此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

同じ時を繰り返す男の選択とは? 第12話「香る闇」 感想 蟲師 続章

スポンサーリンク

此花(このはな)です。

今回は、蟲師 続章の第12話「香る闇」の感想を書いていきたいと思います。

第12話は、同じ人生を繰り返してきた男のお話でした。
これはなんというか、報われなかったです。
あこやのお話を思い出しました。

さて、12話の詳しい内容に行きましょうか!



これは、かおるという男の話。

彼は花の匂いをかぐと、何かを忘れているような気がするという。
懐かしいような、恐ろしいような、何かを。
彼はいくという、嫁をもらい、子どもも出来た。

ある時、一人の蟲師・ギンコが雨宿りへとかおるの家へと尋ねに来る。
雨宿りのお礼にと、何か困っていることはないかとギンコは尋ねるが、かおるは思い当たることもないし、旅の話も聞かせてくれとそう言った。

時が過ぎ、かおるの子どもが嫁にいって、いくと2人暮らしになった頃、山菜取りに行ったかおる。
その帰り道、花の匂いがする、穴を見つける。
大事なことを忘れている気がする、と思うかおるは、家への近道かもしれないので、その穴の中に入ってしまう。

穴の中では花の匂いでむせ返っていた。
何を忘れているのか?と思い出そうとするかおるだが、ゆっくりと子供の頃の記憶を思い出す。

かおるの家は、元々酒屋だった。これはその時の記憶のようだ。
ある時、酒屋で雇っていた親子が賃上げをお願いに来ていた。
かおるの親は、そんな利益はないと断った。

その子どもは、かおると仲が悪く、無愛想な子供だった。
そのため、かおるが独楽で壊したつぼの犯人をその子どものせいにしてしまう。
その日の夜、かおるが子供が酒蔵の中に入っていくのを見かける。

翌朝、何者かが酒蔵にあった全ての酒を台無ししてしまっていた。
その後、かおるの家は酒屋から、農家へと転身した。

そこからいつの間にか、かおるは子供になっていた。
彼は、同じような人生を歩んでいく。
いく、と結婚をし、子どもを産み、そして、その子どもが嫁入りをする。
同じようなことがあったような気がしながら。

そしてまた、花の匂いがする穴に入り、子どもへと逆戻りする。
同じ人生を歩んでいく。
前にもこんなことがあった気がする、とそう思いながら。

同じように、雨宿りをしにギンコがやってくる。
何か困ったことがないか?という質問に、ついにかおるは、その違和感を口にするのだった。
その違和感の話にギンコは、花の匂いをかぐと不安にならないか?そう聞く。

かおるは驚いたように、その質問にぴったりと当てはまっていることを話す。
その言葉に、ギンコは「かいろう」という蟲に取り憑かれているのかもしれない、と蟲の話をするのだった。
その蟲は、花の匂いで動物を誘き出し、その穴に入ったものは同じ時間を繰り返すのだという。

つまり、同じ人生を繰り返し続けているのだ。
ギンコの話によると、症例はいろいろあるが、過去を変えようとしたものはあまりいい結果にならなかった。
「今までと同じにはいかないかもしれん。次に「かいろう」に入ったら、かいろうと同化してしまうかもしれない」
と、もう一回、かいろうに入るな、忠告をする。

ギンコの忠告を聞き、同じ人生を歩み始めるかおる。
そして、かおるの子どもが嫁に行った頃、花の匂いがする穴を見つけた。
その穴に入る瞬間、ギンコの言葉を思い出し、かおるは家へと帰るのだった。

見たことがない新しい人生が始まる、と思い、嬉しい気持ちになるかおる。
そんな生活が続いた頃、かおるは、いくと共に、山菜取りを向かう。
山菜取りの途中、かおるは、いくがいなくなっていることに気付く

慌てて探す中、崖におちた、いくの姿を見つけた。
いくを背負い、山を下りる中―
だんだんといくの身体が冷たくなっていくのを感じる。

このままでは死んでしまう、とそう思ったとき、また花の匂いがする穴を見つけた。
その時、ギンコの言葉を思い出すが、かおるはいくが亡くなることを変えたかった。
かおるは、いくと共に「かいろう」に入ってしまうのだった。

今度はいくの番。
いくは、かおると同じように、既視感を感じながら、人生を歩んでいく。



うわぁ…ループだ。
ものすごく悲しいループ。

これはバットエンドなのか?
終わらない時を選んだってことなんだろうけど、かおるさんにとっては。
でも、それは「かいろう」と同化する可能性を否定できないよな。

最後、いくさんまで巻き込んで、「かいろう」に入ってしまった。
今度はいくさんがかおるさんと同じような体験をすることになる。
別に、いくさんを置いていってもいくさんと会えたはずなのにな…。

結局、ギンコさんが蟲のことを教えても、決して良くはなかったってことなんだろうか。
でも、そのおかげであの穴に一度は入らないことが出来たんだよね。
うーん、難しい。

今回、ギンコさんがちょこっとしか出なかった。
この話は、カオルさんが主人公ってことなんだろうけどさ。
本当にこの人の人生の欠片みたいなストーリーだった。

やっぱ、ループといえば、あこやのお話。
監督さんが1期と対応させているって話だから、そのあこやの話なんだろうか?
調べたら、違った。あれ?でも、なんか似てるかなって思ったんだけど…

声優さん載せときます
カオル:古川登志夫
郁:柿沼紫乃

声優さん調べたら、結構ベテランの方だった。
なんか聞いたことあるなって思ってたけど、ワンピースのエースとかもやってらっしゃったんですね。
カオルの声優の人。

郁さんはよく分からなかった。

ここまで読んでくれてありがとうございました。
このブログの情報をツイートしています


ランキングを見る方はこちらにどうぞ

にほんブログ村 アニメブログへ

第11話の記事はこちら
「俺は戻ってもいいのか…?」 第11話「草の茵(くさのしとね)」 感想 蟲師 続章

蟲師前半最終話
蟲師となる事を宿命付けられた一族ゆえに背負う過酷な運命とは? 「棘のみち」(おどろのみち) 感想 蟲師 続章

蟲語の記事はこちら
製作画監督の馬越さんが登場! 蟲語 第三夜 秋の放送直前スペシャル 感想 蟲師 続章

蟲語第三夜決定! 蟲師 続章

化野役うえだゆうじさんは、一通り蟲師を見たことがない!? 蟲語第2夜 感想 蟲師 続章

佐保の声優の秘密 蟲語【むしがたり】 感想 蟲師 続章

関連記事
時にヒトは意識を任せ、 望む相手への路を辿る。あらすじ&場面カット公開! 第14話「隠り江(こもりえ)」 蟲師 続章

ヌシがギンコを山に入れた真意とは? 第10話「冬の底」感想 蟲師 続章

「母さん、どこまでも不幸な息子でごめんな」 第9話「潮わく谷」(うしおわくたに) 感想 蟲師 続章

その能力をどう使うかはお前しだいだ 第8話「風巻立つ」(しまきたつ) 感想 蟲師 続章

意のままに”蟲”を操り風を呼ぶ危うき少年は、己が為に往く。第8話「風巻立つ」(しまきたつ) あらすじ公開! 蟲師 続章

あんたは不幸な巡り合わせが起きただけだ。第7話「日照る雨(ひてるあめ)」 感想 蟲師 続章

その女は、雨を告げながら旅をする 第7話「日照る雨」(ひてるあめ) あらすじ公開 蟲師 続章

5月30日放送は、「蟲語」の再放送です! ご注意を! 蟲師 続章

製作秘話が聞ける!? 特別番組「蟲語」(むしがたり) 蟲師 続章

女を愛でるために、一族は禁忌を犯す 第6話「花惑い(はなまどい)」 感想 蟲師 続章 

「そんな寂しそうな顔をするなよ……」第5話「鏡が淵」(かがみがふち) 感想 蟲師 続章 

水面に写ったのは誰・・・? 第5話「鏡が淵」(かがみがふち) あらすじ公開! 蟲師 続章

闇がこんなに恐ろしいとは… 第4話「夜を撫でる手」(よるをなでるて) 蟲師 続章 感想

オトナアニメディアHYPERにて蟲師特集! 本日発売 蟲師続章

蟲師のBlu-ray&DVDが7月より発売決定!  蟲師 続章

蟲師のBGMを収録したCD「蟲音 続」 発売決定!! 蟲師 続章

ヒトと蟲の境にある脆弱なモノ? 第4話「夜を撫でる手」(よるをなでるて) あらすじ公開! 蟲師 続章

湖の中に雪が舞っていたんだ。 第3話「雪の下」 蟲師 続章 感想

男の頭上には常に雪が舞っていた  蟲師 第3話「雪ノ下」(ゆきのした) あらすじ

凶兆を知らせる蟲 蟲師第2話「囀る貝」(さえずるかい) 感想

光酒に似た酒をつくった男 蟲師 続章 第1話「野末の宴(のずえのうたげ)」 感想

生命の源ような人に見えない蟲 『蟲師 続章』ネット配信スケジュール公開!

第1〜12話の題名公開! 蟲師 続章

人でもない、動物でもない、虫と一線を引いた蟲と人との関わりのお話  蟲師 特別編「日融む翳」発売記念キャンペーン決定