此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

かずやVSすなお、決闘決着!第12話(最終話)「パートナー」 感想 つぐもも

スポンサーリンク

此花(このはな)です

今回はつぐもも、の第12話(最終話)「パートナー」の感想を書いていきたいと思います

第12「パートナー」
あらすじ
ギリギリの駆け引きがつづく決闘は終盤、睨み合うかずやとすなお。
相手の一撃を避け、守りによる持久戦を提案する桐葉だが、かずやは首を縦に振らない。
つぐももとの絆、その力を信じるかずやは、敢えてすなおとの斬り合いに挑む。
互いの全身全霊をこめた、超高速の攻防の行方は……!

公式より
十二本目 : TVアニメ「つぐもも」公式サイト

まさか今回、最終回になると思ってなかったです、はい。
すなおVSかずやの決着回、後日談みたいな話でした。

きりつけるなら、ここら辺しかなかったのかなと…
ちょっぴり思った。

さて、本編の感想へ行きましょうか!
本体(桐葉)を攻撃され、一時的に写し身の数が減るかずや側
かずやは桐葉を攻撃に使用しないよう、自力ですなおの攻撃を避ける

そのせいで、隙が出来てしまい、続けてすなおは攻撃!
もろてつづり「水分り」を使い、かずやはすなおの攻撃を防ぎきった

「そらしたのか!?」
「帯で刀を受けても切られるのがおち、逆にそらすのは別や!」
ほのかとくくりがいう

「(渾身の一振りが防がれた!?帯ごときに)」
すなおは思う
「”すなお様、来ます!”」

かずやの攻撃を避けながら、一振りの帯の攻撃を受けてしまい、水人形にひびが入る
「(水人形が持たない…)」
すなおは向きを変え、かずやから距離を取る

「(引いた!?)」
「”攻めあぐねて距離を取ったのじゃ。余韻を与えるな!”」
桐葉は言う
「うん!」

「調子に乗るな!」
振り返って、すなおは刀の斬撃をくわえるが、
かずやに”もろてつづり、水分り”で防がれてしまう

「”すなお様、これ以上霊気を無駄うちしては……”」
虎徹がそう言いだす
「うるさい!」

かずやの方は帯で攻撃を加えようとするが、虎徹で防がれてしまう
「(写し身、これじゃ相手のダメージにならない。だったら、弾きつつもも……)
 からだち!」

すなおの一撃はかずやにあたり、かずやの水人形にもひびが入る
2人とも2回ずつ攻撃を受けている
「カウンター……」
「”これでは遠間では先手が撃てん…”」

両者、膠着状態
「こうなると、先手が不利だ…」
ほのががいう

「”今は出せる帯が二本。攻撃を防いでも追撃が出来ん。
 守るのが賢明”」
桐葉は言う

「(遠距離攻撃はもう通用しない。相手も責めれば防御が出来ないから、寄ってはこない。勝つには刀の間合いに入るしかない。
でも、水人形はもう限界。間合いを詰める最中にダメージをもらえば、負ける)」
すなおは考える

そんなすなおの考えに分かっているのか、ほのかは
「……終わったな」
そう言う

「もうあきらめるんか?らしくない」
くくりはいう
「このまま時を浪費すれば、帯が回復してしまう。
 帯三本になられたら、つみだ」

「すなおは土地神の試練で、ほのかの大技をしのいだんやろう? 
 起死回生の一発とかないんかいな」

「…あるにはある。すなおが天火を防いだ業だ」
ほのかはいう

「天火!? すそはらい候補を殺す気かいな!」

「すなおなら、しのげると踏んだからな」
ほのかは淡々と言う
「そして、実際しのぎきった。その技、威力は折り紙付きだが、刀の間合いでしか使えねぇ」
「この状況では、すなおは間合いを詰めさせてもらえん」

「それはどうやろな……」
くくりはいう

「いやだ」
桐葉の戦略を拒否するかずやの姿があった
「”なんじゃと? このまま守っておればよいというのに”」

「それじゃダメなんだ。
 全力のすなおさんに勝たなきゃ意味がない」
「”かずや……お前、なぜそこまで”」

つぐももはただの道具じゃない。それは分かってもらう為には勝つしかない。
 僕たちの全力で」

かずやの言葉に嬉しそうな顔をして
「”よぉし、わかった!わしらの全てを見せてやれ”」
桐葉はかずやの言葉を受け入れる
「うん!」

かずやは膠着状態を破り、すなおとの間合いを詰める
「”向こうから間合いに入って来る!? あのまま離れて回復すれば、勝てたのに”」
驚く虎徹の声

「(いや、分かる。あいつの考えていることが。
 あいつの全てをねじ伏せてこそ、勝利…。そういうことでしょう?)」
すなおはかずやの考えに笑みを浮かべる

「(いいわ、受けて立とうじゃない!)」
すなおは刀を振り上げる

「(虎徹の能力は霊気の刃を放つだけじゃねぇ。刀身に霊気をまとう事で、抵抗を減らし、加速を促すことが出来る。
 見せてやれ、すなお。天火を防いだ業、秘剣はばきりを)」
ほのかは思う

「(付喪神が所有者を乗っ取った状態、これをつくもつきという。
 つくもつきと化した人間は大きな力を得られる半面、意識を奪われ、肉体にも深刻な負荷が強いられる)」

「(だが、両者が同調し、深い絆で結ばれているならば、制とされたつくもつきを起こすことが出来ると言う。
 その名も…)」

「桐葉さん!」
「”おう!”」

「(かみかがり!)」

「ひけん、はばきり!」
すなおも起死回生の大技、はばきりを発動させる
「ちからおび!」

両者、高速の攻撃をいなしつづける
「かみかがりだと!? 使える人間がいるのか?」
驚くほのか

「”一瞬の油断が命取りじゃ。
 すばやくそして、正確にさばけ!”」
桐葉が言う

「”この均衡は危険です!いったん仕切り直して…”」
虎徹が言う
「ここで引けるかぁぁ!」

互角……と思われた両者、すなおが押され始め、かずやの手に虎徹の刀身が触れ、
刀の鞘が壊れてしまう

「(ちからおび、縒蛇(よりかがち)!」
その隙を見て、すなおに一発攻撃!

その攻撃によって、すなおの水人形が壊れて、決着!

かずやが勝って、嬉しそうな桐葉さん
桐葉さん、ご機嫌

呆然としていたすなおもはっと気づいて

「虎徹!!」
虎徹を持つ

「霊気の消耗による連撃の破綻。
 そして、虎徹に蓄積されたダメージが勝敗を分けたな」
小さいほのかがすなおの前に現れる
「ほのか様……」

「刀身は無事だ。心配するな…」
ほのかの言葉にほっとした顔を見せるすなお
なんだかんだ言って、虎徹の事大切にしてるんだな

「あいつはあの時、虎徹を折ることが出来た。
 感謝しとけよ…」
ほのかはいう
「はい……」

すなおは丁寧に頭を下げ、白山神社から去っていた

付喪神が道具とか言ってたのに…」
「道具と割り切っている輩に、あれほどの力は宿らん」
桐葉は言う

「いやぁ、ほんまええ勝負やったなぁ」
くくりは言う
「まぁ、当然の勝利じゃ」

「ってなこというて、結構冷や冷やだったで?」
「はっ、勝負はちょっとわからんくらいが面白いんじゃ」
2人が言い合っていると、突然かずやが倒れた

「「かずや!?」」

2人で、かずやを家まで運ぶ。倒れたその理由はかみかがりの反動だったらしい
「かみかがりの影響じゃろうな。かみかがりは付喪神と己を一体となって行う技じゃ。一時的に神機さながらの力を得られる。
 しかし、無理やり力を引き出すだけあって、その分、身体に負荷がかかるんじゃろう」

「それでこのありさまっちゅうわけか。ほんのちょっと使っただけやのに
 回復にはどれだけかかるんやろ」
くくりはいう
「一時的なもので、そう長くかからんと思いたいが…」

「にしても危なかったなぁ。
 もし、すなおが倒す前にかみかがりが切れとったら…
 桐葉が動かへれんかずやを庇いながら戦うことになっとったわけや」

「実はそれすら敵わん。わしも霊力消費し過ぎて、帯が出せんのじゃ」
「え?」

「特訓中はかみかがりを使えるかどうか試しただけで、
 こんな副作用は発動せんかった」
ってことはかなりの賭けだったんじゃ…

「本格に使ったのはこれが初めてじゃ。
 まさか、影響がここまで大きいとはな……」
桐葉は言う
本当の最後の手段ってことか…

動けなくなったかずやは食事の補助を受けたり、
お風呂の補助をされたり散々な目に

お風呂のシーンなんて、色々とヤバいなぁ…(笑)
くくりちゃんが可愛かったけど…桐葉さんもよくやるわ

寝るシーンも色々とヤバかったし
くくりが寝ている横でよくやるわなぁ…(笑)
姉も怒るわそれは

結局、かずや自身が覚えてないしな…

元気になったかずやは学校に行く
桐葉が珍しく家に残るというのだが……?

皇家ではすなおの母・すすりにかずやとの勝負について、めちゃくちゃ怒られていた。
初っ端で殴って、無理やり勝負を挑んでおきながら、
敗れるという状況がまずかったか…

「そのような女に
 この家を常勝不敗を旨とするこの流派を任されはしません」
母・すすりに言われてしまう
「そんな…」

「あなたがこの流派と家を継ぐ方法は2つ。一つはその相手を亡き者とすること。
 ですがそれは、現実的ではありません」

「ですので、もう一つの方法を取りなさい。
 加賀見かずやと”結婚する”のです」
そういう手で、家を守るのか(笑)

黒曜はくくりに対して、
今の状況では神社の再建が出来ない。金山様に全額肩代わりしてもらうというのは…と提案する
ひー、絶対無理無理…(笑)

最後の最後は
桐葉が学校に転校してくる、
サプライズで終了する

きりがつける話で終わったのかな、つぐもも
かずやの母親の話は結局、謎のままだったな

ここまで読んでくれてありがとうございました!
前回へ
konohana19.hatenablog.com
関連記事
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com