此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

国と人間の生きていく差。それはアメリカの青い花の記憶。第11話「Davie」 感想 ヘタリア The World Twinkle(第6期)

スポンサーリンク

此花(このはな)です

今回はヘタリア The World Twinkle(第6期)の第11話「Davie」の感想を書いていきたいと思います

今回はまだアメリカが小さい頃のお話。
これは国としてのお話というよりも、アメリカというキャラの物語です。
この話はほとんどBGMで、声はDavie!というアメリカの声ぐらいでした。

文章だけの説明になりそうです。
画像もたっぷり入れるハメになりそうですけどね。


さて、本編の感想へ行きましょうか!
小さい頃のアメリカ

「アイム、Davie!」
一人の少年が声をかけてくる。

その頃のアメリカはイギリスに統治されており、
イギリスがいない間は一人ぼっちだった。

Davieにつれられて、Davieの家にやってきたアメリカ。
彼はある一冊の本を見せてくれた。

それは”青い花
二人はその青い花のことで意気投合。
Davieと仲良くなるアメリカ

夜遅くなり、バイバイをした。

青い花を見つけると、約束して。

さっそく青い花を探すアメリカだが、
探しても探しても見つからない。

仕方ないので、Davieの家に遊びに行くアメリカ
「Davie!Davie!」
笑顔で名前を呼ぶ

そこにいたのは青年となった”Davie”
青年になったDavieに対して、まだ幼いアメリカ。

時が経っても、姿が変わらない様子のアメリカにDavieは気づかず、
どこかへ行ってしまった。

その行動に大きなショックをうける
Davieが会ってくれないのは”青い花”がないせいだと思い、
とぼとぼとうちに帰った。

必死に”青い花”を探すアメリカ。
それでも”青い花”は見つからない

アメリカにやってきたイギリスに、アメリカは”青い花”のことを相談する。
すると、その花はアメリカにはなく、イギリスにあると説明された
その言葉に大きくショックを受け、涙をこぼすアメリカ

イギリスはそんなアメリカの様子に
今度きた時に”青い花”をもってきてやると豪語する。



その言葉、ぱぁっと笑顔になるアメリカ
イギリスのドヤ顔が(笑)

それを聞き、嬉しそうにDavieの家に行くアメリカ
これで、Davieに会えるとそう思って
「Davie!Davie!」
そう呼んだ

そこにはDavieと家族がいた。
そう、Davieはもう中年ほどの年齢になっており、子供もいたのだ。
Davie自身はまだ幼いアメリカを見ると、娘の友達と思ったらしいが娘は首を振る

アメリカは必死に”青い花”のことを説明するが、
Davieは分かってくれなかった。
とぼとぼと家に帰る

また時が経ち、イギリスがアメリカにやってくる

少し怒ったようなそんな顔で
アメリカはイギリスを出迎える


ぽこぽことイギリスに対して、アメリカは怒る
すると、イギリスが”青い花”を差し出した

それをみて、大喜びするアメリカ

ジャンプをしながら、青い花を持ち、
これで”Davie”に会えると外に飛び出す

Davieとそっくりな子供に出会ったアメリカ
アメリカはようやくDavieに会えた!とそう思う


「Davie!」
涙をためて、Davieを呼んだ

嬉しそうに青い花の花束を渡すと、Davieに似た少年は無言で受け取り、
どこへと歩き始めた。
少年は青い花の花束を棺桶へと置いた

そこには老いた”Davie”

アメリカはそれをじぃーと見つめ、一輪の青い花を手に取る
「Davie!」
そう言って、少年を見つめるが、少年は何も答えない

「Davie…?」
きょとんとした様子で少年を見つめる

この時はこの少年がDavieだと思っていたんだろうね。
おそらく、この少年はDavieのお孫さんなんだろうけど。

国としてのアメリカと普通の人間では時の長さが違うから、
ここまで離れていくのを見ると、切ないね。
これをきっかけに人と違いを自覚していくのかな

アメリカのキャラとしての記憶、見れてとても嬉しかったです!
次回も楽しみにしております!

ここまで読んでくれてありがとうございました!
関連記事
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com