此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

こひなの笑顔と変態ストーカー狗神(女体化も可能) 第2憑目「爽やか笑顔は真人間の第一歩!」 感想 繰繰れ!コックリさん

スポンサーリンク

此花(このはな)です

今回は、繰繰れ!コックリさんの第2憑目「爽やか笑顔は真人間の第一歩!」の感想を書きたいと思います

2話もめちゃくちゃ面白かったです。
本音を言えば、コックリさんの女体化を見たいです!
話によると、やるみたいなので楽しみにしてます。

さて、本編に行きましょうか!
最初はコックリさんのナレーションから
「俺は狐の物の怪、コックリさんだ。自分を人形だと言う市松こひなに呼び出され、あまりの残念さにほおっておくのもどうかと思い、ノリで取り憑いた。こひなは生活感ゼロのぼっち属性で、おれが憑いててやらねばと思う。それがコックリさん流、ジャスティスだ」

まさか、ノリで取り憑いたの!?って思ってしまった。
コックリさんって(笑)

帰ってきたこひなを出迎えるコックリさん
「おかえり。学校はどうだった?」
おかんか!もうすでにオカンにしか見えない(笑)
「何にもありません」

「夕飯何がいい?」
「かぷ麺」
「却下」

相変わらず、カップ麺好きのこひな。

そういえば、このこひなのかぷ麺のイントネーションは、作者のお願いらしいですね
かぷ麺は、カップ麺ですからね!たまにどう表現していいか、分からなくなる

OPが終わって、何か企んでいる様子のコックリさん

「お前を真人間にしてやろうか!?」
めっちゃ怖いです、コックリさん。ただのホラーです


「悪霊がついに本性を現したのです」
がたがたとカーテンにくるまるこひな。
可愛いな、こひなちゃん

コックリさん的にはそんなつもりじゃなかったらしい
「俺はお前が心配なんだ。外でいじめられたり、悲しい思いをしてないか…
社会不適合者になるんじゃないかとか…お前に、人として幸せの生涯を送ってほしいんだ」


「だから俺は決めた!その歪んだ中二脳を矯正して、お前を真人間にしてやるとな!
 愛ゆえに!」

そんな簡単にこひなを真人間に出来ないと思うけど…

「人形は幸せも不幸も求めません。迷惑です」
こひなにばっさり切り捨てられてしまう
(笑)そう返ってくると思ってた

「その人形なんて設定をポイっしちゃえよ。
 人形だと言い張るなら、証拠を見せてみろ」

コックリさんがそう言うと、こひなは

「では逆にコックリさんがコックリさんである証拠を見せてください」
え、そんなの無理じゃない?

「は?」
その返しにコックリさんが固まる
「あなたは不自然までに市松に都合がいい。
 孤独な少女の歪みが生んだ幻覚ではないと証明できますか?」

こひなの返しがえぐい(笑)

「あなたの記憶も設定上植えつけられた偽の記憶なのかもしれませんよ?
 本当はコックリさんなんて、存在してないのではありませぬか?」

コックリさんの存在価値を否定しないで!こひな(笑)

「な、何言ってん…コックリさんならちゃんとここに…」
動揺して、言葉を震わせながらこひなにつぶやくコックリさん
すると、こひなは見えないようなフリをする
「おや?何も見えないんです」

「いる、いる、ここにいるよ!」

見えないふりをするこひなにコックリさんは動揺しまくる
「こひな!ちょ…やめろ、目をそらすな!不安になる」
追い詰められていくコックリさんが面白い(笑)

「”コックリさんは信じてもらえないと消えちゃいそうなフェアリー系男子です”」
ナレーションに笑う。フェアリーって(笑)

「心が不安定になった。人形云々はもういいや」
もうちょっとこひなに言葉で勝たないと…ダメだねコックリさん
「(話をそらすことに成功しました)」
ガッツポーズしてるし、こひなちゃん

あ、狗神さんだ。はっ、ここで言っちゃダメだった。
本当に何やってんだ。この人

場面戻って、こひな家
「せめて笑顔の練習しよう。おまえ、いつも無表情だし」

「真人間への第一歩だ。
 それに俺はお前の笑顔が見てみたい」

コックリさんはそう言うが、こひなはやる気なさそう・・・。

「面倒なのでやです」
ですよねー。
すると、コックリさんは
「お前がそのつもりなら、こちらにも考えがある。
 いいぜ、見せてやるよ!大人の男の号泣ってやつをな」

この後、半日泣き続けたコックリさん

「ご近所から苦情がきてます。
 笑顔の練習するので、泣きやんでください」

こひなが折れた!?流石に苦情入ったらなぁ…

「本当か?」
ぱぁっと嬉しそうな感じのコックリさん
というか、狐バージョン可愛い!ずっとそれでいてほしいな

「はい。そのかわり、後で肉球触らせてください」
「好きなだけ、ぷにっていいぞ」
こひなは可愛いもの好きなんだね。動物とかも

「とりあえず、俺のまねとかしてみろ。ほら」
コックリさんはにっこりと笑う


「にこっ」
!?パーツが崩れた。そんなことってあるの!?
「福笑いみたいなってんぞ!」

「もう一度やってみます。にこっ」
こひなはもう一度笑うが、パーツが崩れて落ちる
そんな様子にコックリさんは悲鳴を上げた

あれは悲鳴上げざる負えないよ、うん。
つーか、なんでそうなった!?
意味分からない…。

「ほら、肉球触っていいから…」
キツネ姿でこひなに手を出すコックリさん
「なんか無理言ってごめんな」
流石にあんな笑顔されちゃ、コックリさんもあきらめざる負えないよね

場面が変わり、学校

「(コックリさんにあきらめられてしまいました。
 よく見ると、皆ニコニコしているのです)」

なんだかんだで気にしてるこひなちゃん可愛い。

皆のニコニコ姿を見て―
「(解せぬ…。何がそんなにおかしいのでしょう)」
うーん、愛想笑いもあるんだから、本当に笑っているのか分からないけどね


まだいた狗神さん
「やだちょっと、ずっといるのよ。通報する?」
「その方がいいわよ。ねぇ」

お母さま方に通報されそうになってる(笑)

というか、この世界では人間にちゃんと見えるのね
狗神さん。ふつう見えない設定じゃないのか・・・。

「へい!そこのきみ! 不景気な顔してると、皆に嫌われちゃうぞ!」
こひなは着ぐるみに声をかけられる
「(みんなに嫌われる?)」

「うちのゲーセンで遊んでいかない?」
そう言われたこひなは笑顔を見せる

「にかっ」
その笑顔を見た着ぐるみは悲鳴を上げる
(笑)マジで怖いのか。悲鳴を上げるって

「(このまま上手に笑えなかったら、
 コックリさんにも嫌われてしまうのでしょうか?)」

こひなはガラスに向かって笑顔を向けるが、ガラスにひびが入る

こひなちゃんはコックリさんに嫌われたくないのか(笑)
あんなに毒舌はくのに、かわいい子だな

今度はスマイルをもらい来たこひな
「スマイルをください。テイクアウトでスマイルをください」
こひなの言葉に苦笑いをする店員さん
「お客様、申し訳ありませんが、スマイルはお包みできません」

こひなってば、そんなこと出来ないよ。
常識的に、笑顔を持ち帰ることは出来ない。
「(結局、ポテトしかもらえなかったのです。
 チープな味に病みつきなのです)」


「(そもそも表情とは感情を表す視覚情報にすぎぬのです。
 ならば、しぐさと言葉で笑顔を表現できるはずなのです)」

ま、まぁそうだけど、簡単に出来ないよ。表情が伴ってないとなんか笑ってる感じしない

そんな所にコックリさんが通りかがる
「お?こひな、今帰りか?」

「コックリさん(笑) プギャー」
こひな(笑)馬鹿にしてるようにしか、見えない
「馬鹿にしてるのか」

「しかし、笑顔のことをそんなに気にするとは意外だ。”人形そもそも笑いませぬ”
 とか言って、スルーしそうなのにな。どうしたんだ?真人間に目覚めたのか?」

不思議そうにコックリさんは言う

こひなはさっきの着ぐるみの「嫌われちゃうぞ」の一言が気になってるんだな。
コックリさんに嫌われたりしないか、心配ってことなんだけど

着ぐるみの言い方にむかついたのか、どうなのか分からないけど、コックリさんの頬を引っ張る
「な、なんだ?モノマネが嫌だったのか?」


「この前の笑えって言ったのは、忘れろ。お前には早すぎた。
 そもそも笑顔なんて、自然に笑うべきものだしな。無理に人に合わせなくてもいいぞ」

コックリさん・・・。

「でも、笑えない子は嫌われてしまうと言われたのです」
「なんだ?それで気にしてたのか?」
コックリさんにそう言われると、こひなはそれを否定する
「気にしてないのです」

「あ、もしかして俺に嫌われると思ったのか?」
さっき、こひなも心の中で言ってたもんね
「おれはそんなことで嫌ったりしないから、安心しろ」
そんなことで嫌ったら、なんか変な感じがする。結構交流があるのに

コックリさんの言葉にぺっと唾をはくこひな
「嘘ですね。今は甘い言葉をささやいていたとしても、
 後で市松をねくら、だと迫害するはずなのです」


「しないよ。何でそんなに人間不信なんだよ」
こひなの人間不信っぷりが凄いな。何かあったのか
「本当に市松を嫌いになりませんか?」
「ならないって」

「命かけて?」
「かけるかける」
「本当に本当ですか?」
「うん」

そもそも初対面で、電波っぷりを出してる時点で嫌われる要素大ですよ。
それでも、こひなの所にいるんだから、大丈夫だよ。

「では指切りをしてください」

「嘘ついたら、針千本なのですよ」
!?自然の笑顔、来たぁぁ!!
こひなちゃん可愛い!!

その姿にコックリさんは胸を打ち抜かれた模様。

「やれば出来るじゃんか!
 ほら、もう一度今の顔!笑ってみろ!」

コックリさんはこひなにつめよる


「にこっ」
あ…ダメだ。無理やりは無理
「ちげぇぇぇ!!だから、なんでそうなるんだよぉぉぉ、ちくしょー」
コックリさん、諦めたほうが…

「”その後、何度やり直してもパーツがずれるだけでした”」
パーツって(笑)何なんだよ!どうしてそうなるのか、分からない。

アイキャッチ
こひなのパーツの福笑い。


「雨雨、ちゃぷちゃぷ、コックリさん。
 蛇の目でお祝い…」

カッパ姿のこひなちゃん可愛い。

そんな所に犬の泣き声が聞こえた。こひなが行ってみると
「捨て犬…?」

「なのでしょうか……?」
いえ、どう見ても人間です。


「わが君!」
とこひなに抱き着こうとする
「(しまった。目を合わせてはいけない変態でした)」

それは見た瞬間から分かってました。
明らかにおかしい人です。人なのか、分からないけど…

「”懐かれたようです”」
いやいや、ただの不審者!


「と言う訳で、わんわんに拾われました」
こっくりさん絶句。
「変態だぁぁぁ!!」

こひなを取り返し、カギを締める
「”カギを締めるまで、0.2秒だったという”」
早っ!

「外に変な人に関わっちゃダメでしょ!塩まくぞ塩!」
こひなを注意する姿、まさしくオカン。
「どうぞ、お塩でございます」
そんな時に塩を渡すものあり。

「あぁ、ありがとう。……!」
!?なんでいるの。どっから入ってきた?
「何か?」

「なぜ、いる?」
コックリさんの言い分はごもっともです。


「申し遅れました、私、狗神と申します。狗の霊です。どうぞ、お見知りおきを。
このたびは、こひな様憑きの狗神として、こちらのお世話になりたく参上いたしました」

狗神さん来た!けど、犬神じゃないんだ。

「ちなみに、裏口からピッキングで入りました。
 ディンプル錠など、敵ではありません」

!?おまえもか。コックリさんと言い、なんで泥棒みたいなことを…

「まぁ、怖い」
この人、男の人なんだよね。しぐさがまるで主婦だよ?
「物の怪に開きテクが流行っているのですか?」
確かに(笑)コックリさんも同じようなことをしてたような

「こひな様、ぜひ私の主となってください。
 生涯の忠誠を誓います」


「断る!こひなを狗神憑きにする気はない!」
はっきりとコックリさんは断る
「何か問題でもあるのですか?」
不思議そうにこひなは聞く

「狗神は蠱術(こじゅつ)の一種で、狗を呪術の要として犠牲にし、使役する死霊にしたものだ。狗神は呪詛と略奪で主に奉仕し、家を栄えさせるが、多くの狗神持ちは力を増した狗神を維持できずに衰退し、滅んでしまう。あいつは従順なフリをして、やがて宿主を食い潰す獣だ」

うんうん、よく聞く話ですね。
そういう系のアニメだと、犬神ってよく聞くし。
ギャグはさすがに見たことがないけど…

でもこれって、逆に使役するのを相手に押し付けて、呪い殺す話もあるよね。
オカルトホラー的な話で、聞いたことある。


「危ないワンワンなのです…」
まぁ、そうなるんだろうけど…ギャグだしな…。
「安心しろ、お前に手出しはさせないさ。お前も決して気を許すな」

「ところでこひな様。
 今、ご契約の方には新作カップ麺をプレゼント!」

え…?何で知ってるの

「今後ともよろしく!」
こひなちゃん(笑)
「こーひーな!?」

「”人形は買収にとても弱かった”」
(笑)大好きなものを出されたら、しょうがないと言うか…

「ばっかやろー!何でOKすんだよ!ダメだろ!!」
コックリさんはこひなに抗議(笑)
「添加物まみれのスープがこしのない麺にからみ、
 口の中で翼を広げ、約束の地・アルカディアへ」

アルカディアって何!? どっかのゲーム?
「(ダメだ…会話にならない)」
コックリさんもこひなの好きなもの分かってるでしょうに

「契約成立でございますね。小娘に取り入るなど、雑作もありません。
 私の野望が叶う日も近い…」

狗神さんが何かたくらんでる!?

「なんだと!?こひなの名前や好物を知ってることと言い、
 貴様ただの狗神じゃないな?」

コックリさんが狗神が問い詰める

「おや、分かりますか?そう、わたくしは……」

「こひな様のストーカーでございます」
(笑)はっきり、言いやがった!
というか、ストーカーがストーカーって言うか?

「うーわぁ、一番嫌な答えが出た」
コックリさんも同じようなもんでしょうが!
こひなに1話でストーカーって言われてなかったっけ?

「こひな様〜いえ、わが君〜
 私はあなたに一目ぼれしてしまったのです〜」


「生前、本当の犬だったころ、私は捨て犬でした。不安で震える私を誰もが無視して、通り過ぎていく中、こひな様だけが私を見てくれた。抱き上げてくれた。ぬくもりを教えてくれた」
へ、へぇ…こひなと会ったことあるんだ…。

「あの日、あなたに心を奪われてからずっと、
 ずっとあなたを見てきました」

それが、ストーカーって言うよね、うん
「あぁん!?」
コックリさんの怒りモード

「あなたのことは何でも知っています。好き嫌い、身長体重、スリーサイズ、BMI値、骨密度、ほくろの位置と数、遺伝子配列、そして…」
「気持ち悪い!」
それはコックリさんに同意する。私も引いた

アイキャッチ
狗神の愛を守るコックリさんの図


「契約してしまえば、私の物も同然」
おいおい、そんなわけないでしょ!
「おい!離れろ!」
コックリさん(笑)がこひなの保護者だ。

「これからは一つ屋根の下で、2人の愛を育んでいけるのですね…」
・・・この狗、マジの変態だ!
「”狗神さん、好き好き。早くこひなを捕まえて”」
妄想の中のこひな。現実的にそんなわけないのに…
そして後ろで 狗神に触られてたこひなの手を消毒していたコックリさんにも笑う

「出来る!こひな様と結婚できる!」

「出来る!〇れる!こひな様!好き!」
狗神さん怖い…。色んな意味で怖い・・。
「YES,I Can」

私ならできるって(笑)出来るわけないだろ!まだこひな、小学生だぞ!

こっくりさんにフライパンで殴られた(笑)エーラル加工って書いてあるし…
「このストーカー野郎が!」
コックリさんは吐き捨てる

「コックリさんも似たようなものではないですか?」
まぁ…確かに(笑)
「俺はこんなにひどくない!」
それって…ストーカーしていること、否定してないじゃないですか(笑)

「まぁ、しばらく離れの小屋に住まわせて様子見するか」
一応、こひなの家からは追い出さないで、様子見なんだ・・・。

「個室? なめているのですか?」
狗神は不満そうに言う。っていうか、犬小屋じゃん!
「こひなが工作でつくったやつだぞ」

「今日からここに住みます!ワンワン!」
狗神さんの扱い、扱いやすいなこの狗。

アイキャッチ
犬小屋と狗神さん


「もふもふでござる。ぷにぷにでござる。
 さっきは危ないところだったのです」

そうだね、こひなちゃん。コックリさんの立ち位置がまさにガーディアンになったよ…。
「!(殺気!?)」

コックリさん(きつねバージョン)は振り向くと、そこには謎の人形がいた。
いや…これ…狗神さんでしょ

「このようなマスコット、うちにありましたっけ?」
こひなが気づき、もちあげる

「狗神でございます。あなたに愛されたくて、
 ファンシーグッズを参考にアニマル化した、狗神でございます」

この姿は普通に可愛いね。狗神さん

「さっそく愛玩してくださいませ」
こひなは言われた通り、狗神に触る

「(しっとりやわらかく、絶妙な弾力。神かと思わえたパウダービーズや
 低反発商品など、足元に及ばない触り心地)」

それほどまでに!?触り心地がいいの?

「なんというマシュマロボディ!」
こひなが嬉しそうに触っているのを見て、コックリさんは
「? そんなに触り心地がいいのか?ちょっと…俺にも触らせ…」

狗神さんに攻撃をされるコックリさん
こひな限定ですか…狗神さん


「こひなちゃま!こひなちゃまのお名前はどう書くのちゅか?
 教えくだちゃい」

「口調と共に声色を変える、手の込んだ可愛いさアピールなのです」
狗神さんの可愛さアピール(笑)可愛いけど…

「描かないと、頭から食べてしまいますよ?」
怖い事言うな…狗神さん
「書くです」
こひなは紙に自分の名前を書く
「ありがとうございます」

「書けました」
「わーい!一生の宝物にいたしますね」
狗神は喜んで、その紙をとろうとするが、コックリさんに盗られてしまう

「なんだこれ? 紙が2枚重なって…」

「”婚姻届でした”」
!? 狗神さん何やってんの? こひなが騙された…。


「辞世の句を聞いておこうか」
まさかのミキサーの中!?(笑)
まぁ、狗神さん自業自得だけどね!

「”狗神さんはひき肉になってしまいました”」
!?ひき肉って(笑)これでも生きてるって…
「痛いではないですか」

「うるせぇ!」
まさかの狗神さんご存命
「痛いので済むのですか?」
うん、私もそう思った。

「心配してくださるのですか?わが君。なんとお優しい…」
この時の声具合がものすごく気持ち悪い…。加工してるのかな?

「ご安心を。物の怪は割と不死身ですゆえ」
あ、声が変わった。姿も少し変わった。
声優さんは、斉藤千和さんだそうです!

いきなり変わった姿に固まる一人と一匹
「誰ですか?」
「あなたのペット、狗神でございます」

「お兄さんがお姉さんになってるのです」
男が女になった…。

「私は物の怪になる前の性別がうろ覚えでして…そのため、性別がコロコロ変わり、身も心も男と女で変わるのでございます。ですから、ユリルートとノーマルルート、お好きな方をお選びいただけます」

「”ちなみに友情エンドはありません”」
攻略する気マンマンってことじゃないか!それ
「狗神さんを攻略する予定はありません」
こひなはばっさり否定する
しゅんとなる狗神さん

「コックリさんも女の子になれるのですか?」
こひなの質問にコックリさんは答える
「何にでもなれるぞ」
え・・・。

「女の子の姿を見てみたい…」
私も同意です!コックリさん、女の子お願いします!
「絶対に、嫌だ!」

「にょーたいーか!にょーたいーか!」
えー見てみたいのに…コックリさんの女体化
「他のならいいぞ」

「では…カプ麺にはなれますか?」
え? 食べる気でしょ。こひなちゃん
「食べる気か!」

「わが君!女の子同士なら…」

「”女の子同士なら、同衾OK?”」
(同衾(どうきん)=一緒に寝る事)
「わが君、怖い夢を見てしまったのでございます。
 一緒に寝てください」

「嘘をつくな!」

最初に狗神さんの変態っぷりを見てるので、嘘にしか見えない…。

「”もちろん、お風呂だって一緒に”」
「お供いたしまーす」
言い方が変態だ!

「ダメに決まってるだろ!たわけが!」
コックリさんに連れて行かれる狗神さん
「いやぁ!こひな様とお風呂入るぅ!」

「何なのでございますか?私とわが君の間に入ってきて、ずうずうしい。
 馬に蹴られて死ぬ呪いにでもかけますよ?」

いやいや、普通の親だったら止めに入るレベルのこと、してるよ?

「お前のような変態の毒牙から、こひなを守る保護者だよ」
コックリさんがまともに見えて仕方がない・・。

戦いを始めてしまった2人
「(ここはマスコット系ヒロインとして、場を和ますのです)」

すると、こひなの元にねこさんが現れる
「(無邪気にたわいないトークするです)」
ネコさんをなでなでするこひな。

「ネコさんはとても可愛いのです。
 市松は犬と猫なら断然ネコ派なのです!」


衝撃を受ける狗神とコックリさん
というか、狐ってイヌ科なんだ。

「かこめ!かこめ!この世の地獄を見せてやる!」
コックリさん(笑)
「主を惑わす獣がぁ!!」

「「サーチニャンコデストロイ!ほらほらほら」」
2人とも…ネコにコンプレックスを抱いていたのか…。
「(なぜか、余計に殺気立ってしまったのです)」

こひなちゃんが猫が一番好きとか言うからだと思うけど…。
そもそもこひなで争ってたんだしさ

「「ネコ科、滅べ」」
「”二人はヤケ酒を煽り、すっかり意気投合したようです”」

「なんか…ネコ科ばかり人気な気がいたします」
あーそれは否定できませんね…。
「だよなー。リボンの猫やネコ型ロボだとか…」
キティちゃんとドラえもん

「えぇ、本当!アイドルはおネコ様ばかりですよ!」
「犬と猫でググると、ネコの方がヒットするとかよぉぉ!」


「「ありえなーい!!」」
まさかの猫で、意気投合?
「(ネコさんへのコンプレックスがすさまじいのです)」

「しかし、こうして見ると案外話せるやつだなおまえ」
ようやく、いがみ合う関係がなくなるのでしょうか?


「そちらこそ」
「ひき肉して悪かったよ」
コックリさんがあやまった!

「いえ、私こそ色々と申し訳ありませんでした」
狗神さんまで!
「お互い様だ」

「では」
「仲直りの握手でございます」


これは仲直りをしたのか…?
血が出たけど…
「仲直りする気ないだろ」

「えぇ、ありえませんよ。欠片も1ナノミクロンもございません」
さっきの意気投合っぷりはどこに?
「こひな様以外は邪魔でございます故」

あはは…ダメだこりゃ・・・

「こひなに触んな!
 近年稀にみる嫌な奴だよ!おまえ」

こひなを奪い返し、そう言い放つコックリさん

すると、元の男の姿に戻る狗神さん

「よく言われます。
 ちなみに私に関わるものは基本、胃が穴だらけになります」

「もう、おまえ出てけよぉぉ!!」

(笑)狗神さんはなんというか、嫌なやつということですか。
コックリさんが苦労人の予感当たってしまった…。

初EDです!
最初、小野さんかと思った。
全然違ったけど…

第3憑目「狗神ステイハウス!」
今度は狗神さんのお話?
なんか、次回予告が参考にならない(笑)

サイトを見てきたら、信楽さんが出るみたいです。
たぶん、後編だけど…
次回も楽しみです!

ここまで読んでくれてありがとうごさいました。
このブログの情報をツイートしています


RSSフィードを配信しています
クリックすれば飛びます

ランキングを見る方はこちらにどうぞ

にほんブログ村 アニメブログへ

関連記事
若返った二人の世話にコックリさんが壊れた!? 第11憑目「大人ドロップアウトでコスプレイ!」 感想 繰繰れ!コックリさん

ダメ狸親父の意外な一面とこひなの気になる男の子!第4憑目「気になるアイツはSF系!」 感想 繰繰れ!コックリさん

狗神さんのコックリさんいびり&こひなによる矯正&信楽さん初登場!第3話「狗神ステイハウス!」 感想 繰繰れ!コックリさん

狗神の矯正なんて出来るのか?あらすじ&場面カット公開! 第3憑目「狗神ステイハウス!」 繰繰れ!コックリさん

また面倒くさい物の怪の登場か? あらすじ&場面カット公開!第2憑目「爽やか笑顔は真人間への第一歩!」 繰繰れ!コックリさん

コックリさんのオカンっぷりが面白かった!第1話「人形少女・ミーツ・コックリさん!」 感想 繰繰れ!コックリさん

オカン属性のコックリさんとインスタントラーメン好きの市松こひなのコンビのお話 繰繰れ!コックリさん