読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

絶体絶命の時こそ、本気を見せる!咲羽と雅彦の本気?第86話「月正、約束ノ地ココニ」 感想 桃組プラス戦記 Asuka5月号(2017年3月発売)

スポンサーリンク

此花(このはな)です

 

月刊あすか 2017年5月号

新品価格
¥580から
(2017/3/29 16:41時点)

今回はAsukaに連載されている”桃組プラス戦記”の第86話「月正、約束ノ地ココニ。」の感想を書いていきたいと思います

 

f:id:konohana19:20170329153146j:image

 「絶体絶命の時こそ、本気を見せる最高のシチュエーション」

咲羽と雅彦の本気とは…?

見てて犬猿の仲な二人の本気は面白かったです

 

前回のあらすじ

7体中、5鬼目の桜鬼まで攻略に成功した裕喜たち。冬休みも終わり、咲羽の家から学園へ帰ってきた。しかし、新年明け早々、学園では生徒が何者かに血を吸われる事件が頻発していた。

 

裕喜たちはその犯人(吸血鬼)を捕まえることに成功し、その吸血鬼から衝撃の事実……愛譚学園の秘密を聞かされる。それは愛譚学園は鬼が守り、鬼が治める「現代の鬼ヶ島」だった。そして生徒会長が「鬼」の一族の頭領であった。

裕喜は生徒会長の情報を聞き出すため、鬼の新年会に潜入し、そこで生徒会長から「桃太郎」に呪いをかけた鬼ー「白」の鬼であることを知らされる。

さらに強引に生徒会棟まで連れてこられた裕喜は、「黄」の鬼だという副会長との戦いをいきなり強いられてーー。

 

一方、裕喜との連絡が途絶えてしまった咲羽・雪代・雅彦の獣基たちは途方に暮れていた。しかしひょこっと現れた羊原君から、ある道を通れば生徒会棟に行ける事を知る。ただしそれは妖怪が通う道だった。

 

獣基達は人間だとバレないようにお面をしていたが、ふとした拍子にお面が外れて、妖怪に取り囲まれてしまう。羊原君に助けを求めるがーー。

さて、本編の感想へ行きましょうか!

 ”「オレはそれがちょっと気にくわない」”

そういった羊原君

「君達なら桃園君を止められた。

 どうして一人で行かせたの?」

 

「気にくわないって怒ってんのか?」

咲羽はいう

「今そういうのやめてもらえます?お羊様!?」

「犬っ!」「羊に失礼だぞ犬っ……」

 

「どうする? 人…ケモ質取って逃げるか?」

咲羽が言うが、雅彦が”だっ、だめだ。やめなさい!”を止める

「逃げたくても、羊原君がいないと出られない。でも頼れない」

 

「それに」「この、槍っ!! だっ!」

雅彦に槍が襲い掛かる。

「暴れんなよ」

「さっき、見ただろう! ちょっとでも触れたこっぱみじんだぞ!」

 

魑魅魍魎の群れがおり、早く裕喜殿の元へいかねばならない…と焦る雅彦

「あっ」

何か思いついた顔をする

「何だよ…」

f:id:konohana19:20170329153159j:image

 鬼気迫った顔に咲羽は”何を”しようとするのかが分かる。

「げっ…お前っ…まさかーー」

嫌な表情をする咲羽

「魑魅魍魎が相手なら…これしかない!」

 

「絶っっっ対にいやだ!!」

拒絶する咲羽

「ほらっ、さらに仲間を呼んでるぞ! 覚悟を決めろ!」

 

その雅彦の言葉にいやそうな顔をしながら覚悟を決めた咲羽

「……さいあくだ…」

「ボクだってこんなの恥だ…」

二人はぼやく

本当に嫌そう(笑)

 

 二人は2つの印を結び始め…?

「! 何をする気!?」

羊原君は言う

 

「「戌」と「申」っていうのは「犬猿の仲」なんて言われて仲が悪いとされてしますが、本当は

 同じ音にある縁起をの悪い意味があるせいで、一緒にいると良くないとされ(主に商人達に)避けられそんな逸話ができたんですよ」

そう話す

なるほどなぁ…

 

「その通り、二匹寄ると発動できる合わせ技がある」

「去(い)ぬ」「去(さ)る」

f:id:konohana19:20170329153219j:image

 「「払う」力だ―ー」

二人はその力で魑魅魍魎たちを払う事に成功する

 

一方、雪代は

「(ずいぶん流されてしまいましたわ)」

雪代は思うが、追い払われた妖怪たちが落ちてくる

「(咲羽と雅彦があの技をーー。

 見たかった…)」

 

「(昔からどんなに頼んでも見せてくれなかった技……。

 それを使うなんて2人共ピンチなんですね…)」

なるほど、絶対に普段は使わない技なのか…(笑)

「(早く戻らないと…)」

 

雪代はなんとかして、裕喜様の所へとキョロキョロとする

妖怪に見つからないように避けながら

誰かにぶつかる

f:id:konohana19:20170329153247j:image

 「ごぉー、ろぉーく、しーち」

数える声がする

「はーち、きゅう、じゅう、

 もぅいいかい~?」

 

バ、バタフライさん!?

羊原君を救ったのもバタフライさんだし…

いてもおかしくないか

 

ここまで読んでくれてありがとうございました!

次回へ

konohana19.hatenablog.com

前回へ

konohana19.hatenablog.com

関連記事

konohana19.hatenablog.com 

konohana19.hatenablog.com

konohana19.hatenablog.com