読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

土地神”くくりひめ”にすそはらいをするように言われるかずや。その言葉に桐葉が拒否し、くくりと戦う事になるのだが…?第4話「土地神の試練」 感想 つぐもも

スポンサーリンク

此花(このはな)です

今回はつぐももの第4話「土地神の試練」の感想を書いていきたいと思います

第4話「土地神の試練」
あらすじ
土地神『菊理媛命(くくりひめのかみ)』に追い詰められるかずやと桐葉。かずやを庇い、必死に応戦する桐葉だが、その身体に異変が起きてしまう。
戦いの最中、気を失ってしまったかずや。その夢の中に、謎の女性が現れる

公式より
四本目 : TVアニメ「つぐもも」公式サイト

4話はくくりひめと戦いがメインでしたが、後半のお話に笑いました。
おさむ君……どういう趣味してるの(笑)
気になるなぁ…

さて、本編の感想へ行きましょうか!
”みなづち”というくくりひめの大技をくらう二人
桐葉の大技で何とか守り切った
「見たかくくり。これがわしの守りの奥義。
 かきつじ、つまごみの陣!」

そう桐葉が言うが、その術の代償は大きく

「桐葉さん!? 縮んでる!?」
驚くかずや
桐葉は幼い姿になっていた

もう一回、その技を受けたら持ちこたえられそうにない状況でも、桐葉はかずやが”すそはらい”になることを拒否し続ける。

どうしてそこまで……というかずやに桐葉は
”これがわしのいる意味じゃからだ!”
固く意志を変えようとしない

そんな態度にもう一度、かなづちを発動させるくくり
再び、二人に襲い掛かる
桐葉は守りの奥義で守ろうとするが、やはりもちこたえられそうにない
二人は水に飲まれた

気を失ったかずやは”おーい!”と起こされる

「やっす!」
知らない女の人がかずやを見下ろしていた
知らない空間に戸惑うかずや

「大変だったねぇ、みなづちだもん。くくりちゃん容赦なし。
 それにしても、桐葉ちゃんは無茶をするよ~。
 向こうは水上様だよ?これが本当の向こう見ず!」

「なんちゃって! ははは!」
一人で笑う謎の女の人
何だ…この人(笑)

「……帰ります。それどころじゃないので」
帰ろうとするかずやに止めに入る女の人
「実は折り入って頼みがあるの」

「桐葉ちゃんを助けてあげて」
「僕が桐葉さんを…?あの神様から?」
かずやはいう

「いやいや~彼女はあるくびきに囚われてるの。
 そこから解放させてあげてほしいの」
女性は言う
くびきって…”自由を束縛するもの”という意味

”強くおなり!桐葉ちゃんに守ってあげられるくらいにね”
かずやの力でこの危機を脱す方法を教えてもらうかずや

桐葉の真名はかずやが知ってるはずだからって、
着物の帯の名前だよねたぶん。

かずやは水の中で目が覚める。桐葉がなんとかかずやに空気を送っていたのだ
「帯に戻って桐葉さん。僕が君を使うんだ」
水から出たかずやは言うが、桐葉は言う事を聞かない

「主、加賀見かずやが命じる。
 原型に戻れ、あやさくら」

かずやがそう言うと、桐葉は強制的に帯に戻る

その行動に驚く桐葉だが、策がある、とうなづいたかずやを信じることにする桐葉
くくりはかずやたちに向かって、水の術を放つ
かずやは桐葉を使って、たてつづりを使って守るが、一回目は大きく失敗する
次は綺麗に術を跳ね返す

すると、くくりが大きな技の呪文を唱え始めた
水の蛇が目の前に現れる

”くくりちゃんはとどめに水の蛇を出してくるからね。
こうやって防ぐのよ”
女の人が言った言葉

かずやはまず”たてつづり”で盾を作る
「”愚か者! あれが盾一枚で防げるか”」
怒る桐葉

「水分り!」
盾を尖らせ、水の蛇を切り裂く

間もなく、くくりに向かってらせんつづりを発動させるかずや
くくりが氷の壁をつくると、
かずやは八重刃!と叫び、帯の枚数を強め、突っ込む!

その技に驚く桐葉
”この術は……”
たぶん、あの女の人が元々、桐葉の相棒だったんだろうなぁ…

くくりに攻撃があたったと思いきや、桐葉はくくりに捕まっていた
桐葉を人質にとられ、かずやは
「わかりました。加賀見かずやはすそはらいを引き受けます」
受け入れるしかなかった

だが、くくりが被っていたお面が外れ、

幼い少女が現れた

外れたら、声も雰囲気もまるで変わった(笑)
お面に依存してるって、そういう事か

その姿に大笑いする桐葉
さっきの仕打ちにくくりに仕返しをし始める桐葉だった
笑うわ、こんなの(笑)

くくりの狙いはかずやに桐葉を使役させる為だった
だからこそ、あんなことをしたのか

くくりの説明に狙い通りになってしまった怒りが爆発する桐葉
それで気が晴れたならいいんだけど…(笑)

その結果、神社の部分が破壊されたのは大変だなぁ…
くくりはどうするんだろう……お金がないし

一方、桐葉が縮んだことで服がない事に悩むかずや
心配したかずやに一緒に風呂に入ることにする桐葉さん

かずやをからかいながらも、”八重刃”を使った事を想う桐葉
”あの技はかのかの……”

”「ねぇ桐葉ちゃん」”
「ん?」

”「もしも…もしもね、わたしがいなくなったら、かずやをお願いね」”
「殺しても死なないようなやつが何を言うか」
桐葉はそう返す

”「いや?」
「あぁ、分かったよ。その時はかずやをわしが守ってやる」
桐葉は言う

「桐葉ちゃん、ありがとう」
そうお礼を言われた”

その結果、お風呂でのぼせてしまった桐葉
パタパタとうちわで体を冷やす

大好物のプリンを要求されるが、かずやは”のぼせただけでしょ”と意にかえさない。
だが、桐葉の着替えの服がない為、それについては悩むかずや

最初は姉にお願いするものの、変な勘違いが起きそうになったのでやめ、
幼馴染・ちさとにお願いする。とはいえ、すぐには持ってこれないという
そこで、友達のおさむに頼むことに

すぐに用意できると言われたので、
洋服を受け取るついでに大好物のプリンをかってくるかずや

おさむが持って来た服の中身が凄くて…(笑)
何故、スクール水着やら特殊な服ばかりなんだ!
資料用っていう言い方的に色々と…

絶対、おさむ君勘違いしてるよね
学校で”昨日はお楽しみでしたね”っておい(笑)
違うよ!絶対違うからって言いたくなった

ここまで読んでくれてありがとうございました!
前回へ
konohana19.hatenablog.com
関連記事
konohana19.hatenablog.com