此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

3巻の続き!「お前には失望しました」父・雨紅に蝶子接触禁止を言われてしまい!?雨情の兄妹登場?13話感想 シノビ四重奏(カルテット)ASUKA11月号(2015年9月発売)

スポンサーリンク

此花(このはな)です

 
今回はASUKAに連載されている”シノビ四重奏”の13話の感想を書いていきたいと思います
 

シノビ四重奏 (4) (あすかコミックスDX)

新品価格
¥626から
(2017/1/6 15:06時点)

月刊あすか 2015年11月号

新品価格
¥550から
(2015/10/16 14:51時点)

シノビ四重奏(カルテット)を知らない方はこちら
一話の感想です

konohana19.hatenablog.com

 本誌のあらすじ(12話まで)

大企業の跡取り娘・真中蝶子。護衛に囲まれて送った中学生活が嫌で、高校生活は自由に過ごしたいと思っていた。そんな蝶子に課せられた課題は〈これぞという側近の忍びを見つける〉こと。

「忍び」という時代錯誤な単語に戸惑う蝶子だったが、力ある忍びを側近に持つことが政財界での評価となるらしい。
 
高校卒業までに見つけることができたら、蝶子の自由にしていいという。
ただし見つけることができなかったら…一生父親の言うことをきく。その側近の忍びを見つけるために入学した高校・御園尾学園は、大企業や政治家の御曹司達を守るための「忍び」を育成する高校だった。

次々に蝶子の前に現れる側近候補の忍び達。
そんな中、蝶子にお見合い話が持ち上がる。相手は、真中家よりも格式の高い廣瀬(ひろせ)家の御曹司・翔一。

 

この廣瀬家のお庭番として仕えているのが、なんと蝶子の友達である、くるみの高須家だった。蝶子と翔一の二人っきりでの船上お見合い&不慮の遭難を経て、翔一はくるみが好きだと自覚する。

また、遭難で大怪我をした蝶子は、雨情の「お前なしでは生きていけない」という泣きながらの告白に、胸がざわつくのだった。

 

f:id:konohana19:20150927223843j:image
 今回の表紙は忍び5人揃いぐみです!
「”何人も寄せ付けない、圧倒的な技を磨き、決して折れない、
 鋼の心を鍛える。すべては我が主のために――”」
 
13話はこの表紙が現すように忍び回です!
記事の題名が展開するのは後半部分になるのですが、最初にちょっと現れています。相変わらずの雨情の主従愛があふれているシーンがありますけどね(笑)
 
では本編の感想へ行きましょうか!
場所は”青家”
青家の頭首・雨紅はある人物たちを待っていた
「……来ましたか。急に呼び出してすみませんね」
f:id:konohana19:20150927223857j:image
 「……いえ、頭首の召集ですので……」
「なぁに? 私達に何をさせるつもりなの? 
 父上」
父上ってことは雨情の兄妹来たー!呼び出した目的が気になる所だ
 
場面が変わり、蝶子が通う教室
そわそわとしている蝶子に気が付いたくるみと花蓮
「蝶子?」
「どうかしたんですか?」
 
その言葉にびくりと肩を揺らし、蝶子は恐る恐る口を開く
「うん、あのね……これ」
蝶子が取り出したのは”2枚のチケット”
 
「これは?」
「今度私の誕生日パーティーをひらくの。
 それでよかったら、二人にも来てほしいな…って」
「まぁ!」
もうすぐ誕生日なんだ…蝶子ちゃん
 
「あの…もしよかったらなんだけど……」
遠慮がちにそう言う蝶子に二人は
「何、水くさいこと言ってるの!もちろん行くわよ!」
「私も是非伺わせていただきますね」
嬉しそうな表情で行くことを了承
 
「…!ありがとう!私、誕生日パーティーに
 自分の友達呼ぶの初めてで……」
f:id:konohana19:20150927223911j:image
 「嬉しい」
嬉しそうな表情で笑う
「「……!」」
 
「もう蝶子ったら!」
「蝶子さん、かわいい!!」
花蓮は蝶子に抱き着き、くるみは蝶子の手をつかむ
可愛いよなー蝶子ちゃんの笑顔。あんなに嬉しそうに言われたら、可愛いわ!前の時もあの蝶子ちゃんの笑顔にくるみちゃんがやられてたし
 
「ところで蝶子さん、
 四色の姓の皆さんはパーティーにご招待されるんですか?」
くるみにそう言われ、え?と扉の方を見る蝶子
f:id:konohana19:20150927223924j:image
 「さっきからあちらで物凄く
 アピールされていらっしゃいますが……」
思わず、ぷっと吹いた。
雨情は分かるけど、南雲兄弟が…(笑)さりげない感じアピールしている感じが好き。椿くんは相変わらず可愛い。白金先輩はいつも通りな感じだ
 
その姿にちょっと固まる蝶子と花蓮
「皆もパーティに来てくれる?」
5枚のチケット取り出して、蝶子はそう言った
 
その言葉に5人の表情がぱぁっと輝く
「もちろんだ!」(雨情)
「しゃーないから行ったるわ」(蘇芳)
「呼んで頂けるなら喜んで」(茜)
 
「蝶子ちゃんのキレイな姿見たいからね」(白金先輩)
「お姉ちゃんの誕生日お祝いできるの嬉しい……」(椿)
それぞれの反応が面白い
 
”次、オレ!早くくれ、早くくれ、早くくれ”
わくわくしながら、雨情は蝶子が招待状を渡すのを待っている
「………(――結局、心臓にはなんの異常もなかったのよね……。
 アレはなんだったのかしら?)」
蝶子ちゃん…あれを心臓異常だと思ってるのか(笑)
 
「はい、招待状。なくさないでね!」
雨情に招待を渡す蝶子
f:id:konohana19:20150927223937j:image
 「ありがとう、蝶子。
 何があっても必ず行くから」
嬉しそうな表情で蝶子に言う雨情
その表情にドクンと心臓が反応する
 
「(また…!心臓が……
 もう!なんなのこれ――!?)」
それを振り払うように腕を振るう
蝶子ちゃん可愛い…!
 
「? (ピコピコしてる蝶子も愛らしいな)」
雨情は不思議そうにしていたが、ただ可愛いと評する
 
場面が変わり、雨情の部屋
f:id:konohana19:20150927223957j:image
 思わず、うわぁってなった(笑)
雨情は手を叩いて、その祭壇に拝む
「………(今日も一日蝶子が可愛かった!)」
 
「(蝶子の誕生日パーティーまであと三日。
 誕生日プレゼントは誰よりも蝶子の心を掴む物を用意しなくては…!!)」
パジャマ姿の雨情がうーんと悩む
 
回想ー(雨情の妄想)
「誕生日おめでとう蝶子」
「雨情! こんな素敵なプレゼントをもらったの初めてよ!
 やっぱり私の事、一番に分かってくれるのは雨情ね…」
 
「蝶子の側近として、当たり前だ」
「雨情……」
回想終了ー
「(よし!完璧だ!!やはり俺は天才か……!!)」
(笑)雨情…絶対、妄想の様にならないぞ
 
「(蝶子万歳!蝶子ジャスティス!!)」
※蝶子教経典 思わず、え?ってなった雨情ってば…
 
雨情が就寝し、少し経った頃、父・雨紅がやってくる
f:id:konohana19:20150927224013j:image
 人が来ているのにも関わらず、雨情は全く気付かない
蝶子が飾ってある祭壇に”招待状”を発見する雨紅
 
朝になり、目が覚める
「(……朝か……)」
「(……?なんだ? 
 部屋に違和感が……)」
雨情はある事に気付く
 
それに気づいた雨情はある場所へとひた走る!
「親父!!」
ばぁんと扉を開け、雨情は叫んだ
 
「雨情…朝から騒々しいですよ」
ゆっくりとお茶を飲んでいる雨紅
「招待状を返せ!! 
 昨夜招待状を持って行ったの親父だろ!」
 
「……なんだ、やっと気づきましたか。
 自分のテリトリーに他人の侵入を許した上に
 随分呑気に寝ていましたねぇ」
厳しい言葉に雨情は息をのむ
 
「私が暗殺者なら、今頃お前は布団の上の冷たくなってましたよ?そんな有様で東郷の次期頭首になれると思っているんですか?
 ましてや、蝶子お嬢様を守れると…?」
 
「………蝶子の側近は誰にも譲らない……」
雨情ははっきりと父・雨紅に向かって言う
「口ではなんとでも言えますがね……」
雨紅はあるものを取り出した。
 
「それは先日の廣瀬家別荘での蝶子お嬢様負傷の報告書です。
 雨情…」
f:id:konohana19:20150927224027j:image
 「お前には失望しました」
そうはっきりと雨紅は言った。
 
「お前は蝶子お嬢様を危険にさらしました。その点はお嬢様の行動にも問題がありますが、常に先の先を考えられなければ、側近失格です。
 次に蝶子お嬢様を発見した後の行動――……」
父・雨紅は椅子から立ち上がり、雨情の前へ来て服の襟をつかんだ
f:id:konohana19:20150927224041j:image
 「お前は蝶子お嬢様を殺すつもりか?」
ビビリっと気迫迫る声と表情
「…っ」
 
「蝶子お嬢様を発見した後、お前は何をした?」
あぁ…そうだね。あの行動は
「ただ動揺して、騒いで嘆いていただけだ。あの場に南雲蘇芳と白金廉太郎がいなければ、蝶子お嬢様は今頃、生きていなかったかもしれないんだぞ」
 
「あの時、お前はまだ生きている蝶子お嬢様を目の前にしながら、蝶子お嬢様の生存を諦めたんだ」
「…っ、違っ……!」
雨情にとってはそうかもしれないが…側近としては蘇芳や白金先輩の判断が正しかった。雨情に足りないのは”冷静な心”だよな
 
「お前は青家の頭首どころか。主を持とうとする忍びとしても失格だ。そんな腑抜けを蝶子お嬢様の側近にするわけにはいかない。
 今後一切、蝶子お嬢様に接触する事は許さん」
え!?本当に…?
 
「……っ!」
”蝶子の側近になれない…?二度と蝶子に会えない……?”
”―ーそんなの……”
f:id:konohana19:20150927224055j:image
 「……俺は…蝶子の側近になるんだ」
それでも雨情は頑なに意志を曲げない
「……私がそれを許すとでも?」
 
「たとえ親父を敵に回しても、
 諦めるわけにはいかない……!」
 
その雨情の意思と表情に雨紅は
「(主と決めた者への凄まじい執着心――。
 青家の因果か……)」
青家の因果か…雨紅さんもそうだったのかな?
 
「お前がそこまで言うなら、
 一度だけチャンスを与えましょう」
雨紅は雨情にそう提案する
 
「屋敷の裏山の頂上に祠があるのは知っていますね?」
「……? ああ…」
 
「その祠に招待状を隠しました。それを明後日の蝶子お嬢様の
 誕生日パーティーが終わるまでに取って来なさい。
 そうしたら今度も蝶子お嬢様と接触する事を許しましょう」
 
あまりにも簡単な試練の不思議そうにする雨情
「……それだけでいいのか…?」
「えぇ、それだけでいいです。
 ――ただし…」
そう一言、付け加えようとすると、雨情の後ろから二人の人物が現れる
f:id:konohana19:20150927224110j:image
 「慈雨(じう)!狭霧(さぎり)!」
「やっほー!雨情会いたかった~❤」
 
「この二人がお前の邪魔をしますので」
雨紅がそう言った。
げっ…嫌な予感しかしない…
 
「弟といえでも……手加減は……しない」
弟ってことはお兄ちゃんか…
「久しぶりにぃ~お姉ちゃんが思いっきり
 虐めてあげるからね❤」
このお姉ちゃんに恐怖を感じる…(笑)
 
場面が変わり、学校(下校時)
「蝶子さん! 明日は誕生日パーティですね。
 翔一さんと一緒に伺いますね」
ニコリと笑って、くるみは蝶子に言う
 
「うん!楽しみに待ってる」
嬉しそうに返事をする蝶子
「あ、真中さん!」
f:id:konohana19:20150927224123j:image
 「僕達も明日はお邪魔しますので」
「よろしゅう、姫さん」
南雲兄弟が声をかけてくる
「うん、ありがとう」
 
「あ…そういえば、
 ねぇ今日雨情って学校来てた?」
そう蝶子は南雲兄弟に質問する
やっぱ、来てないのか…
 
「いつもはうるさい位に周りをウロウロしてるのに、
 今日は一度も見かけなかったから……」
「ん? そういえば今日は学校来とらんかったな。
 おかげで一日平和やったわ」
 
「どうしたんだろう?体調不良…とか?」
蝶子がそう言うが、その話に蘇芳が噴き出す
「あいつが体調不良ごときで蝶子に会える学校を休むかいな」
(笑)物凄く想像がついてしまう雨情のキャラやばい…
 
「何か家の用事でもあったんですかね?
 いてもいなくても迷惑な人だな…」
 
「まぁ雨情の事やから、明日の姫さんの誕生日パーティには
 死んでも来ると思うし。そん時訊いてみればぇぇ」
「うん……そうだね」
うーん、来ると思うけど……不安でしかない。これはそう簡単に攻略できない問題だと思うし
 
場面が変わって、裏山の山中―
倒れている雨情を狭霧と慈雨が見つめている
「なぁに?」
f:id:konohana19:20150927224138j:image
「もうお終いなのー?」
「……」
狭霧が明るくそう言う
「ほら雨情、もっと遊ぼ❤」
 
”雨情、戦意喪失!?”というアオリが不安を煽るな…
これはおそらく時間ぎりぎりまでかかりそうな予感がする
まさかの”シリアス路線”来たー!って感じである
 
雨情の家の事がよく分かりそうな章のスタートなので、次回も楽しみにしてます!
ここまで読んでくれてありがとうございました!
 14話の感想はこちら
12話の感想はこちら