此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

知世ちゃんたちとお花見をすることになったさくら。お花見の最中、誰かに背中を引っ張られるみたいで、これもカードのしわざ?第5話「さくらとお花見ひっぱりだこ」感想 カードキャプターさくらクリアカード編(アニメ)

スポンサーリンク

此花(このはな)です

今回はカードキャプターさくらクリアカード編(アニメ)の第5話「さくらとお花見ひっぱりだこ」の感想を書いていきたいと思います

第5話「さくらとお花見ひっぱりだこ」
あらすじ
仲よしの知世、小狼、千春、奈緒子、山崎たちとみんなで、お花見することにしたさくら。当日はお花見日和の快晴で、お弁当のおにぎりを握るさくらはうきうき。

転校してきたばかりの秋穂も誘って集合したら、誰かに背中をひっぱられるみたいで…。これもカードのしわざなの

公式より
これまでの放送|NHK アニメワールド|カードキャプターさくら クリアカード編

今回、利佳ちゃんが登場して、やっぱり声優さんが亡くなってるから、変わってるんだろうなと思ってたけど、声質を似てる方を選んだのかなぁ…。あんまり違和感がなかった…。もう大分、アニメの声聞いてないからな? いやでも、うーむ

カードの話はオリジナルカードでしたね! お花見の話は原作では少ししか描写されてないし…。原作の最新の話の可能性も捨てきれないですけど

小狼が遅れてお花見に合流した後の、二人きりの世界みたいな空気がやばかった…(笑)いや、幸せすぎて、うっとりするけど。これは一人で見たほうがいい。私も赤面する。原作のおでかけだと、ひっくり返っちゃうから…よかったのかな。というか、おでかけの話やるよね?やってくれよ、たのむから 


さて、本編の感想へ行きましょうか!
最初はお風呂から出たさくらと読書をするケロちゃんのシーン。
ケロちゃんが読書してるの、あんま見ないね。推理対決してたんだ…スッピーと(笑)

そんなタイミングで利佳ちゃんから電話かかってくる。
お花見の断りメールをしていて、それの謝罪の電話だった。

利佳ちゃんが大人っぽい話から、ケロちゃんは”さくらと大違い”という。
さくらも少しずつ大人っぽくなっていってる、というさくらだが、ケロちゃんは寝ているさくらの寝相を見せてくる。
怒ったさくらはお花見のお弁当、ケロちゃんの分、残しておいてあげないから!と。

ケロちゃんにとって、死活問題の食べ物の関係の脅しに
”許してさくらサマー!”
懇願


さてさて、次の日の朝、父さんと一緒にお弁当作りをするさくら
おにぎりをつくっているさくらの隙につまみぐいをする桃矢兄ちゃん
かたい、と文句を言う

バイトでお昼の弁当が出ないと言うことで、父さんに相談する姿を見て、
桃矢兄ちゃんの弁当と雪兎の弁当も作ると言い出すさくら

さくらは雪兎の体調をさりげなく桃矢兄ちゃんに問いかける。
「(前は魔力が足りない分、ご飯いっぱい食べたりしてたけど、今そんなことないなら、新しいカードのことで雪兎さん、ユエさん、何か困ったりしてないのかな…)」

ケロちゃんは家において、さくらは花見の場所へ
その途中で、知世ちゃんと合流

気になるのは利佳ちゃんと千春ちゃんと一緒に映画に誘おうかなという話。
今度、出てきそうな予感

二人で歩いている途中、何かに引っ張られた感覚がするが、
直ぐに何もなくなってしまい、不思議がるさくら

春ちゃんと山崎君、なおこちゃん、秋穂ちゃんと合流するさくらたち
小狼は少し遅れるとメッセージがきたらしい。

春ちゃんがつくったレモネードで乾杯する6人
山崎君が乾杯の音頭を取ろうとしたときに、千春ちゃんが先にしてしまう。
山崎君驚いてた(笑)

小狼を待って、ご飯を食べるか、小狼を待たないで、食べるか、
の選択肢にみんなで話し合う
気を遣わせちゃいけないので、ゆっくりと食事を始めることにする皆

山崎くんのお弁当は未知数…。料理を実験って…ちょっと不安(笑)
秋穂ちゃんのお弁当シーンはまだアニメでは出てきていない海渡さん作の弁当!
「大切な人です!」
そういう秋穂ちゃん

「秋穂ちゃん、その人のこと、大好きなんだね」
さくらはいう
「え…」

「すごく優しい顔になってた」
さくらの言葉に赤面する秋穂ちゃん

弁当のおかずを交換しよう、と提案する山崎君
なおこちゃんはやきそば。たこ焼き風いかぼーる、は山崎君
普通においしそうな、いかボール

ふいに風が吹く
誰かに背中を引っ張られたようで、倒れそうになるさくら
不思議に思う

「どうかなさいましたか?」
「後ろから誰かに引っ張られたみたいなんだけど…気のせいだよ」
さくらが言いかけたとき、今度は強い力で引っ張られる

どこかに連れて行かれそうになるので、
「ちょ、ちょっと電話してくる!」
なんとか言い訳してから、靴を履いて後ろ向きで歩き始めるさくら

強い力に転びそうになりながらも、森の中を抜ける
すると、大きなさくらの木があった
そこに引っ張れるような感じに
「このままじゃぶつかっちゃう! 封印解除(レリーズ)!」

”包囲(シージュ)”を発動させる
「その身を柔らかく変えよ!」
包囲は柔らかくなるものの、まだ引っ張られる
「(ダメ、まだ引っ張られる)」

「その身の先を映せ!」
向かっている方面が見える
「(あのさくらの木に向かって、引っ張られてる。
 もし、カードのせいならあそこに原因があるはず)」

ぎゅっと杖を握り締めるさくら
「(でも、このままじゃ何もできない。もっと近づかないと……
 でも、魔法を解いて、木にぶつかっちゃったら…)」

「(大丈夫……落ち着いて。ちゃんと前を見て)
 行こう!」
魔法を解き、前を向く

さくらの木の中に光が見えた
「(あれだ!)
 主なきものよ、夢の杖の元、我の力となれ! 固着(セキュア)!」

「GRVITATION、引力…」
引力か……。だから、引き寄せてた

電話がかかってくる
「大丈夫ですか? さくらちゃん!」
「うん、心配かけてゴメンね。やっぱり、カードだったよ」
そうさくらはいう

桜の花びらがおちてくる。
さくらは頭上をみると、見事な枝垂れ桜が咲いていた

思わぬ、穴場にさくらは千春ちゃんたちをここによぶのだった
弁当を食べ終わり、スイーツやお菓子が並べられている

春ちゃんたちはさくらにお礼を言うのだが、知世ちゃんは落ち込んでいた
「どうかしたの? 知世ちゃん」
「また、さくらちゃんの雄姿をビデオに収められませんでしたわ…。
 これは一度、お祓いにでも行った方がよいのでしょうか」

「ほぇぇ…」
そこまで落ち込む(笑)さくら命だもんな…知世ちゃん

「あっ、来た来た」
山崎君の声
「李くんだ」

「遅くなって済まない」
小狼はそう謝る
「大丈夫大丈夫」
「場所、すぐわかった?」

「あぁ。
 先に始めてくれてたんだな、ありがとう」
荷物を降ろしながら、言う

「李くん、お昼は?」
知世ちゃんが聞く
「食べてきたんだ。…これ、よかったら」

小狼が取り出したのは”ももまん”
「あ! 李くんのももまん」
「久しぶり~!」
なおこちゃんや千春ちゃんがいう

小狼君の手作りお菓子、すごくおいしいんだよ。
 秋穂ちゃんも食べよう?」
さくらは秋穂ちゃんに言う
「ありがとうございます」

ぱくりとももまんを一口
「おいしいです!」
「そうか」

「手作りなんですね。本当にすごいです」
秋穂ちゃんはいう
「そう、難しい物じゃない」

「いえ、私には皆さんがつくられたもの、
 全部本当においしくて、私も本当に頑張らないと」
秋穂ちゃんはいう
「お菓子類なら、教えるよ」

「実験料理なら」
山崎君が言いかけ、千春ちゃん
「普通のを教えてあげなさいよ」
つっこむ

「ありがとうございます」
秋穂ちゃんはいう

「お菓子って言うのはね」
山崎君の例のシリーズが始まり
じっとお弁当を見つめるさくら

「何かあったか?」
小声で小狼は聞いてくる
「あっ、カードはまた…後でお話するね」

「それもだが、さっき俺がお昼を食べてきた、
 って言ったとき、少し沈んだような顔してたから」
小狼はいう
ほんと、この人は気づくなぁ…

「あぁ!ごめんなさい。きにしないで!」
気付かれたことに赤面するさくら
「無理だ。気になる」

「あ、あのね……電話で言ってた、お弁当、作ったんだけど…。
 でも、気にしないで。これ、帰ってケロちゃんにあげるし。またつくってくるね」
そう言うさくら

「それ、もらってもいいか」
小狼はいう
「で、でも……」
「食べたい」

「無理しないで。もうお昼食べたって」
「大丈夫だ、食べたい」

「でも、でも!」
「だめか…?」
くっ!そんなの、断れるか!

「ダメじゃ、ないよ…?」
さくらはお弁当を小狼に渡す
「本当に無理しないでね」

小狼はお弁当の蓋をあけ、たまごやきを箸にとる
「……うまい!」
そう言ってくれる小狼。そんな言葉に嬉しそうな顔を見せるさくら

二人の世界になるのを乗り込んできたのは
「たまごやきというのは、カステラだよね!」
山崎君だった

「カステラは最初、あまったカスを集めて作ったんだよ。ホルモンの語源がほおるもんだっていうのに似ているよね。じゃあ、テラの部分がどこからきたというと、お寺なんだ。カステラはお寺でお菓子を作って、余った部分を集めて作られたんだって」

「それがおいしくってね。お寺はそれはそれは儲かって、
 本店を増築したり、支店をつくったり大変だったそうだよ」
「なんで、お寺が支店をつくるのよ!」
春ちゃんはつっこむ

「「そうなんだ」」「そうなんですね!」
3人がうなづく
「山崎君、最近隙あらばって感じだね」

「もうおなかいっぱいだよ…」
春ちゃんはいう
まだ続けようとする山崎君に千春ちゃん”知世ちゃんの歌が聞きたいな”と提案する

知世ちゃんの歌はきれいだなぁ
中学生になり、合唱曲の課題曲も聞けるのかも

次回は小狼のピアノ&知世ちゃんの歌
なんか小狼、めっちゃかっこいいんだけど!なんなの、かっこいい!

ここまで読んでくれてありがとうございました!
前回へ
konohana19.hatenablog.com
関連記事
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com