此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

チーズフォンデュがスイス名物料理として、広まった理由。368話感想 ヘタリア world stars

此花(このはな)です

今回はジャンプ+に連載されている”ヘタリア world stars"の368話の感想を書いていきたいと思います

前回の続きで、スイスさんのお話。
今回は連合絵でお知らせがありました。

「”1964年ニューヨーク万博。スイスパビリオンでは定着したてのチーズフォンデュ
 メニューの一つとして、ならんでいました”」

「スイス! 君の手料理を食べに来たぞ!」
開催国であるアメリカがやってくる

「なんだいこの遊び心とチーズが溢れた魅力的な料理は!?」
チーズフォンデュに食いつくアメリカ
チーズフォンデュという料理であるパンをチーズに付けて食すもので……」

「こんなgreatな料理初めて見たよ!
 君の家の伝統を感じるスイスらしさ満載の一皿とってもcoolだよ」

絶賛するアメリカ

「あ、いや…伝統というほどでは…」
スイスは言いかけるが
「こんな面白いもの作れる君はもっとスポットライトを浴びるべきだよ」

アメリカは最近定着したばかりだとは知らない。
スイスの”チーズフォンデュ”を各国に紹介し始める
「あぁ大それたものでは…」

「その料理は国策で最近普及したものゆえ、
 純然たる我が家の郷土料理ではな…」
スイスは言いかけるが、後ろからオランダさんが止めに入った
”黙っていた方が金になるという視線”
(笑)オランダさーん

チーズフォンデュ=スイス料理!というイメージが世界的に広まったのはニューヨーク万国博覧会のスイスパビリオンで提供されたチーズフォンデュがアメリカ人に人気を博し、口コミで広がったからだといわれています。

たしかにチーズ好きなアメリカ人が好みそうな感じですよね”
確かにチーズ好きにはたまらないチーズフォンデュ

今回、作者さんからの知らせで
”ジャンプ+の連載をしばし、お休みさせて頂く事になりましたが、単行本と一緒に色々とお知らせできると思います。今後ともよろしくお願いいたします!”

休載は悲しいけど、単行本と一緒に色々とお知らせは気になる!
アニメとかだったらいいなぁ…ヘタミュもあるかもしれないけど

ここまで読んでくれてありがとうございました!
前回へ
konohana19.hatenablog.com
関連記事
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com

才虎家の力を使わずに24時間生き延びる、それが才虎一族の最大の試練!第14X「才虎一族のΨ大の試練 他」 感想 斉木楠雄のΨ難(2期)

此花(このはな)です

今回は斉木楠雄のΨ難の第14X「才虎一族のΨ大の試練 他」の感想を書いていきたいと思います

第14X「才虎一族のΨ大の試練」
あらすじ
お金持ちの才虎一族にはある試練があった。それは才虎家の力を使わずに24時間生き延びるというもの! 才虎家最大の試練に挑む才虎芽斗吏だったが、ふだんは高級車で送迎されていたため家に帰ることすら困難で……!? 

燃堂と海藤のサポートで庶民の放課後を過ごすことになるが、どれもこれもお金持ちには考えられないことばかり。ラーメン屋に連れて来られた才虎にはさらなる試練が待ち受けていて!?

公式より
ストーリー|TVアニメ「斉木楠雄のΨ難」公式サイト

才虎の試練、無一文なしと思ったら、まさかの1万円を与えられていたのは笑った!
それは無一文と一緒って…才虎(笑)
サイキッカーズの話は楠雄が望んでいないまま、所属しているが、列車事故の予知を知ると、即刻助けに入るところは優しい。

オカルト部の話は結局、さやかちゃん怖すぎる
ありすちゃんが夢原さんの影響によって、めっちゃ変わってるし(笑)

両親の愛情対決は、互いに好きなのに何だそのケンカは(笑)
最後のデッサンの話は照橋さんの似顔絵を描くことになる楠雄。なんとかして、上手く乗り切ろうとするけど、意外な落ちになってびっくりした。発想力ってすごい

続きを読む

苺鈴と皆を誘って、神社の市に行く事にしたさくら。しかし、その途中で皆が急に動物の姿になって…!?第14話「さくらと神社と動物園」 感想 カードキャプターさくらクリアカード編(アニメ)

此花(このはな)です

今回はカードキャプターさくらクリアカード編(アニメ)の第14話「さくらと神社と動物園」の感想を書いていきたいと思います

第14話「さくらと神社と動物園」
あらすじ
苺鈴や秋穂たちと月峰神社の市にやってきたさくら。日本の神社を見たことがないという秋穂と、境内で開かれるさまざまなお店をのぞいて楽しむ。

ふと苺鈴を見ると、猫の耳と尻尾が生えていて…!秋穂にはうさぎ、知世は羊とあっという間に、みんな動物の姿に変わってしまった!

公式より
これまでの放送|NHK アニメワールド|カードキャプターさくら クリアカード編

今回なんか、二人が抱き合うシーンでちょっとキャってなった(笑)
おそらくアニメオリジナルの話のカードはクロウカードのアニメオリジナルに沿ってるんだと思う。とはいえ、イリュ―ジョンって原作にもあった気が

小狼が時を止めたときは”タイム”を思い出したよ……でも、タイムの可能性もあるような気もしてた(時のカードはアニメオリジナルカードで、クロウカード編では小狼が捕まえていた)
小狼羅針盤のシーンはアニメで初めて出たね。原作だと結構序盤だったのに。

しかし…あれは玉だった。最初も原作は玉だったけれど、4巻ではカードになってたんだよ…あれ、小狼が力が強くなったって事なのかな? いやでも、最初使った時、小狼が何か言ってて、使った所が見えなかったんだよな、原作。

続きを読む

孤立ゆえに広まったスイス名物料理とは? 367話感想 ヘタリア world stars

此花(このはな)です

今回はジャンプ+に連載されている”ヘタリア world stars"の367話の感想を書いていきたいと思います

367話は前回と同じく、スイスさんのお話。

「”そして時は、第二次世界大戦
 山間の中立国 スイスさんは窮地に立たされていた”」

「中立国ゆえ、周りからの支援は望めん。
 自国だけで何とかするのである」
スイスさんはいう
海ない場所だし、山間だから育てにくいときく

「最大の懸念材料は食料だな…。
 自国では農作物が多くは取れんのである…」

「沢山あるのは硬くなったパンとチーズくらいですものね…。
 あっ!そうだ…」
部下さんがつぶやく

「こうやって焼いたパンに溶かしたチーズを付けて食べると、
 美味しいんですよ」

それがチーズフォンデュか!

「おお!これなら古くなってても
 厭な顔せずに食べられるのである」
感心するスイスさん

「”こうしてチーズフォンデュ
 スイスの食卓でメジャーな食べ物になっていきました”」

「こうして食べるのも美味しいですね」
リヒテンシュタインはいう
「自国のものを好んで食べる、これもまた防衛の一環なのである」
「勉強になります」

チーズフォンデュ1800年代頃から登場するメニューなのですが、スイス・フランス語圏の一部のお金持ちが食べられる庶民には手の届かないものでした。

しかし1900年に入り、二つの戦争に巻き込まれたスイス。
自国にあるものがチーズしかねぇ!配給できるのがチーズとちょっとの硬いパンくらいしかねぇ!って時に提案されたのが「チーズフォンデュ」でした。

フォンデュを作りやすくなるレシピが開発されていたのもあり
(古いレシピは手間がかかる上に失敗しやすかったとか…)
軍隊、一般家庭などででフォンデュの普及活動が行われ、スイス全体で好んで食されるようになります

ちなみにこの普及活動 スイスの防衛にもなってるそうで、非常時に自国で調達できる食べ物だけでも、楽しい食卓を作れる環境と国民は強いのですね”

スイスさんは武装中立の国だからなぁ…。
食料調達や色々な事が自国で調達しなきゃ、安全保障にかかわってくるし

ここまで読んでくれてありがとうございました!
前回へ
konohana19.hatenablog.com
関連記事
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com

魔女っ娘役から始まる魔女と何か、&白澤様の爺っぽさ。と座敷童子たちの洋服が欲しい!第2話(15話)「魔女っ娘とは何ぞや&洋装道楽」 感想 鬼灯の冷徹 第弐期のその弐

此花(このはな)です

今回は鬼灯の冷徹第弐期のその弐の第2話(第15話)「魔女っ娘とは何ぞや&洋装道楽」の感想を書いていきたいと思います

マキちゃんの役である、どじっこ魔女から始まる。魔女とは何か。
まさかのマリンさん、野沢さんだった!失敗の多い女の子、というマリンさんもそうだって…(笑)単に年のせい…。

お話的に前半の方が長かったから、何か組み合わせてんのかな…。
白澤様、服のセンスないよね(笑)なんともいえない爺っぽさ……年齢的にはじじいだけどさ、顔は若いから違和感ある(笑)鬼灯様に言われた結果、白澤様やばいの着てたし

座敷童子ちゃんたちが洋服が欲しい、と言い出す話だけど、なんつーか、頼むのなら鬼灯様じゃなくて、女の人の方がいい気がしてならない。結果、なんともいえない服。子供っぽい感じが嫌だったのかな…(笑)結局、顔が人形みたいな怖さだから、洋服でも…って感じだった

続きを読む

さくらは透明なカードから”違う…?”と感じるが、何がちがうかわからない。クリアカード編4巻 感想 カードキャプターさくら

 此花(このはな)です

 

今回はカードキャプターさくらクリアカード編の4巻の感想を書いていきたいと思います

 

4巻のあらすじ

あらたなカードに導かれ、謎を求めてさくらは空を駆けぬける!

 

秋穂を眠らせた”ふわふわ”を追いかけ、またあらなるカードを手にいれたさくら。さくらはその透明なカードから、なにかを感じて…?

そんなある日、さくらは桃矢のバイト先を訪れます。いっしょにバイトをしている雪兎と話していると、2人は突然現れた迷宮に迷い込んでしまい―!?

 

アニメが追い付いて、ちょこちょこアニメで見た事あるカードとシーンがあったけれど、やっぱ漫画とアニメは別の軸として、進んで行く感じが面白い。

迷宮のカードは月(ユエ)さん回だったのか、と…アニメだとなかったのに。見てみたかったな…

続きを読む

チーズ作りの国・スイス。昔はハードチーズを食べなかったようで…?366話感想 ヘタリア world stars

此花(このはな)です

今回はジャンプ+に連載されている”ヘタリア world stars"の366話の感想を書いていきたいと思います

前回の続きで、スイスさんのお話。

「”スイスはチーズが有名な国です。
 もともと農作物を作れる土地が少なく、酪農が盛んなのもあり、チーズ作りは得意。その歴史は古く紀元前からチーズを作っていたとか…”」

”「スイスさんが作ったチーズは周りの国からも美味しいと評判で、 
 スイス=チーズ作りの国というイメージが定着していきました」”

「このチーズ美味しいよね。どんな料理にも合ってさ、
 あ~良いなぁ!
これスイスはいつも、食べてるんでしょ?」
そう、スイスにいうイタリア

「ふぅん…それ程うまいものなのであるかこれは」
スイスは言うのだった
「自分で食べないの!? 自分ちで作ったのに」
驚くイタリア

”昔のスイスは外貨を稼ぐ方法が少なかったので、作ったチーズは保存食分を残して、だいたい外国に売ってしまいました。
↑きれいに作ったハードチーズは輸出用だからスイスさんは食べたことないようです。

なので昔のスイス人は一部のフランス語圏の裕福層以外、それほどチーズばっかり食べていたわけではなかったようです。意外だ……。

輸出用に売って、ハードチーズをあまり食べたことなかったのか…。
確かに意外だ…

ここまで読んでくれてありがとうございました!
前回へ
konohana19.hatenablog.com
関連記事
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com