此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

「ただ、同じだお前も。お前は人だ」多宝丸との戦いの行方と二人の旅の結末は―?第24話(最終回)「どろろと百鬼丸」 感想 どろろ

此花(このはな)です

今回はどろろの第24話(最終回)「どろろと百鬼丸」の感想を書いていきたいと思います

第24話(最終回)
あらすじ
炎に包まれる醍醐の城。運命に翻弄される血を分けた兄弟。
どろろ、寿海、縫の方はそれぞれの想いを胸に抱え城へ向かう。産声さえあげられなかったその命が辿り着く先は、果たして―。

公式より
TVアニメ「どろろ」公式サイト

百鬼丸と多宝丸の戦いの結末は少しびっくりして、心にぽっかり穴が開いてるとは思わなくて…ただ、剣を止めた理由はわかった。

あれはハッピーエンドとはいえない。痛みを残して、そのままに終わった。この感覚はツバサが終わった時に似ている。そして、これまでの旅を補完するような未来への道しるべ

続きを読む

百鬼丸は鬼神の力を宿した多宝丸、陸奥、兵庫と対峙する。醍醐の行く末を巡る戦いが始まる!第23話「鬼神の巻」 感想 どろろ

此花(このはな)です

今回はどろろの第23話「鬼神の巻」の感想を書いていきたいと思います

第23話「鬼神の巻」
あらすじ
百鬼丸は、鬼神の力を宿した多宝丸、陸奥、兵庫と対峙する。
駆けつけたどろろ、縫の方、琵琶丸は、醍醐の国の行く末を巡る、凄まじい戦いを目のあたりにするのであった。

公式より
TVアニメ「どろろ」公式サイト

最終回かな?と思ったら、まだあった。
あと2話だって、まだ父・景光の対決あったわ、そういえば

両者、どちらかが死なねば終わらない戦い。終わらなかった…

続きを読む

醍醐の城に連れ去られてしまったどろろ。閉じ込められた牢の前に百鬼丸の母・縫の方が現れて…?第22話「縫の巻」 感想 どろろ

此花(このはな)です

今回はどろろの第22話「縫の方」の感想を書いていきたいと思います

第22話「縫の巻」
あらすじ
醍醐の城に連れ去られ牢に閉じ込められてしまったどろろ。その牢の前に縫の方が現れる。
一方、どろろと身体を取り戻さんと醍醐の城に向かおうとする百鬼丸の背後に、アヤカシと化したミドロ号が立っていて…。

公式より
TVアニメ「どろろ」公式サイト

最初、見終わって一番、兵庫と陸奥、そして多宝丸の傷って伏線だったのか!っていう衝撃だった。
陸奥って女の人だったことにびっくりした。あれ?姉上なの。そんなこと言ってなかったような気がするんだけどな…

縫の方も最後の戦いの行方を見守るのかな…。

続きを読む

「オレはもう一度…涅人(あいつ)に会いたい」本来の桃太郎と理性の乖離(かいり)第104話「月正、約束ノ地ココニ。」感想 桃組プラス戦記

此花(このはな)です

今回は桃組プラス戦記の第104話「月正、約束ノ地ココニ。」の感想を書いていきたいと思います

第104話「月正、約束ノ地ココニ。」を読むなら、こちらにリンクがありますので、そちらにどうぞ
(おそらく1か月限定配信だと思われます。次回が更新されたら、読めなくなると思います)
桃組プラス戦記 第一〇四話 月正、約束ノ地ココニ。|コミックNewtype

今回、ドキドキしながら待ってました。
扉絵がたぶん、初代桃太郎と黒鬼だ!やっぱ、桃色は初代桃太郎の色だったんだ。

本編は読み終わった後にとにかくほっとして、やっぱり出てきたんですねって思った。出てこないから、たぶん凄いいいタイミングで出てくると思ってましたが、ある意味会長の願いに反するものだったけれど、出てきたおかげでとりあえず助かった。ありがとう、敵さんにお礼を言う羽目になるとは

涅人さん、白霓は貴方に生きてほしいと思っている。そして、もう一度会いたいんだと。

続きを読む

百鬼丸たちが醍醐領に向かっていると報せを受けた景光は多宝丸を討伐に向かわせるが…?第21話「逆流(ぎゃくる)の巻」 感想 どろろ

此花(このはな)です

今回はどろろの第21話「逆流(ぎゃくる)の巻」の感想を書いていきたいと思います

第21話「逆流(ぎゃくる)の巻」
あらすじ
醍醐景光は隣国の朝倉との戦の準備を進めていた。
醍醐領に百鬼丸が向かっているという報せを受けた景光は、多宝丸を討伐に向かわせる。

公式より
TVアニメ「どろろ」公式サイト

もう今回は醍醐の国、崩壊への足音が近づいている描写にとてつもなく嫌な予感がして、複雑だった。どろろ百鬼丸が自分をなくしていくんじゃないかと怖くてしょうがないことも不安感が増してしまう。
原作の顛末を軽く読んでると、悪い展開も覚悟はしてるんだけど……不安は消えないよね

続きを読む

妖怪が現れるという山で、賽の目の三郎太という少年に出会う。一緒に妖怪退治にすることになるのだが…?第20話「鵺の巻」感想 どろろ

此花(このはな)です

今回はどろろの第20話「鵺の巻」の感想を書いていきたいと思います

第20話「鵺の巻」
あらすじ
妖怪を探し山道を歩いていたどろろと百鬼丸は、賽の目の三郎太という少年に出会う。
自分も妖怪を狙っている、と言う三郎太と共に退治に向かうのであった。

公式より
TVアニメ「どろろ」公式サイト

前回の話と一変して、不穏な終わり方にドキリ
前半がどろろと百鬼丸の絆でほっこりしてたのに…そのせいであんな風になるなんて複雑だ
しかも成果なし

続きを読む

折れた刀を治す為、宗綱という刀鍛冶を訪れる。その村では何故か評価が真逆で?第19話「天邪鬼の巻」 感想 どろろ

此花(このはな)です

今回はどろろの第19話「天邪鬼の巻」の感想を書いていきたいと思います

第19話「天邪鬼の巻」
あらすじ
どろろと百鬼丸は折れた刀を直すため、宗綱という刀鍛冶が住む村を訪れる。
宗綱の家に向かうと、娘のおこわの出迎えを受けるのであった。

公式より
TVアニメ「どろろ」公式サイト

今回の話、思ったよりもギャグテイストが入ってて、凄いびっくりした。今までずっと緊張感が漂った話ばかりだったから…虚をつかれた
逆のこと言った結果、まさか祝言まで行くとは…(笑)

続きを読む