此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

女を愛でるために、一族は禁忌を犯す 第6話「花惑い(はなまどい)」 感想 蟲師 続章 

スポンサーリンク

こんにちは 此花(このはな)です

今回は、蟲師続章、第6話「花惑い(はなまどい)」の感想を書きたいと思います

第一印象は、人間って怖いって思う話でした。
まさきの声優さんが、最初から感情のないような声で話すので、どうしてだろう?と思っていましたが、最後で謎が解けました。

納得なんですけど、なんでそうなったんだろうって考える話でもありました。

さて、詳細な内容へと移りましょうか。ネタバレ注意です



旅の途中、綺麗な桜の大木があると聞き、ギンコはそこへ向かう。
道中、桜への道を聞いた少女は、痛みがなくなる薬をもらいに、その桜の大木のそばの家に向かうという。
しかし、綺麗な花を咲かせる桜の大木は、なぜか咲いていなかった。

少女は、ギンコと咲いていない桜を見た後、ギンコと別れ、例の家と訪れた。
その主人は、快く少女を迎え、家をあげた。

ギンコは、なぜ咲かなかったかと調べていると、幹に空いた小さな穴に泡みたいなものが存在していた。
これは……と思っていると、いつの間にか美しい女が木の下にいた。

声をかけるが、女は何も答えず、耳と目も聞こえないのかとギンコは思う。
そこへ、桜のそばの主人が「佐保(さほ)」と声をかけてきた。
女の家族か?とギンコは聞くと、親類だと主人は答えた。

女の名前は佐保(さほ)と言った。
やはり、目と耳が聞こえてないらしい。
大木の桜のさっきの泡みたいなのものを食べたんだろうとギンコは言う。

ここの大木の桜に憑いている蟲は、木霊(こだま)といって、人間が食べると、五感の感覚が鈍くなるという。
植物に憑くと、長く生き、魅力的な花を咲かせ、人を魅力する。
その主人は、痛みをなくす薬を作っているという家の主人。

しかも、代々主人の家は、庭師をしているという。

「まさか、木霊(こだま)を薬として使っているんじゃないよな?」

ギンコの質問に主人は
「この大木の桜は、代々大切にしてきた桜です。そのようなことに使うわけないじゃないですか」
佐保(さほ)を連れて、家へと入っていった。

その夜、大木の桜の泡みたいものを主人は採取していた。
主人は薬に木霊(こだま)を使っていた。

ギンコは、使わないほうがいいと警告するが、
「必要とする人たちがいる。あんたにそれを奪う権利があるのか?」
主人はそういいかえした。

仕方がないと言った様子で、ギンコは、先祖代々木霊についての資料を見せてくれないか?と主人に提案する。

主人はギンコを家に入れた。
それから、佐保(さほ)について、曾祖父から伝え聞いた話を主人は話し始めた。

曾祖父の若いころ。今から、80年前、大木の桜の幹の穴に赤ちゃんが捨てられているのを発見した。
その赤ちゃんは、餓えに耐えかねて、泡みたいなものを食べていたらしい。
そのせいなんだろうか、赤ちゃんは泡みたいものしか食べてくれなかった。

そして、佐保(さほ)の成長は遅く、30年たっても幼子のままだったという。

佐保(さほ)は定期的に病になり、そのたびに大木の桜は咲かない。

ギンコによると、木霊(こだま)を抜く方法はあるんだという。
ただ、木霊を抜けば、佐保(さほ)の寿命はあるかどうかわからない。

そのため、先祖が書いた資料を見せてもらうぞと、ギンコは資料がある場所へ行く。
そのころ、主人は、佐保(さほ)の元にいた。
佐保(さほ)は血を吐いていたからだ。

「時間がないっ」

家に泊まらせていた少女を訪ね、病床の母に飲ませる薬に副作用が出ないかどうか調べたいから、同じ血筋のあなたに飲んでほしいと薬を飲ませた。
それは、薬ではなく、睡眠薬だった。

佐保(さほ)の隣に少女を寝かせ、咳き込む佐保(さほ)に「もうすぐ楽になるからね」といった。
一方、ギンコは80年前以上の前の資料を見つけていた。
そこには、驚くべき事実が記されていた。

主人が、寝かせた娘の首に向かって、斧を振り下ろそうとしたその時、ギンコは部屋に駆け込んだ。
主人の一族は、80年前じゃなく、300年も前から、佐保(さほ)を育てていた。
身体がずっと生きているわけじゃなく、ほかの人間の身体を佐保(さほ)の首に付け替えて。

まるで、桜の接ぎ木のように。
佐保(さほ)を生きながえさせるために。
「人を殺す気か!?」

ギンコは主人に問う。
「佐保(さほ)はこんなに綺麗なのに……死ぬなんてもったいない」
と感情のない声でいう。

隙をついて、ギンコは少女を連れ出した時、ろうそくを倒してしまう
主人の家が燃え、近くに会った大木の桜が燃えそうになっていた。
主人は大切にしてた桜が!!とあせるが、桜は、急に満開の花を咲かせた。

いや、花ではない。木霊だ。
佐保(さほ)は、それと呼吸を合わせるように、身体が木霊になり、消えてしまった。

後日、焼けてしまった家にいた主人と佐保(さほ)の2人は、もう2度と見ることがなかったという。


狂気に満ちた一族の話というべきですかね?
感情がないようにしてたのが、それが理由か!って納得しました。

人間が一番怖いです。
そう思える話でした。

ま、まさか、佐保(さほ)生かすために、人を殺してたなんて……。
衝撃的でした。
魅力に取り憑かれた人、というか、一族の話ですかね。

恐怖というより、びっくりしました。
え!って、なったし。

声優さんを載せておきます

柾(まさき):宮本充
佐保:武藤寿美
佐保(子供時代):栗本有規

佐保(赤ちゃん):吉畑夏希
佐保の声:吉畑優子、平ますみ

うわぁ、子供時代と赤ちゃんと現代の佐保(さほ)の声優さんを全部変えてる!
すごい。こだわってんな。

なかなかここまでしないよね。週刊のアニメって。

次回は、特別番組 蟲語り。
? 何するんだろう。
総集編じゃないみたいだし。

ここまで読んでくれてありがとうございました。
特別番組の記事はこちら
化野役うえだゆうじさんは、一通り蟲師を見たことがない!? 蟲語第2夜 感想 蟲師 続章

今度は化野先生も登場!? 蟲語第2夜の内容判明! 6月27日放送! 蟲師 続章

製作秘話が聞ける!? 特別番組「蟲語」(むしがたり) 蟲師 続章

佐保の声優の秘密 蟲語【むしがたり】 感想 蟲師 続章

第5話の感想はこちら
「そんな寂しそうな顔をするなよ……」第5話「鏡が淵」(かがみがふち) 感想 蟲師 続章 

このブログの情報をツイートしています


ランキングを見る方はこちらにどうぞ

にほんブログ村 アニメブログへ

関連記事
農事に精を出す男は、その脈動と共に何かを刻み続ける あらすじ公開!第9話「潮わく谷」(うしおわくたに) 蟲師 続章

その能力をどう使うかはお前しだいだ 第9話「風巻立つ」(しまきたつ) 感想 蟲師 続章

日蝕む翳以来の化野(あだしの)登場!?場面カット公開! 第8話「風巻立つ(しまきたつ)」 蟲師 続章

5月30日放送は、「蟲語」の再放送です! ご注意を! 蟲師 続章

意のままに”蟲”を操り風を呼ぶ危うき少年は、己が為に往く。第8話「風巻立つ」(しまきたつ) あらすじ公開! 蟲師 続章

あんたは不幸な巡り合わせが起きただけだ。第7話「日照る雨(ひてるあめ)」 感想 蟲師 続章

蒼天から注ぐ雫が呼び起こす女の過去 場面カット公開!第7話「日照る雨」 蟲師 続章

その女は、雨を告げながら旅をする 第7話「日照る雨」(ひてるあめ) あらすじ公開 蟲師 続章

水面に写ったのは誰・・・? 第5話「鏡が淵」(かがみがふち) あらすじ公開! 蟲師 続章

闇がこんなに恐ろしいとは… 第4話「夜を撫でる手」(よるをなでるて) 蟲師 続章 感想

オトナアニメディアHYPERにて蟲師特集! 本日発売 蟲師続章

蟲師のBlu-ray&DVDが7月より発売決定!  蟲師 続章

蟲師のBGMを収録したCD「蟲音 続」 発売決定!! 蟲師 続章

ヒトと蟲の境にある脆弱なモノ? 第4話「夜を撫でる手」(よるをなでるて) あらすじ公開! 蟲師 続章

湖の中に雪が舞っていたんだ。 第3話「雪の下」 蟲師 続章 感想

男の頭上には常に雪が舞っていた  蟲師 第3話「雪ノ下」(ゆきのした) あらすじ

凶兆を知らせる蟲 蟲師第2話「囀る貝」(さえずるかい) 感想

光酒に似た酒をつくった男 蟲師 続章 第1話「野末の宴(のずえのうたげ)」 感想

生命の源ような人に見えない蟲 『蟲師 続章』ネット配信スケジュール公開!

第1〜12話の題名公開! 蟲師 続章

人でもない、動物でもない、虫と一線を引いた蟲と人との関わりのお話  蟲師 特別編「日融む翳」発売記念キャンペーン決定