此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

明かされるアケチの過去と二十面相!あらすじ&場面カット公開!第8話「パノラマ島綺譚(後編)」 乱歩奇譚

スポンサーリンク

此花(このはな)です

今回は乱歩奇譚の第8話「パノラマ島綺譚(後編)」のあらすじ&場面カットが公開されたので、それについて書いていきたいと思います

ではさっそくあらすじからいきましょうか!
第8話「パノラマ島綺譚(後編)」
あらすじ
ユートピアを作る妄念に取り憑かれた男たちは無残に殺されました。
それは誰の復讐だったのでしょうか?
アケチとコバヤシのの推理により、パノラマ島に隠された恐るべき殺人計画が明かされるのです。

その事実はあまりにもむごく、怒りと悲しみの連鎖は無限に続きます
だから、二十面相は生まれ続ける。
無限連鎖の檻の中で、焦燥したアケチはコバヤシに自身の過去を明かします。

3年前、彼と彼の友人に起きたとある出来事を。
今日に至るすべての始まりを。

初めて語られるアケチの過去に、
コバヤシ少年とハシバ君はどう向き合うのでしょうか?

公式サイトはこちら
ストーリー | アニメ「乱歩奇譚 Game of Laplace」公式サイト

ようやくアケチさんの過去が明かされるようですね。
場面カットを見ると、彼の友人と話しているアケチさんの姿があります。
あのアケチさんが持っているもの、書いている描写があったので、日記かな?とも思ったのですが、なんだかそれも違う気がして。

あの雰囲気と言い、書いていたのは”小説”だったのでないかと
ここまでアケチさんが”二十面相”にこだわる理由が、あの友人と書いた自作の小説が二十面相のお話だったら、追いかける、こだわる理由になるんじゃないか。

それを苦に友人が何かしらの事をしたら、アケチさんは苦しむ気がします。
なんて、自分の予想ですけど……

二十面相とその友人と例の本が関係あることは確かです。
それがアケチさんがこだわる理由になるんでしょうね

このアニメが一筋で通っているのが”二十面相”だから、
絶対後半の話でも出て来るんだろうな。もう後半の段階だろうけどさ
ここで過去を話して、どう展開していくんでしょうね…

それを楽しみにしていきながら、放送日を楽しみにしています
ここまで読んでくれてありがとうございました!

関連記事