此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

逢魔が刻、少女は実体のない影を踏む。第13話「残り紅」 感想 蟲師 続章

スポンサーリンク

此花(このはな)です。

今回は、蟲師 続章の第13話「残り紅」の感想を書いていきたい思います。

13話は、なんていうか…うん、よかったのか、悪かったのか分からないです。
結局、助かったものの代わりに行っちゃったので。

さて、13話の詳しい内容に行きましょうか!



ギンコの旅の途中の話。
ある時、山に入ると、夜に一人、うずまっているおばあさんを見つけた。
ギンコは背中にそのおばあさんを背負い、山を降りる。

山を下りると、そのおばあさんを探しているおじいさんが待っていた。
そのおじいさんは、陽吉(ようきち)というようで、膝を悪くしているので、山の奥深くまで入ってこれなかったらしい。
おばあさんはみかげといった。

ギンコはその陽吉とみかげの夫婦の所へ泊ることになる。ばあさんを助けてくれたお礼らしい。
陽吉の話によると、みかげさんがなぜ山に入ったか分からないらしく、夕方になると、「帰る」と言って家を出ようとするという。

ギンコは陽吉のひざに何か黒いしみを発見する。
そのしみのせいで、ひざが悪くなっているとギンコは夫婦にそう話す。
ギンコは蟲を追い出すため、ひざに対処するためのものを置き、朝にもう一回すれば、大丈夫だと言って、就寝した。

その日の夜、ギンコが寝ている部屋に陽吉が訪ねてきた。
みかげのことを話しにきたらしい。みかげさんは昔の記憶がなく、この里に突然現れた人なのだと陽吉は言う。
その際、陽吉の幼なじみであった茜という女の子がいなくなった。

まるで、茜に入れ替わったかのように。そのためか、みかげさんは茜の父が引き取った。しかし、みかげさんはその前の記憶を全く所有してなかったため、最初は不気味がられていたのだ。時が経つにつれ、みかげも里に馴染んでいった。
そのみかげさんが、「帰る」といって出ていこうとするものだから、いつか記憶を思い出して、故郷に帰ってしまうと不安なのだという。

そんな陽吉の話にある蟲の話をするギンコ
それは「逢魔が刻(おうまがどき)」という蟲で、夕暮れ時に人が入れ替わる、という。
その形状は人型の影で、その影に踏まれたり、踏んだりすると影の中のものと入れ替わる。

入れ替わったものは記憶を無くして、現れるため、証明できない。
おそらく、茜という少女は「逢魔が刻」に飲み込まれ、どこかで幸せに生きているとギンコは言う。
そんなギンコの話に陽吉は胸のつかえが取れた気がした。

次の日、膝が治った陽吉さんはギンコさんの為に魚釣りをしに行く。ギンコさんは、陽吉さんが言うに里の人の中にも、陽吉さんと同じように膝悪いらしく、その人たちを直しに里を回る。
時が進み、陽吉さんが食材を採って、家に帰ってくると、みかげさんがいないことにきづく。

ギンコと合流し、みかげを探し回ると、うずくまっているみかげさんがいた。
どうしたんだ?と陽吉さんが声をかけると、泣いているみかげの顔があった。
まさか、故郷のことを思い出したのか、そして帰ろうとしてたのか、と声をあげる陽吉さん。

その陽吉さんの言葉に、涙を流しながらも否定するみかげさん。
そして、ぽつりぽつりと茜という少女への謝罪をし始める。
みかげさんは入れ替わった時のこと、思い出したようだった。

陽吉さんは、俺への謝罪をしなくていい、みかげさんと会えて幸せだった、そう語りかける。
そして、みかげさんの手を取って、「家に帰ろう」とそう言うのだった。
それから、数年後、みかげさんと陽吉さんは幸せを暮らし、みかげさんは流行病で亡くなったという。

一人になった陽吉さんは、墓参りをしに、山へ来ていた。
墓参りを終わった後、陽吉さんの元に「逢魔が刻」が現れた。
思わず、茜がまだいると思った陽吉さんは、「逢魔が刻」に声をかける。

ふと出たのは、茜への謝罪の言葉。
茜と入れ替わったみかげという人と結婚し、幸せに暮らした。
俺を恨むなら、影を踏んでくれ、と。

すると、「逢魔が刻」は戻っていってしまった。
それに驚いた陽吉さんは、影を踏んでしまう。
その日の夜、記憶の失った少女・茜がその里で見つかった。



ちょっと、思わず笑ってしまったみかげさんと陽吉さんの会話は、雰囲気的にいれることが出来ませんでした。
それと、凄く気になったBGM。
あまり聞いたことが無いものだった。すごくギャグ調な気がしたけど。

どうして「逢魔が刻」が戻ってしまったのか?
あまり描写できなかったですが、「逢魔が刻」の世界の中に入る時は、その前の記憶があるようですね。
そして、現実の世界に出るときに記憶を無くすようです。

そのため、陽吉さんが出会ったときは、「逢魔が刻」の中に入る茜は陽吉さんのことを知っていると思います。
陽吉さん自身が名前を言って、語りかける様子があることから、茜ちゃんは気づいたんではないでしょうか?
戻った理由は正確には分かりません。ただアニメを見て思った事です。

でもこの状況では、陽吉さんは「逢魔が刻」に飲み込まれても、その事実を知っているのなら、影を踏もうとしないんじゃないかと思って、ちょっと切ないです。

声優さんはこちら
みかげ:鈴木れい子
陽吉:西村知道

うーん、調べたけど、分からん。
知っているキャラはいたものの、あまり声のイメージがない!
ベテランさんなのはわかった。
ここまで読んでくれてありがとうございました。
このブログの情報をツイートしています


ランキングを見る方はこちらにどうぞ

にほんブログ村 アニメブログへ

第14話の記事はこちら
時にヒトは意識を任せ、 望む相手への路を辿る。あらすじ&場面カット公開! 第14話「隠り江(こもりえ)」 蟲師 続章

第12話の記事はこちら
同じ時を繰り返す男の選択とは? 第12話「香る闇」 感想 蟲師 続章

蟲師前半最終話
蟲師となる事を宿命付けられた一族ゆえに背負う過酷な運命とは? 「棘のみち」(おどろのみち) 感想 蟲師 続章

蟲語の記事はこちら
製作画監督の馬越さんが登場! 蟲語 第三夜 秋の放送直前スペシャル 感想 蟲師 続章

蟲語第三夜決定! 蟲師 続章

化野役うえだゆうじさんは、一通り蟲師を見たことがない!? 蟲語第2夜 感想 蟲師 続章

佐保の声優の秘密 蟲語【むしがたり】 感想 蟲師 続章

関連記事
「俺は戻ってもいいのか…?」 第11話「草の茵(くさのしとね)」 感想 蟲師 続章

ヌシがギンコを山に入れた真意とは? 第10話「冬の底」感想 蟲師 続章

「母さん、どこまでも不幸な息子でごめんな」 第9話「潮わく谷」(うしおわくたに) 感想 蟲師 続章

その能力をどう使うかはお前しだいだ 第8話「風巻立つ」(しまきたつ) 感想 蟲師 続章

意のままに”蟲”を操り風を呼ぶ危うき少年は、己が為に往く。第8話「風巻立つ」(しまきたつ) あらすじ公開! 蟲師 続章

あんたは不幸な巡り合わせが起きただけだ。第7話「日照る雨(ひてるあめ)」 感想 蟲師 続章

その女は、雨を告げながら旅をする 第7話「日照る雨」(ひてるあめ) あらすじ公開 蟲師 続章

5月30日放送は、「蟲語」の再放送です! ご注意を! 蟲師 続章

製作秘話が聞ける!? 特別番組「蟲語」(むしがたり) 蟲師 続章

女を愛でるために、一族は禁忌を犯す 第6話「花惑い(はなまどい)」 感想 蟲師 続章 

「そんな寂しそうな顔をするなよ……」第5話「鏡が淵」(かがみがふち) 感想 蟲師 続章 

水面に写ったのは誰・・・? 第5話「鏡が淵」(かがみがふち) あらすじ公開! 蟲師 続章

闇がこんなに恐ろしいとは… 第4話「夜を撫でる手」(よるをなでるて) 蟲師 続章 感想

オトナアニメディアHYPERにて蟲師特集! 本日発売 蟲師続章

蟲師のBlu-ray&DVDが7月より発売決定!  蟲師 続章

蟲師のBGMを収録したCD「蟲音 続」 発売決定!! 蟲師 続章

ヒトと蟲の境にある脆弱なモノ? 第4話「夜を撫でる手」(よるをなでるて) あらすじ公開! 蟲師 続章

湖の中に雪が舞っていたんだ。 第3話「雪の下」 蟲師 続章 感想

男の頭上には常に雪が舞っていた  蟲師 第3話「雪ノ下」(ゆきのした) あらすじ

凶兆を知らせる蟲 蟲師第2話「囀る貝」(さえずるかい) 感想

光酒に似た酒をつくった男 蟲師 続章 第1話「野末の宴(のずえのうたげ)」 感想

生命の源ような人に見えない蟲 『蟲師 続章』ネット配信スケジュール公開!

第1〜12話の題名公開! 蟲師 続章

人でもない、動物でもない、虫と一線を引いた蟲と人との関わりのお話  蟲師 特別編「日融む翳」発売記念キャンペーン決定