読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

あらすじ公開!イーハン王弟とトリーシアの話をやるらしい!第4回「笑う魔物」 精霊の守り人Ⅱ 哀しき破壊神

精霊の守り人(ドラマ)
スポンサーリンク

此花(このはな)です

今回は精霊の守り人Ⅱ 悲しき破壊神の第4回「笑う魔物」のあらすじが公開されたので、それについて書いて行きたいと思います

第4回「笑う魔物」
あらすじ
バルサ綾瀬はるか)はシハナ(真木よう子)から届いた脅迫状に従い再びロタ王国を目指す。途中の野営地で狼の群れに襲われるがアスラ(鈴木梨央)が一瞬で狼たちを殺してしまう。高笑いするアスラは禍々しいものに支配されていた…。

一方、サンガルにとらわれたチャグム(板垣瑞生)は牢から脱走するが舟を漕ぎ出すときに敵の銛(もり)を受け重傷を負う。それでも沖を目指すがヒュウゴ(鈴木亮平)の海賊船が現れ行く手を阻む!

公式サイトより
第4回「笑う魔物」|精霊の守り人 悲しき破壊神|NHK大河ファンタジー

題名から不穏なにおいしかしない(笑)
シハナが父・スファルを押さえ、国の為だと思い、独自に動き始めたからな

色んな所であっ、原作と違うなと思いながらも要所、要所は抑えてるから、
うまく作ってるなという感想が浮かぶ

笑う魔物という題名から、狼の話だ!と直感したのですが、
原作と大分変えてくる可能性があるなと思います。マーサの息子・トウノというキャラが隊商の真ん前にいたので、あっこれアスラとバルサの旅についてくるんじゃないかと思います。実際に場面カットにも載ってるし…

トウノ役・岩崎う大さんのインタビューがあって、そこの場面カットでもそういうシーンじゃないか?というのが多々あるので、確定に近いんじゃないかと。

狼の話は怖いからな……高笑いするアスラ、か。
それを見て、バルサは何を想うのか。
あの後にアスラの心に残るバルサの言葉がある

「……狼を殺したときの、あんたの顔は、とてもおそろしかったよ」
アスラはまだ、あの恐ろしいタルハマヤを良いカミサマだと思っているから…
でも、あのサーダ・タルハマヤにはなりたくはないんだろうな…アスラ

話が変わりますが、作者・上橋菜穂子さんのブログで第4回のことが早速ブログで書かれています。
ついにイーハン王弟とトリーシアの話が描かれるそうです。
禁断の恋と王権――ディーンさんに託されているもの―― - 上橋菜穂子 公式ブログ
上橋さんのブログ読んでると、すごく参考になります
原作者なんだから、参考になるのは当たり前なんですが(笑)

イーハンの人生にとって、決して忘れられない許されない恋。
見方が大きく変わってしまったきっかけとなったもの。
原作ではイーハン視点で淡々と語られていますが、実際に見れるとなると私もテンションが上がります。

壇蜜さんとディーンさんの組み合わせはなんだかドキドキするんですもの
ロタ王国の話が描かれた「神の守り人」は今から16年前に書かれた小説だと言われると、不思議な感覚になります。

神の守り人が何を表面化させたのか
それはロタ王国でくすぶっていた北部と南部の対立がアスラの出現によって、おもてに現れたのです。

イーハンは神の守り人で大きな決断を迫られることになります。
それはシハナの謀略で現れたものですが、タルの民も同じロタ人と同じなんだと見方を変えたイーハンがそれを国政で出来るような権力を持つことが出来る時にどうするのかという問いです

シハナとイーハンの会話シーンも早く見たいです。
シハナは周りにはタメ口ですが、イーハン王弟には敬語で接します。それはシハナ役・真木よう子さんインタビューで書かれている事です。

第4回はシハナの謀略の正体と
イーハンという男の話もやるんだ!と楽しみです。

そして、チャグム側の話ですが、
ついにヒュウゴが登場ということで嬉しくてたまりません!

ほんとはその前に帝の密偵・狩人の話をしなきゃいけないのですが、
まぁうん…それはなぁ。
この記事を書いている途中にまた上橋さんのブログが更新してた(笑)
良か男たち - 上橋菜穂子 公式ブログ
ヒュウゴ役・鈴木亮平さんのことを褒めていた!
属国支配について、「わかって」語ってらっしゃると。
第4回はそこまで行ってほしいなぁ…
彼・ヒュウゴはタルシュの枝国・ヨゴ国出身だから。

チャグムたちが住む新ヨゴ国はヨゴ国の王子が海を渡って建てた国。そのヨゴ国はすでにタルシュに侵略され、枝国にされていたという事実。
タルシュの軍力と新ヨゴ国の軍力の圧倒的差の話も。

そして、何故ヒュウゴは侵略したタルシュ帝国の密偵となったのか?
その疑問はおそらくシーズンⅢで語られる話だけど、私がヒュウゴというキャラを好きなのは核心(そこ)に詰められている。

最初、天と地の守り人を読んだとき、バルサやチャグムのお話が繋ぎ合わさったことに感動してた。それは第一部と第二部の話にもなるんだけど、読み終わった時に無性にヒュウゴがどうなったのか!と知りたくてたまらなくなった。それほどヒュウゴというキャラの、野心の行方が知りたかった。

過去編に関しては「炎路を行く者」を
これはヒュウゴの過去の話が描かれている。本当は蒼路の旅人の前に書き上げた作品だそうで、ヒュウゴがあんなにキャラが立っている理由がすでに作品を書いた後だったなら納得なんだよね…。

チャグムだって、言ってるけど、”敵なのに憎めない男”なんだもの。
ほんと、裏のキーマンのキャラなんだ。

えっと、上橋さんのブログの話に戻して、壺牢に囚われるタンダとチキサも4回でやるのかな?上橋さんは6回まで見ているそうなので。
壺牢を忠実に再現してくれて驚いた、と書かれているし

第4回でやると思われる、サンガル兵とジンたちの戦いに関しては
砂浜に見えるのですが、尖った石が転がる剣山のような所が埋まっていたそうで…走るのがめっちゃ大変だったと舞台裏が書かれていました。

尖った石は凶器だな、怖っ!
転んだら、手足がザックリ切れてしまうから必死だったって俳優って大変だ…

ここまで読んでくれてありがとうございました!
次回へ
konohana19.hatenablog.com
前回へ
konohana19.hatenablog.com
関連記事
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com