此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

虫のしらせが起こる蟲 第14話「隠り江(こもりえ)」 感想 蟲師 続章

スポンサーリンク

此花(このはな)です。

今回は、蟲師 続章の第14話「隠り江(こもりえ)」の感想を書いていきたいと思います。

14話は、人の想いを繋げる蟲のお話でした。
虫のしらせという言葉をモチーフなんでしょうかね。

さて、14話の詳しい内容にいきましょうか!



ギンコは水路の村にいた。
舟の上にいたギンコは過ぎていく家の中で、ある少女を見かける。
彼女の周りには、霧のようなものが立ち込めていた。

ギンコはその彼女の家を訪ねる。
「やっかいなくせがありませんか?」
彼女の乳は少し怪訝そうな顔をしたが、ギンコの次の一言に彼女の父は驚く

「たとえば、時折、意識が戻らなくなる時がある」
その言葉に彼女の父はギンコを家に入れるのだった。
ギンコが彼女のいる場所に入ると、彼女はまだ霧が立ち込める中にいた。

彼女は父が肩を揺すってようやく、こちらに気が付いた。
彼女はゆらと言った。

ゆらは母親がわりだったスミに胸の発作の後、会いにいっていたのだと主張する。
彼女の父はそんなのはまやかしだと言うが、ギンコはそのスミという人と深い澪(みお)で繋がっているな、とゆらの言葉を信じるようなことを言った。驚くゆら

人の世とは違う通路があるのだという。それはまるでこの村の水路の様に。水かさが浅い所や様々なところがあるが、それは必ず水路で繋がっている。それが人の想いで繋がる事があるのだという。虫の知らせというものだ。
その状態を意図的に作り出せる蟲がいる。「かひろぎ」という蟲だ。

多くようしつを含む相手に取り憑き、自分の想いで誰かとつながる事が出来るのだという。
しかし、それを繰り返し行うと、自分の想いをのせて、かひろぎ自身が動くようになり、
二度と意識が戻らなくなってしまう。

その話に彼女の父はスミの所に行かないように言うが、ゆらは発作の度に無意識に飛んでいってしまうので、止めることが出来ないという。ギンコはゆらの話を聞いて、ある薬を出す。
それは、ようしつを一時的に枯らす薬で、かひろぎの動きを止めることが出来るもの。

ギンコはゆらに薬を呑むように告げるが、ゆらほ発作の度にスミを呼んで心を落ち着かせているので、急にやめるのは不安だという。ギンコも薬を呑むことを強制する気はないらしく、薬を渡すだけだった。

ギンコはゆらの言っていたスミの元へ向かう。
かひろぎを持つ相手と繋がりを持つ者はかひろぎが湧きやすいためだ。
同じようにスミさんにも、かひろぎの話をするギンコ。

すると、スミさんの方から
「これを機に繋がりを断ちたいのです」
と、ゆらとの会話を断つことを話したのだ。

そしてギンコは、スミさんから預かってきた手紙をゆらに渡すのだった。
手紙の内容に驚きを隠せないゆら
それは、遠回しながらゆらと会話しないと言うもの。

どうしても信じられないゆらはかひろぎを使って、スミの元へと向かってしまう。
どうして…?と問うゆらに、何も答えないスミ。
まさか、薬を呑んだのか?とそう聞くも、現れたスミは泣いていた。

慌てて彼女の父はゆらの意識を取り戻させる。
父に怒られるゆらだが、泣いていたスミの様子が気になっていた。

それでもいう彼女の父にゆらは
「分かったわ。呑むから一人にして」
2人を追い出す

その隙にゆらは家を抜け出し、舟を乗って、
スミの元へと向かうのだった。

一方、スミはゆらの母親代わりをやめた時のことを思い出す。
彼女の父から呼び出され、使用人をやめるように言われる。
父親は、スミには感謝しているが、スミがいることでゆらが弱っていっている気がすると。

ゆらの為にも離れてくれないか?
スミはそれに応じたのだった。

スミの元へ向かうゆら
しかし、胸の発作が始まってしまう。
「スミに頼っちゃダメ…」
そう思うが、いつの間にか意識を失ってしまった。

ふと、気が付くと、ゆらは村の水路にいた。
霧の中でひとりでに進む舟
舟を操る棒がなくなってしまい、どうすることもできない。

怖くなり、助けを求めるゆら。
必死に叫ぶ中、その声をかひろぎを伝って、村中に響き渡る。
声はギンコ達にも聞こえていた。

ゆらが目を覚ますと、ギンコたちが心配そうにこちらを見つめていた。
虫の知らせが起こったことで、ゆらは舟から助け出されたらしい。
父に怒られるゆら。

薬を呑むまで、見張っているという父にゆらは素直に薬を呑むことを受け入れた。
よほど、さっきの一件が堪えたらしい。
そこにはスミがいた。

ゆらはスミに、もう薬を呑んだのか?と聞く。
スミは薬を呑もうとしたものの、最後まで呑めなかったのだという。
結局、スミもゆらの事が心配だったらしい。

薬を呑んでしまうと、もうスミと会話できない。
その現状にどうしようか悩むゆら

するとギンコは
「会いに行けばいいんじゃないか?」
その言葉にゆらは父親にお願いする。

辛くなったらスミの所へと行ってもいいか、と。
ゆらの言葉に複雑そうな父親なのだった。



人の想いを届ける蟲。
「虫のしらせ」が出来る蟲ですか、不思議な蟲ですね。

父親がスミを離さなければ、ゆらに「かひろぎ」が憑くこともなかったんでしょうかね。
でも、あれは少し依存しすぎていましたし。
離れることはいい方法かな?って思ってましたけど…。

その結果、「かひろぎ」に憑かれて、その力を使ってスミに会いに行った。
ギンコの言葉で、自分の足でスミに会いに行くようになっただけでも、まだましなんですかね。
とりあえずは。

最後、自分でスミの家に行くときに「かひろぎ」を使って、家に来たよ!っていう合図してましたよね、ゆらちゃん。
まだ幸せな終わり方なので、いいと思ってますが…大丈夫かなって不安が残る。
本人たちが幸せならいいんじゃないかな。

声優さんも載せときますね。
ゆら:越川詩織
スミ:島本須美

調べたら、この2人親子だった。
前は、リアル夫婦共演で、今度は親子共演!
何なんだこれ…。

島本さんと言えば、ナウシカの声ですね。
名前見て、びっくりしました。

次回も楽しみです!

ここまで読んでくれてありがとうございました。
このブログの情報をツイートしています


ランキングを見る方はこちらにどうぞ

にほんブログ村 アニメブログへ

第13話の記事はこちら
逢魔が刻、少女は実体のない影を踏む。第13話「残り紅」 感想 蟲師 続章

第12話の記事はこちら
同じ時を繰り返す男の選択とは? 第12話「香る闇」 感想 蟲師 続章

蟲師前半最終話
蟲師となる事を宿命付けられた一族ゆえに背負う過酷な運命とは? 「棘のみち」(おどろのみち) 感想 蟲師 続章

蟲語の記事はこちら
製作画監督の馬越さんが登場! 蟲語 第三夜 秋の放送直前スペシャル 感想 蟲師 続章

蟲語第三夜決定! 蟲師 続章

化野役うえだゆうじさんは、一通り蟲師を見たことがない!? 蟲語第2夜 感想 蟲師 続章

佐保の声優の秘密 蟲語【むしがたり】 感想 蟲師 続章

関連記事
「俺は戻ってもいいのか…?」 第11話「草の茵(くさのしとね)」 感想 蟲師 続章

ヌシがギンコを山に入れた真意とは? 第10話「冬の底」感想 蟲師 続章

「母さん、どこまでも不幸な息子でごめんな」 第9話「潮わく谷」(うしおわくたに) 感想 蟲師 続章

その能力をどう使うかはお前しだいだ 第8話「風巻立つ」(しまきたつ) 感想 蟲師 続章

意のままに”蟲”を操り風を呼ぶ危うき少年は、己が為に往く。第8話「風巻立つ」(しまきたつ) あらすじ公開! 蟲師 続章

あんたは不幸な巡り合わせが起きただけだ。第7話「日照る雨(ひてるあめ)」 感想 蟲師 続章

その女は、雨を告げながら旅をする 第7話「日照る雨」(ひてるあめ) あらすじ公開 蟲師 続章

5月30日放送は、「蟲語」の再放送です! ご注意を! 蟲師 続章

製作秘話が聞ける!? 特別番組「蟲語」(むしがたり) 蟲師 続章

女を愛でるために、一族は禁忌を犯す 第6話「花惑い(はなまどい)」 感想 蟲師 続章 

「そんな寂しそうな顔をするなよ……」第5話「鏡が淵」(かがみがふち) 感想 蟲師 続章 

水面に写ったのは誰・・・? 第5話「鏡が淵」(かがみがふち) あらすじ公開! 蟲師 続章

闇がこんなに恐ろしいとは… 第4話「夜を撫でる手」(よるをなでるて) 蟲師 続章 感想

オトナアニメディアHYPERにて蟲師特集! 本日発売 蟲師続章

蟲師のBlu-ray&DVDが7月より発売決定!  蟲師 続章

蟲師のBGMを収録したCD「蟲音 続」 発売決定!! 蟲師 続章

ヒトと蟲の境にある脆弱なモノ? 第4話「夜を撫でる手」(よるをなでるて) あらすじ公開! 蟲師 続章

湖の中に雪が舞っていたんだ。 第3話「雪の下」 蟲師 続章 感想

男の頭上には常に雪が舞っていた  蟲師 第3話「雪ノ下」(ゆきのした) あらすじ

凶兆を知らせる蟲 蟲師第2話「囀る貝」(さえずるかい) 感想

光酒に似た酒をつくった男 蟲師 続章 第1話「野末の宴(のずえのうたげ)」 感想

生命の源ような人に見えない蟲 『蟲師 続章』ネット配信スケジュール公開!

第1〜12話の題名公開! 蟲師 続章

人でもない、動物でもない、虫と一線を引いた蟲と人との関わりのお話  蟲師 特別編「日融む翳」発売記念キャンペーン決定