読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

加賀見かずやの前に現れた謎の少女は母の形見の帯の付喪神!?”あまそぎ”と呼ばれる怪異に襲われた所を助けてくれたのだが…?第1話「桜の香り」&第2話「図書室と幼なじみ」 感想 つぐもも

スポンサーリンク

此花(このはな)です

今回はつぐももの第1話「桜の香り」&第2話「図書室と幼なじみ」の感想を書いていきたいと思います

見てみようと思って、2話分たまってしまったつぐももの放送
4月に入って、生活習慣が変わったので、見るのが遅れてしまいました。
2話まとめて感想としたいと思います

第1本「桜の香り」
あらすじ
主人公、『加賀見かずや』の前に現れた謎の少女は、母の形見の帯の付喪神!?
『あまそぎ』と呼ばれる怪異に襲われ大ピンチのかずやは、謎の少女、桐葉に命を助けられる。

困惑するかずやを残して姿をくらませた桐葉だが、ふたたび彼女が現れたのは……ベッドの中!?
かずやの平穏な日常の運命やいかに!

公式より
一本目 : TVアニメ「つぐもも」公式サイト

初めて見た感想としては、アクションやエロやギャグが織り交ざってるアニメなんだなぁと思いました。
最初に出て来る謎の夢(女の人に行かないで!と言っている夢)と帯の付喪神である桐葉は関連してるんだろうなと。

主人公・かずやが桜の香りがする帯をずっと持ち歩いているという話にどうやってだろうと最初、思っていましたが、学校のカバンはリュックサックなのかと納得(笑)
かずやの幼なじみであるちさとちゃんとの関係性もなんとなく理解。

”あまそぎ”と呼ばれる怪異(かつら)に襲われる展開で

謎の少女・桐葉に助けられる
「久しいのう」
という桐葉の言葉で、昔にかずやと会った事があるんだなと思いました。

あまそぎの説明で簡単に言うと、持ち主の願望が集まった九十九神って感じでいいのかな?付喪神というと長年に大切にされた物が意志を持つようになった存在だよね
それが短期間で意志を持ったのがあまそぎ、ということか。その為、動物的な本能が強い

桐葉が”助けてほしくば、わしの下僕となれ”だったかな
はんば強制的に桐葉の下僕となるかずや

かつらに宿ったあまそぎの宿主が女の子じゃなくて、
男の子だったというオチに思わず笑ってしまった

桐葉があまそぎの宿主がかずやの事を想う人だって言ってたから、まさか(笑)すぎた

その後、すぐに姿を消してしまう桐葉だけど、
その日にかずやのベットに潜り込んでいた。

姉・霞(かすみ)にバレないようにかずやが必死になってるのは笑った。
桐葉さん、テレビを見たり大きな声で笑ったり、ゲームして悔しがったり、何故バレないようにしないんだ、まったく(笑)

その後、桐葉さんがお風呂に現れると。
お風呂の一件に関しては面白かったけど、これ文字で書いていいのだろうか
結構、ブログで書くのが抵抗がある。おもしろかったけどね

第2本「図書室と幼なじみ」
あらすじ
幼馴染の同級生、『近石ちさと』と図書室で宿題をすることになったかずや。

そこに、家に置き去りにしてきたはずの桐葉が現れる。彼女が付喪神であることを何とか誤魔化そうとするかずやだが、異変が発生、三人は図書室に閉じ込められてしまう。
桐葉が言うには、原因は『あまそぎ』と呼ばれる怪異の仕業らしいが……?

公式より
二本目 : TVアニメ「つぐもも」公式サイト

幼なじみの同級生・近石ちさととのお話なのだけど、桐葉をなんとかして家にいさせようとするかずやには笑ってしまった。
学校にこられちゃ困ると思うのは分かるけど、帯にさせた後、木の箱に入れて、紐でぐるぐる巻きにするとは(笑)
せめて、学校に持っていってあげればよかったのになー

課題をやっていなかったかずやは友達にお願いし、写させてもらおうとするが、幼馴染・ちさとに捕まり、図書室で課題をやることになる。
ちさとちゃんがかずやに対して、好意を持っているんだなと察しました。

小さい頃はちさとがかずやの家で勉強を教えていたという話になり、ちさとはまたかずやの家で勉強を教えようか?という提案をするが、かずやは桐葉の事がちらつき、断る。
そこで、課題を終わった後、家に置き去りにした桐葉が現れた

桐葉にぼこぼこにされてて、あーあ(笑)ってなった。
ちさとに対しては桐葉が親戚の子だって、
言い訳してたけど…バレそうな予感

図書室から出られないという状況に桜の形をしたストラップ(髪桜)を取り出す桐葉
これであまそぎが宿っている物が分かるというのだが…?

しかし、何故か図書室にある本の全部に反応する為、冷や汗をかく桐葉

しびれを切らしたのか、桐葉は帯で図書室の扉を攻撃する

思わず、えぇー!?となった
せっかくちさとにバレない様にしたのに、帯で攻撃する姿を見せちゃうんだって(笑)
後で説明するってかずやは言ってたけど、これ受け入れられるのか、ちさとちゃん

図書室の扉を破っても、本棚で作られた迷路のようなものが現れ、
本棚で作られた怪物が現れた。

桐葉が帯で対処をするが、ふせぎきれなくなり、
かずやとちさとは一緒に逃げることになる。

逃げ切ってホッとする二人に桐葉が怪物に対して
おちょくるような言葉を言ったら、
再び本棚の怪物が出てきたのには笑ったけど(笑)

あまそぎの宿主の正体が”ちさと”だっていうのはちょっと驚いた。
ちさとには攻撃を受けないように本のバリアが出来たりしてた為、桐葉が感づく

何故、図書室に閉じ込められる羽目になったのか?
かずやにこれまでの経緯を説明することを要求する桐葉

”一緒に勉強する約束を断った”
というかずやにそれだ!と桐葉はいう

あまそぎをなくすために、ちさとの願望を叶える、ということで、
家で勉強を教えてもらえるかな?
とかずやはいう
すると、本の迷路は消え、元の図書室に戻ったのだった。


それでちさとのかずやへの好意を全く分かってなかったのは笑った。
勉強を教えるのが好きなんだね、…って(笑)
かずや、違うよ!って突っ込みそうになった

すそ(呪詛)と呼ばれるものについての話もされたけど、万物の根源って言われてもよく分からない。
あまそぎを生み出す元っていう解釈でいいのかな?

かずやの家で勉強の約束をしたちさと
最後のオチが一緒に寝ているかずやと桐葉を発見し、
ちさとに説教される。

あまそぎを生む原因が”土地神くくり”にある、
と桐葉が言って2話は終了。
次回は巫女姿の人、土地神らしき人がいたので、その話の模様

ここまで読んでくれてありがとうございました!