此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

ついに小さい裕喜の正体が明かされる。そして、愛譚学園の最深部には何が?第93話「月正、約束ノ地ココニ」感想 桃組プラス戦記

スポンサーリンク

此花(このはな)です

今回は桃組プラス戦記の第93話「月正、約束ノ地ココニ」の感想を書いていきたいと思います

第93話「月正、約束ノ地ココニ」を読むなら、
こちらにリンクがありますので、そちらにどうぞ
(おそらく1か月限定配信だと思われます。次回が更新されたら、読めなくなると思います)
桃組プラス戦記 - Webで漫画が無料で読める!コミックNewtype

予想通り、第92話が読めなくなっていました…結構ありがちなので驚かない。
93話は驚く展開いっぱい。小さい裕喜の正体と共に愛譚学園の最深部が公開!
驚きすぎて、そのページで読む手、止まっちゃったよ

ある意味、私の予想が当たってて、色々怖い。

さて、本編の感想へ行きましょうか!
最初は羊原君が小さい裕喜の仮面をはぐところから
「本当の顔から見せてねェェ~」
小さいの裕喜の本当の顔に絶句する羊原君
「……え?」

場面が変わり―生徒会棟ー
あのバラと鎖2本がかかった謎の扉を生徒会長は開いて、中へと案内する
「”迷路のように、空間をめちゃくちゃに繋いで、
 音も気配も全て、全てを吸収してしまうような場所”」

「”ここは何? 
 こんな所に何を隠している―”」

最深部には大きな棒が立っており、2本の鎖がかかっていた
「ようこそ、愛譚学園の最深部へ」
生徒会長はいう

「なん…ですの。ここは――」
雪代が驚いたようにこぼした

そこには生徒会長とうり二つな白い髪と角が2本がある子供が眠っていた

そして、羊原君のまえにいたのは
「あの時、扉の奥で会長に見せられた…
 どうして君がここに…」
小さい裕喜の正体は生徒会長にそっくりな小さな子供だったのだ

前回言っていた裕喜の友達って、生徒会長なんじゃ…って。
ある意味あってたよ! 

場面が戻り、生徒会長と獣基たち
「この子は僕の双児(ふたご)の
 兄・白の鬼『白霓(しろにじ)』」

しろ、にじ?

「兄?」「こんな子供が?」
咲羽たちはいう

「そして、僕は――」
生徒会長の髪色は変わり、黒色に
「黒の鬼『涅人(くりひと)』
そう言うことだったのか。
この涅という字には”水底に沈んだ黒い土”という意味があるから、白鬼だとは思えなかったんだ


「白と黒の鬼は一対。陰と陽、始まりと終わりの鬼」
会長は説明する
じゃあ、あの答えは間違っていたのか…

「それじゃあ、会長はやはり「白鬼」ではなく、
 裕喜殿を呪った「黒鬼」で間違いないと…?」
雅彦は言う

「どうして黒鬼(ぼく)が白鬼の座にいるのか。
 どうして白鬼(あに)がこんな所に閉じ込められているのか。教えてあげる」
生徒会長はいう

17年前――
「”今代の鬼の護り手……白と黒の鬼が無事お生まれになりました―”」

「通例に従い、白家は白峰の家で、
 黒鬼は分家の黒峰の家でそれぞれ、育てられる」
「生まれてすぐ、引き離された。それを」

「まった。
 弟と引き離すのは止めてもらいたい」

「兄が止めたんだ」
会長は言う
は? 赤ちゃんがしゃべった(笑)

「まぁっ」
「え? いやいやいや、無理だろ」
「ホラーだ」
獣喜達はそれぞれに言う

「それがね、本当のことなんだよ」
ニコッと笑って会長は言う

”「彼は大切な片割れだ。引き離さないでもらいたい」”
すぐに大きさが少し変わり、大きくなった兄
「白鬼がおっしゃるのなら…」

「”白鬼はすべての鬼を掌握し、統率する為、成人するまで精神と身体が倍以上の速さで成長する。
 兄は歴代のどの白鬼より早く育ち、かしこく強かった”」
「”僕は”」

「おに~~ちゃ~」
兄に駆け寄ろうとすると、べちゃとこけてしまう
「大丈夫か?」
「うん…でも………いたい」
半泣き
その現象は変わらないのか(笑)

「”兄を心から慕っていた。僕らは一対の白と黒……ずっと一緒にいられると信じていた。
 でもそれは、僕が6つ、他の鬼の子たちは5つ”」

”「こんにちは、ぼくのかわいい子鬼さんたち」”
宵藍にそう挨拶をする兄・白霓

”「兄が13の年に起こった」”

もしかして、初代と同じような状況にさせられるんじゃないよな…。
今代だけの話なのか…?

あの生徒会長が持っていた写真は兄との写真だった。
しかも、生徒会長は白の髪の人ではなく、黒い髪の子だったんだね…
名前を入れ替えたわけじゃないけど、成り代わっていたわけだ。

そして、どうして裕喜の心の中にいるんだ…?
つまり、裕喜の小さい頃に白霓に出会っていたってことになるけど…わけがわからないよ。
何故、敵側のはずの裕喜と友達になったんだろう。どうして、心の健康を守ることになったんだろう。

疑問がいっぱいだ!
ただ、今代の白鬼だけじゃなく、初代から同じように13の年に起きるのだとしたら、友達の裕喜にまた会うために約束をしたのではないかと思った。その為、裕喜の心の健康を守っている。
友達に会うために、弟・涅人に会うために、とか?

そんな話だったら、複雑すぎるぞ!
色々難しい…続きが見たい!

ここまで読んでくれてありがとうございました!
次回へ
konohana19.hatenablog.com
前回へ
konohana19.hatenablog.com
関連記事
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com