巻! 挿絵付き感想

カノが話していた少女は誰? カゲロウデイズ 小説 第5巻の考察 気づいたこと

アヤノが自殺した理由 第5巻

カノがアヤノに化けた理由と目を冴える蛇がカノに死体のフリをさせた理由  第5巻 考察(ネタバレ注意)

こちらでCMのまとめの記事はこちら
第10弾まで(第11弾の予測記事あり) CMまとめ 放送局もあるよ! メカクシティアクタ