此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

忍び寄る革命の足音!素直に帰ってくれたフランスだったが、その後たくさんの仲間を連れてきて…?310話感想 ヘタリア world stars

スポンサーリンク

此花(このはな)です

今回はジャンプ+に連載している”ヘタリア world stars"の310話の感想を書いていきたいと思います

前回の続きで、フランスを警戒するオーストリアプロイセン
すると、ゾンビみたいなフランスが現れて?

「フランス! なんだよその怖ぇ顔はよ!」
動揺した様子でプロイセンがツッコむ
「ああこれ? さっき、両目に泥だんご入っちゃって……
 でさ、ちょっと入れてよ。オモシロイ話してやるよ」
泥団子って(笑)

「結構です。どうせ革命勧誘の御話でしょう」
オーストリアはいう
ですよね(笑)

「げっバレてる…。話だけ聞いてよ。
 なんでお前ら、最近の俺に冷たいのさぁ!」

「今の貴方が不気味だからですよ」
オーストリアはいう

「ええーそう見える? 
 ただ今俺が見てる世界をお前らにも見せたいなって思っただけで……」
フランスはいう
まぁ、自由や平等を掲げたフランスは周りの王制の国々からすれば、警戒対象にはなるよね

「あ……すんなり帰られるのですか…」
すんなり帰ってくれるフランス

「少々かわいそうな事した気がするぜ…
 呼び戻すか?」
プロイセンはいう

「お望み通り帰ってきたみたいですよ」
青ざめた様子のオーストリアさん
「やべぇ! なんか増えてるぞ!」
大勢の仲間のようなものを連れて現れた

忍び寄る革命の足音!
どこの国(イギリスを除く)もフランスの革命魂に感化された人が現れ、
各地で火種がくすぶることに……
できればみんな、うつされたくない。

こういう人たちが現れ始めて、
プロイセンオーストリア以外の国々も警戒を強めていったわけか…

ここまで読んでくれてありがとうございました!
前回へ
konohana19.hatenablog.com
関連記事
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com