此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

副会長との戦いを強いられた裕喜。その戦いとは…?第88話「月正、約束ノ地ココニ」 感想 桃組プラス戦記

スポンサーリンク

此花(このはな)です

 

月刊あすか 2017年7月号

新品価格
¥580から
(2017/5/28 16:25時点)

今回はasukaに連載されている”桃組プラス戦記”の第88話「月正、約束ノ地ココニ」の感想を書いていきたいと思います

 

f:id:konohana19:20170528161542j:image

「”難攻不落の生徒会棟で、

 副会長との戦いを強いられた裕喜は――!?”」

裕喜が表紙の今回。読んで早々吹きました(笑)

 

前回のあらすじ(第86話のもの)

7体中、5鬼目の桜鬼まで攻略に成功した裕喜たち。冬休みも終わり、咲羽の家から学園へ帰ってきた。しかし、新年明け早々、学園では生徒が何者かに血を吸われる事件が頻発していた。

 

裕喜たちはその犯人(吸血鬼)を捕まえることに成功し、その吸血鬼から衝撃の事実……愛譚学園の秘密を聞かされる。それは愛譚学園は鬼が守り、鬼が治める「現代の鬼ヶ島」だった。そして生徒会長が「鬼」の一族の頭領であった。

裕喜は生徒会長の情報を聞き出すため、鬼の新年会に潜入し、そこで生徒会長から「桃太郎」に呪いをかけた鬼ー「白」の鬼であることを知らされる。

さらに強引に生徒会棟まで連れてこられた裕喜は、「黄」の鬼だという副会長との戦いをいきなり強いられてーー。

 

一方、裕喜との連絡が途絶えてしまった咲羽・雪代・雅彦の獣基たちは途方に暮れていた。しかしひょこっと現れた羊原君から、ある道を通れば生徒会棟に行ける事を知る。ただしそれは妖怪が通う道だった。

 

獣基達は人間だとバレないようにお面をしていたが、ふとした拍子にお面が外れて、妖怪に取り囲まれてしまう。羊原君に助けを求めるがーー。

 

さて、本編の感想へ行きましょうか!

 最初は獣基達の話から始まります。

とってもステキな獣基ご一行様、と書かれた紙を掲げながら、咲羽たちは羊原君と一緒に歩いていた。

「それでは桃園君救出隊!再出発~!」

 

一方、裕喜はーー

「(もうムリだ)……っ……」

「桃園さん」

 

「(この人……強い…何でこんな…)」

「さぁ次を――。最後…の「口」……」

そっと裕喜は副会長に渡す

 

「(何で、こんな事に――)」

パチンと音がした

f:id:konohana19:20170528161554j:image

 「もうダメ無理っっ!! 」

裕喜はばぶはっと噴き出してしまう

「何でこんなリアルな福笑い作ったんですかぁはははは!!」

一瞬、戦いをしてると思いきや、福笑いしてたのか(笑)

 

「このホクロのパーツの形ズルイ…泣けてきた…」

確かに(笑)あれ、ホクロか、鼻じゃないんだ

「どちらもひどい出来ですね」

ひょいと副会長は裕喜の作ったものも掲げる

「見せないではははは」

 

「”あの時、「黄色の鬼」と戦闘が始まると思ったのに”」

”「寒いので、中へお入りください」

「”と誘われて、案内され、お茶を出され”」

 

なぜか、福笑い(コレ)が始まり、今に至る

なるほど(笑)副会長さん、戦う気なかったんだ

 

「いや~~酷い出来でありますが、今日やられた事を考えたら、

 ざまみろって感じですね」

裕喜、根に持ってる(笑)

 

「会長はやりたいと思った事には一直線タイプ…

 よく遊びたくて逃亡されて困っています」

副会長はいう

苦労してそう…

 

そう言われて、裕喜は会長に初めて会った時の事を思い出す

「初めて会った時も会長は逃亡中だったなー」

「あの頃は忙しすぎて、精神に限界をきたしていたんです」

「それは…あの…何かすいません」

 

「(この人…見た目よりずっと話しやすい人なんだな)」

裕喜は思う

「あっ…あのまだ名前を聞いてなくて…教えてもらえますか?」

 

「……私は…すいません…

 貴方にそれを答えると主に迷惑がかかるかもしれなくて…」

副会長は言う

 

「主って…会長ですか?」

「いいえ」

え…じゃあ、まさか羊原君じゃ…ないよね?

 

「生徒会の仕事を手伝うよう言われてはいますが…

 仕えているのは別の方です」

「そう…なんですか…」

 

そんな副会長の言葉に「黄色の鬼」もなかなか読めないなと思う裕喜

「その方の…」

f:id:konohana19:20170528161612j:image

「その方のお役に立つ事が私の全てなので、

 お答えできなくて申し訳ありません」

!…思った以上にこの人、怖くなくて、純粋っぽい

 

その言葉に裕喜は”似てるーー皆と”と思う

獣基達…咲羽たちと、か。

「それじゃあ…仕方ないですね」

そう笑う裕喜

 

すると、突然、カチッと音がする。

副会長はそれに気づいた様子だが、裕喜は気づいていない

「それじゃあ、他の事なら聞いてもいいですか?

 好きなおやつとか聞いてこいって言われててー」

 

裕喜の喋る間にもウィィィィンと部屋が下がる音がする

「……貴方の事をもっと知りたいのです」

副会長は言う

 

「本当ですか!? 何でも聞いて下さい」

裕喜の表情が……目のハイライトが消えた…?

「貴方の、幼い頃の事を教えて」

 

「オレの…小さい頃…は…」

”すっごく遠い小さな町に住んでて、そこではやっぱり友達はできなくて、

 あれ…でも、あの時――”

 

「あの時――

 あの時一緒に誰か――」

裕喜は言う

f:id:konohana19:20170528161628j:image

「あ―――!いっけないんだ~」

ひょこっと小さい子供が現れる

「この子と遊ぶなら、オレとも遊んでよ♪」

 

「…っ…子供!?」

驚く副会長

副会長にも見える子供って……一体?ようやく裕喜の過去が見えるのかな

 

ここまで読んでくれてありがとうございました!

前回へ 

konohana19.hatenablog.com

関連記事

konohana19.hatenablog.com

konohana19.hatenablog.com

konohana19.hatenablog.com 

konohana19.hatenablog.com