読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

修学旅行が始まった!急に沖縄方言を使い始めた海藤に照橋さんは褒めるのだが…?第12X④「ちゃーびらΨ!沖縄修学旅行」 感想 斉木楠雄のΨ難

スポンサーリンク

此花(このはな)です

今回は斉木楠雄のΨ難の第12X④「ちゃーびらΨ!沖縄修学旅行」の感想を書いていきたいと思います


第12X④「ちゃーびらΨ!沖縄修学旅行」
あらすじ
沖縄での修学旅行が始まった。バスガイドの説明を聞きながらはしゃぐクラスメイト達。一方、一人静かに読書をしていた海藤。それは沖縄の方言の入門本で、急に方言で喋り始めた海藤は一躍人気者になる。

昼食を終え、バスの出発まで時間が空いた一行は、土産物屋チームと、『ハブ対マングースショー』チームに分かれるのだが!?

公式より
ストーリー|TVアニメ「斉木楠雄のΨ難」公式サイト

方言喋る海藤君は可愛いけれど、
何回も使うごとにだんだんうざくなっていくのに笑う。まぁ、中二病モードもかなりうざいけどね(笑)

沖縄といえば、ハブ対マングースショーだけど、流石に今では直接戦わせられなくなったと聞いたことがある。

さて、本編の感想へ行きましょうか!
「(二泊三日…何事もなく終わるといいが…)」

「すっげぇな!緑色だぜ」
燃堂が言う
「(さっきからずっと海だ)」

「誰か絵の具でも流してんのか?なぁ、相棒」
絵の具じゃなくて、水の透明度の問題だと思うんだけど
「(やれやれ。まぁ、テンション高いのは燃堂だけじゃない)」

「いいぞ、沖縄!もっと熱くなれよ!」
灰呂が騒いでいた
「「「「灰呂、汗すげぇな」」」」

「(どいつもこいつも、旅先となると、
 騒がしいったらありゃしない)」
しょうがないね、修学旅行だもん

「じゃーん!」
制服の下に夢原さんは水着を着ていた
「ちょっとここで脱がないでよ!」
隣に座る照橋さんが言う

「大丈夫。水着来てるんだぁ」
夢原さんは言う

「ソーキそば、アグー豚、
 ゴーヤチャンプルー、ぜんざい」
目良さんは食べ物の名前をつぶやいていた

「(やれやれ、静かなのは海藤くらいか)」
楠雄は思う

燃堂が静かに読んでいる海藤の頭を触った
「おっ、チビ!さっきから何読んでんだよ?
 さぁ、海だぞおい!」

「全くかしましい奴だ」
本を閉じ、窓を見る海藤
「おぉ、確かにこいつは美ら海だぜ!」

「ちゅら?」
不思議そうにする燃堂
「ちょっと窓開けるぜ。
 おぉ、これはいっぺあつさんだな!」

「いっぺい?」
「あっそれ知ってる。沖縄の方言でしょ?」
夢原さんが顔を出す

「ちむどんどん!」
思わず、叫ぶ海藤
「あっ、忘れてた!」
夢原さんは慌てて引っ込む
水着姿だったのを忘れてたんだね(笑)

「これは沖縄のうちなーぐちって奴だ」
海藤は説明する
「おう!方言か。さーさー言う奴か?メンソールとかだろう?」

「(それはスースする奴だ)」
(笑)メンソールじゃなくて、めんそーれだよね

「ちなみに、めんそーれ=ようこそ、かしましい=うるさい、ちゅら=美しい、いっぺー=とても、あちさん=暑い、ちむどんどん=心がドキドキするという意味だ」
へー色んなのがあるんだね

「へー海藤君、詳しいんだね」
ひょこっと現れたのは”照橋さん”
「おっふ、照橋さん」

「私にも教えてくれる?」
照橋さんが言ってくれる
「も、もちろん!」

「(やれやれ、一番浮かれていたのは海藤だったか…)」
楠雄は思う

バスが着いたのは海が見える、お土産店などが連なる場所
「”今から昼食タイムとなりまーす”」
バスガイドさんからそうアナウンスされる

楠雄たちは沖縄そば(ソーキそば)を昼食に食べることになる
「おぉ、これが沖縄そばっつうのか。
 なんか全然そばじゃねぇな」
燃堂がそう感想を述べる

「そばといっても、そば粉使ってないからね」
沖縄で食べたなぁ、豚足がのった沖縄そば。修学旅行じゃなくて家族旅行だけど
「まぁいいや。いただきまーす」

「くわっちーさびら」
方言でいただきます、をする海藤

「うん!まーさん!」
まーさん=おいしい
「これはいっぺーまーさんだぜ!」
沖縄そばを食べる海藤

「(こいつ…さっき照橋さんに褒められたもんだから、調子に乗り始めたぞ)」
マジか…(笑)照橋さん効果凄い

「食いなよ!まーさんだぜ!」
そう、嬉しそうにしながら海藤は言う
「う、うん……」

「「(だんだんうざくなってきた…)」」
照橋さんと夢原さんは思う
あらら…(笑)

「おっ、目良さん。がちまやーだね」
がちまやー=食いしん坊
「ん? うん」
目良さんは食べながらよくわかってない様子

「いやぁ、まーさんしすぎて、涙そうそうだぜ。ちなみにまーさんはおいしい。
 がちまやーは食いしん坊。涙そうそうは涙がぽろぽろ落ちるって意味だ」
海藤、やりすぎ(笑)

「(うざいし、無理やりすぎるだろう)」

「す、すごいね海藤君…」
「私、全然覚えられない…」
若干、引きながら照橋さんと夢原さんが言う

「来た! 大丈夫だよ!」

うちなーぐちが分からなくても、なんくるないさー」
(笑)それ、言いたかっただけだよね
「(沖縄弁でなんとかなるさ。一番言いたかった奴、言えたな)」

「おー食った食った」
燃堂が言うと

「くわっちさびたん」
沖縄弁でごちそうさまを言う海藤
まだ懲りないのね…(笑)もういいよ!

「まだ時間あるよー」
店の外に出てきた楠雄班
「お土産屋さん行ってみない?」
目良さんの提案に照橋さんたち女子は向かう

一方、海藤は大公開”ハブVSマングース”というハブ館を発見する

「ハブVSマングース!やんばる最強デスマッチだと!?」
海藤が興奮して話す

「(怪しい…)」
即座に楠雄は思う
女子組も雰囲気が怪しいと判断したのか、土産物屋さんに行ってしまう

「ふん、土産など今買う必要はない。
 それよりやんばる最強生物を見たいとは思わないか?」

中二病(こっち)モードに入った模様の海藤
こっちはこっちで、色々とめんどくさい(笑)

「(こっちのモードもうざいな)」
楠雄は思う

「おっ?なんだこれ、面白そうじゃねぇか」
「よしっ、行くぜ!」
燃堂もついていくご様子

「(興味ない。あっちの土産物屋に入るか…)」
楠雄がそっちの方を見ると

「うわぁぁ!
 千里っち、試食で一人でそんながっつり食べちゃダメだよ!」
夢原さんは言う。
目良さんはパイナップルをまだ3つ食べようとしていた

「このパイナップル…すっごいフルーティーで…」
目良さんが言う
「がちまや!がちまや!」
困ってる様子の店員さん

「なんだか人が集まって来たわね…」
ちゅらかぁぎい=美人・ちむかどんどん=心がドキドキする、声
など、照橋さんの周りにはたくさん人が集まっていた

「(やはり、やんばる最強の戦いは見逃せないな)」
海藤たちがいる所へと向かう楠雄
あの状況だと、騒ぎになりそうな感じがするしね…

「やぁ、蛇対マングースの戦いにようこそ」
蛇を乗せたおじさんが現れた
「「ぎゃー蛇だ―!!」」

「大丈夫だ。
 この蛇は友達だから、絶対嚙まねぇよ」
ぽいっと海藤の肩に蛇を乗せるおじさん

「ぎゃー!蛇!取って取って!やばいやばい」
パニックに陥る海藤
急に乗せるから…(笑)

「(なんくるないさー)」
そこにやってきた楠雄は軽く思う

「もし外で会ったら、すぐ逃げること。
 特にどこを噛んでくるか、分かるかなぁ?」
おじさんは聞いてくる

「えっ、あ、足かな?」
海藤が答える
「そう、足元。蛇はスネ、イクってなんつってね」
親父ギャグ的な…?

何も反応しない3人
「ハブを見かけたら、毒があるか聞いてごらん。
 YES,I Haveって答えるからね。なんつって」
心強いな、このおっさん

「おぉ?」
意味がよく分かってない様子の燃堂

「この前もそこの森でうちにハブが出て」
「(止まらねぇな。このじいさん)」
マシンガントークに思う楠雄

「どっこいしょ」

「ハブとマングースの戦いだよ」
テレビを持ってきたおじさん
「えぇ!?この場で戦うんじゃ…」

「昔と違って今は動物愛護法でな…」
おじさんは説明する
まぁ、それはしかたないよね…

「じゃ、結果も決まってるんじゃ…」
海藤が言う
そりゃ、そうだろうね…悲しいけど

「(3分間の映像、
 普通にマングースが勝って終わった)」

「……帰るか」
すっかり興奮が冷めた様子の海藤
「お?おう」

「あ、ちょっと待って」

「これいっぺーまーさんだよ。土産にどうだ?」
ハブ飴を見せるおじさん
「(なんか出た)」

「でも…荷物になるし…」
なんくるないさー。
 一緒にハブ粉とハブ油はどうだい?」
色んなハブの商品を出してきたおじさん

「(その後、おじさんのセールストークは20分にわたり続き…)」

涙そうそう…」
「(海藤は全部買わされた)」

(笑)押し弱そうだもんね…海藤

ここまで読んでくれてありがとうございました!
次回へ
konohana19.hatenablog.com
前回へ
konohana19.hatenablog.com
関連記事
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com