此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

正太郎が刺された!?動揺する櫻子さんだが、設楽への手紙を手掛かりに調査を続行する。そして、ついに花房の正体がわかる!第9話感想 櫻子さんの足元には死体が埋まっている

スポンサーリンク

此花(このはな)です

今回はドラマ版・櫻子さんの足元には死体が埋まっている、第9話の感想を書いていきたいと思います

第9話 あらすじ
九条櫻子(観月ありさ)は、臼渕沙月(櫻井淳子)に刺された館脇正太郎(藤ヶ谷太輔)のために救急車を呼び止血も行った。しかし、正太郎の意識は遠のいていった。

正太郎不在のなか、志倉愛理(新川優愛)ら博物館スタッフは通常通り働いていた。そんな折、磯崎齋(上川隆也)にオーストラリアの博物館への引き抜きの話が持ち上がる。

櫻子は、アトリエに閉じこもり、ろくに食事も取ろうとしなかった。そこへ、沢梅(鷲尾真知子)が設楽眞理(柴俊夫)宛ての書類を持ってくる。そのなかに、山路輝彦(髙嶋政宏)の弟・陽介から設楽に宛てた手紙があり、30年前に神奈川県藤浦市で見つかった「頭部のない白骨遺体」についての新聞記事も同封されていた。

一方の山路は、20年前に起こった沙月の姉・日和の殺害事件の再捜査を申し出るが、係長(ヨシダ朝)に一蹴される。近藤卓也(細田善彦)は、自分たちを事件に介入させない力が働いているのでは、と山路に話す。

そんなところへ、沙月が来て、自分が日和や仁村聡を殺した、と自供を始める。沙月の背後に黒幕がいるとにらむ山路は、その存在を聞きだそうとするが、沙月は自分ひとりの犯行だと主張する

その夜、櫻子の邸宅に山路がやってくる。櫻子は、陽介が設楽に託した記事や資料を見せ、陽介は、20年前の「蝶形骨」を抜き取られた事件と30年前の事件が同一犯によるものだと疑い捜査を訴えたが、署内で退けられたのだろう、と話した。

公式より
櫻子さんの足下には死体が埋まっている | ストーリー - フジテレビ

原作では花房の正体(蝶形骨消失事件の犯人)を明かされていないので、ドラマ版ではどういう風に展開していくのか、楽しみにしていました。
今回、花房の正体がわかったのですが、最初からちょっと疑っていた人がそうだったので、なるほどなと。(原作には全く影響がなさそうだし)

設楽先生の記憶喪失の謎も納得しましたしね

さて、本編の感想へ行きましょうか
最初は前回の続きから、正太郎を刺した臼渕沙月が花房の所で電話
”「もしもし、ごめんなさい、取り返しのつかないことを……。全部あいつのせい……あの女さえいなければ……。
 でも心配しないで、分かってる……。自分が何をすべきか…」”
そう言って、ガチャンと公衆電話を切る沙月

2週間後――
正太郎は明日、退院することになっていた。
さいわい、臓器損傷はなかったためだ

刺された時の事を思い出す
”「心配するな。すぐに救急車がくるからな」
意識もうろうとする正太郎に語りかける櫻子さん
「そうだ! 面白い話を聞かせてやろう。キリンの首の数はいくつあるか分かるか?」

正太郎は意識もうろうが続く
「正太郎! お前まで死ぬな!頼む!」”
そう必死に言っていた櫻子さんの姿

博物館では夏休みの企画で
志倉さん演出で劇の練習をしていた。

そんな折、磯崎さんにオーストラリアの博物館への引き抜きの話が持ち上がる。
自分の教え子の事もあり、断ろうとする磯崎さんだが、
心機一転はかるのも選択肢の一つですよ、と館長からアドバイスされる

場面が変わり、正太郎が入院している病院へ志倉さんがお見舞いにやってきた。
正太郎が好きなカップ麺をお土産に。

志倉さんによると、博物館にも櫻子さんは来ていないと言う。
正太郎の元にも櫻子さんは来ていなかった

気にしちゃっているのかな…とそういう正太郎に志倉さんが櫻子さんの行動について、
話してくれた
夏休みの企画用にアンコウの骨を取りに行っているのだ、と。

アンコウを取りに行く櫻子さんにめっちゃ笑った。
漁師さんに交じって、取り合ってるのが凄くウケた

”もう二度と、危険な事はしないと約束してください”
志倉さんはそういう
ドラマ版の相関図で志倉さんと正太郎のああいう感じの図が出てたけど、どうなるんだか

話が変わり、この病院に櫻子さんの叔父・設楽教授が入院していると、
志倉さんがいう

櫻子さんがアンコウを取りに行っていたのは
”一週間前、ばあやが設楽眞理宛ての書類を持ってきてからだった”

アトリエに閉じこもり、ろくに食事も取ろうとしなかった櫻子さんだが、設楽宛の書類の中に山路の弟・陽介から設楽に宛てた手紙があり

30年前に神奈川県藤浦市で見つかった「頭部のない白骨遺体」についての新聞記事も同封されていた。
”藤浦町で臼渕日和の事件に類似した案件を見つけました。帰ったら相談させてください。ご報告まで 1997年9月12日山路陽介”

こうして、神奈川県藤浦へとやってきた櫻子さん。
漁師たちに話をきく
死んだ主婦の不倫相手が犯人で。その犯人は事故で死んだという
事故ってのも変な話で、ある噂が立っていたらしい

一方の山路は、20年前に起こった沙月の姉・日和の殺害事件の再捜査を申し出るが、係長に一蹴される。近藤卓也は、自分たちを事件に介入させない力が働いているのでは、と山路に話す。

そんなところへ、血の付いたナイフを持っている沙月が現れた。
自分が日和や仁村聡を殺した、と自供を始める。

場面が変わり、正太郎は設楽教授の入院している部屋を訪れる
「そうか、君か。
 櫻子に巻き込まれて、お腹を刺された少年というのは」

「色々違います。自分から飛び込んでいったので、自業自得というか……
 それにあの、少年じゃありません。26歳なんで」
「いずれにしても、多大なる迷惑をかけました」

どうしてそんな事態になったんだ?と設楽教授はいうので、
正太郎は櫻子さんが調べている20年前の事件があって
「どうやら僕を刺したのはその犯人らしいんです」

正太郎はその事件の事を聞くが、
設楽教授は4年前の転落事故で後頭部を強く打ち、事件の記憶を忘れていた。
「けがをしてまで、櫻子を守ってくれてありがとな」
設楽教授はいう

「あぁ、いえ……返って櫻子さんを傷つけてしまったの、かなって……思うんです。
 僕の一件があって、弟さんの事を思い出させてしまったのではないかなって」

「メキシコサラマンダー」
「え?」
「知ってるかね? 別名・ウーパールーパーといってねぇ。
 けったいな見た目の生物だ」

「私はよく、櫻子をあの生物に例えるんだ」
「櫻子さんを、ですか?」
ちょっぴり戸惑う正太郎

「奴はあんな見た目をしているが、再生能力は非常に高い。手足を欠損してても、ひと月で元に戻ってしまうんだ。櫻子のタフさはウーパールーパーに匹敵する。そんな事言うと、怒られてしまうが」
「でしょうね」
2人で笑い合う

「が、そんなタフな櫻子の、内面の痛みに気づくとは……。君は稀有な存在だね。
 櫻子の事、よろしくね」
設楽教授はいう
「あ……」

場面が変わり、警察署。
沙月は日和の事が嫌いだったという。自分が日和や仁村聡を殺した、と自供を始める。
沙月の背後に黒幕がいるとにらむ山路は、その存在を聞きだそうとするが、沙月は自分ひとりの犯行だと主張する近藤さんが”山路さん”とたしなめる

その夜、九条邸を訪れる山路さん
櫻子は山路に対して、設楽教授へ送られた手紙を見せた。

陽介は藤浦町での頭部のない白骨遺体との関連を疑っていた。
その犯人は車にひかれて死んでいる。

陽介は20年前の「蝶形骨」を抜き取られた事件と30年前の事件が同一犯によるものだと踏んでいた。
頭部だけ持ち去ったという事は、蝶形骨抜き取る技術が不完全だった可能性が高い。
「おそらく、これが最初の事件だろう」

だが、当時の捜査資料には弟が藤浦に行っていたなんて、載っていなかったという
「当時地元では、
 容疑者となった浮気相手を引いたのは警察車両だという噂が立った」

弟・陽介は20年前の事件と30年前の事件の同一犯の可能性から捜査を訴えたが、署内で退けられたのだろう、と櫻子さんは推測する

正太郎の退院の日―
ドキドキしながら、博物館に入ると、トラブルの最中だった
”おかえり”と言ってくれたのは磯崎さんだった

一方、櫻子さんは藤浦で、聞き込みをしていた。
殺された小山内恵子さんの息子も母親の後を追うように自殺したのだという
ただ、息子の方は母親と相当仲が悪かったらしく、当時驚いたと。

夏休み特別展の手伝いを磯崎さんとする正太郎だが、
櫻子さんの展示を見て考えてしまう

九条さんに退院の連絡はしたの、と磯崎さんに聞かれ、正太郎は首を振る
「…どうして?」
「……どんな顔してあったらいいか、分からなくて」

その後、磯崎さんは九条邸を訪問する
お土産に三つ葉を持って。
櫻子さんはアンコウの骨を取っていた

「九条さん、実は謝らないといけない事があるんだ。
 館脇くんの事」

”「櫻子さん、僕の事、名前で呼んでくれたこと、なくて…
 いまだに少年って」
そう言う正太郎に磯崎さんが

「九条さんは大切な人を失う悲しみを知って、だからあえて深入りしない。
 それが彼女なりの愛情なんだろうな」”

「それで館脇くん、九条さんの事を守らなきゃって強く思ってしまったんじゃないかな。 だとしたら、責任の一端は僕にあるから」
「お前のせいではない」
櫻子さんはいう

「……会いに行かないの?」
磯崎さんの問いに櫻子さんは
「…どんな顔して会えと言うんだ」

「面白いね、二人して同じこと言うんだ」
磯崎さんは感心そうに言う

「……そんな難しく考えることないんじゃないかな? 
 僕が言うのはなんだけど、思ったこと正直に行動すれば……」
「…その結果がこれだ」

「ここへはもう、来ないでくれないか。
 依頼を受けた仕事は必ずこなす。
 約束する。だから、一人にしてくれ」
櫻子さんは言う
やっぱり、櫻子さんは突き放すんだ……

「……わかった」
磯崎さんはそう言って、櫻子さんの部屋から去ろうとするが、ある事を思い出して戻って来る
「あんまり知られてないんだけどね、三つ葉って花も咲くんだよ。
 花言葉は……意地っ張り」
意地っ張りか…(笑)櫻子さん

場面が変わり、警察署
再び、臼渕沙月の聴取を行っていた。

その中で、山路さんがあの山路陽介の兄だと気づいた沙月が
「……似てないのね」
「あ?」

「山路陽介さん、あなた、彼のお兄さんなんでしょう?
 優秀な刑事さんだったわぁ……せっかく姉を自殺に見せかけて殺したのに、
 彼だけがそれを他殺だと気づいた。私が犯人だと思わなかった」
めっちゃ煽られてる……

「彼、私の為に泣いてくれたの。お姉さんを亡くして辛いでしょうって、自分にも兄がいるからわかりますって。
 可哀想な妹を演じてやったら、一気に感情移入してきて」
沙月の言葉に近藤さんが止めようとする
「やめてください!」

「力になりたいって言いだした」
その言葉に山路さんが立ち上がる
「すっかり気を許して、油断してる隙に睡眠薬を飲ませた」

「一旦でましょう」
山路さんを押さえようと近藤さんがそう提案する
「弟に何をした?」

「浴槽に沈めたのよ。
 苦しそうだったぁ~死にたくない~許してくれ~」
その言葉に激高する山路さん

沙月に掴みかかる
3人がかりで何とか聴取室から山路さんを出す

場面が変わり、設楽教授の入院部屋に櫻子さんが訪れる
正太郎の事を良い青年だと、評する設楽
「あいつは私の身代わりになって、刺された。私と関わったばかりに……」

「お前の悪い癖だ。
 物事を推しはかるには目の前の事象だけが全てではないと、何度も言ってるじゃないか。頭じゃなくて、心で考えんだよ」

「そういうのはめんどうだ」
櫻子さんは言う
「面倒だから面白いんだよ。
 …失った骨は拾いに行け。単純な話だろう」

そんな所へ設楽教授の弟子である青葉英世がお見舞いにやってくる
櫻子さんとは弟子仲間という関係性らしい

場面が変わり、博物館―
正太郎は磯崎さんから櫻子さんの言葉を聞く
「もうここには来るなって言われちゃった」

「また一人になろうとしてるみたいだよ」
そう聞き、正太郎は……

一方、再び山路さんが九条邸へ訪れる
櫻子さんに呼び出されたらしい

「調べていた事件の被害者の息子が服毒自殺を図っていた。しかし、おかしな点がひとつある。自殺した息子は母親の事を酷く嫌っていたそうだ。それなのに、母親の死後、自殺すると考えにくい」

「もしかしたら息子が母親を殺害し、口封じのために自殺に見せかけられて殺されたんじゃないのか。
 二村の時と同じように」

「やっぱりこの事件には同じ黒幕がかかわってたって事か」
山路さんは言う
「使われた毒物の情報が知りたい。二つの事件を結びつける証拠となるかもしれない。二村聡の検視を行った監察医の名前は分かるか」

「四ノ宮大学の青葉准教授だ」
山路さんは言う
「なら、話が早い。
 検視結果を見せてもらえないかと私から頼んでみる」

櫻子さんは山路さんの様子が変なのに気づく
山路さんは臼渕さつきが弟の殺害を認めた、という話をする。
”自分を押さえられなくなった……ったく情けねぇわ”

そんな時、嬉しそうな様子にばあやが駆け込んでくる
正太郎が訪ねてきたからだ

戸惑った様子の櫻子さん
「……ケガはもう大丈夫なのか?」
「あ、はい! この通り元気になりました」

「そうか……すまなかったな。
 だが、仕事があるんだ、帰ってくれ」
櫻子さんはその場から離れようとする

「待ってください! なんで博物館に来ないんですか?
 みんな待ってますよ、櫻子さんのこと」
「またそうやって、一人になるつもりですか?」

「距離を置けば、もう誰も傷つけなくて済む。
 そう思ってるんですか?」
「お前には関係ない」

「僕は! 貴方の弟さんじゃありません。
 僕が刺されたのも貴方のせいじゃありません」

「きっと弟さんもそう思ってます」
「お前に何が分かるんだ!」
櫻子さんは言う

「分かりますよ。
 ……人って、優しくされたり大事にされたりすると、同じだけ相手の事を大事にしたいって思うじゃないですか。弟さんも、きっと今の僕と同じ気持ちだったと思います」

「だから……何もかも自分のせいだって思わないでください」
正太郎が言うと、櫻子は出て行ってしまった

山路さんと磯崎さん、と3人だけになってしまった部屋
「……怒らせちゃいましたかね」
正太郎はつぶやく

「そう、か……」
山路さんが納得した声をあげた
「そうだよな…」
「山路さん……?」

「俺、大事なこと忘れてた…。俺にも弟がいたんだけどよ。
 もうずいぶん前に死んじまったけど……」
「え…」

「弟の死が辛すぎて……何で死んだんだ、どんな思いで死んでったんだって、そんなことばかり考えてた」
「一緒に、生きてた時間もちゃんとあったのに……」

「確かに、死んでしまった人として覚えているより、
 生きていた人として思いだす方が、亡くなった方もうれしいかもしれませんね」
磯崎さんは言う

「なんか、悪いな。しんみりさせちゃって……」
山路さんが謝る
正太郎が謝り、磯崎さんが謝って、山路さんはその事件の犯人を捕まえると豪語し始める

そんな盛り上がるのを部屋の外で聞く櫻子さん
ばあやにばれてしまい、他の部屋と入る

「……皆なんだかえらく盛り上がってお帰りになりましたよ」
「とんだ迷惑だ」

「随分、頼もしくなられましたね。私たちも、前に進まないと。
 亡くなった祥太郎ぼっちゃんに叱られてしまいますね」

そう、ばあやがいう

そして……次の日―
櫻子は青葉監察医に協力を得るため、家から出ようとしていた
そこに正太郎はいた

「何をしている?」
「あの……事件のこと調べるなら、僕もついて行こうかなって」
祥太郎は言う

「ついてくるなら、これを読んでからにしろ」
すれ違い際にノートと資料を渡される
その言葉にひと間、理解が出来ない正太郎
「……いくぞ、正太郎」

「……はい!」
嬉しそうに返事を返す
櫻子さん、ようやく名前を呼ぶように……

一方、山路さんは再び、臼渕さつきへと会いに来ていた。
「もう一度、弟の最期を聞かせてくれ」

睡眠薬を飲ませて、それに気づかず、浴槽で倒れたの。そして、そこにゆっくりと水をためていった、ひたひたとね。
 朦朧とする意識の中、助けてと叫んでたわ」

「山路さん、こんなこと訊く必要ないです」
近藤さんは言うが
「いいから、黙ってろ」

「エリートも形無しね。みじめったらなかったわ~」
臼渕さつきはいうと、山路さんはバンっと机をたたき、突っ伏す
「いい加減にしろ。
 俺はあいつの兄貴なんだよ。あいつが生まれた瞬間から見てきたんだよ」

「お前なんかより陽介の事、
 よっぽどよく知っているんだよ」

「美しい兄弟愛? 嘘くさいわねぇ」
臼渕さつきは言う
「弟は大嫌いだった。
 頭が良くて、人望も厚くて、あいつのせいで俺はダメな息子の方って言われ続けた」

「…私たち、似た者ね」

「ちげぇよ!
 兄弟ってのはよ、好きとか嫌いじゃねぇんだよ。生まれた時から関係が出来上がってんだよ。同じ飯食って、同じ家で寝て、起きて、お互いの存在を背負いながら生きてるんだよ」

「そんな俺が断言する。あいつは、死ぬ間際に助けてとか、許してとか言うはずねぇ、絶対に。あいつは、全て自分が招いた結果だって、潔く向き合って覚悟決めて、死んでったはずんだよ」

「呆れるほど真っすぐなそういう奴なんだよ!
 お前の挑発なんて乗らねぇ、俺の弱点なんてさせねぇ」
山路さんは宣言

正太郎は蝶形骨消失事件の詳細を知る
櫻子さんは当時の同級生に話を聞きに来ていた

蝶形骨、という言葉に聞き覚えないか?
櫻子の言葉に同級生は反応する
「え?」

「いや、前にも刑事さんに同じ質問されたんで……」
「何を言ったのか、覚えているか?」

「大した話はしてません。中学の時にやった肝試しの話です。
 ちょっと変わった奴がいて、自殺者が出る山林に人間の遺体を捜しに行こうって言いだしたんですよ」

「人間の頭の中に蝶形骨って言う綺麗な骨があるから、
 取りに行こうって」

「そいつは今どこにいる?」
櫻子さんが言うと、その同級生は事件の後、いなくなってしまったという。

その同級生は事件の犯人であった息子だったのだ。
その為に居づらくなって、町からいなくなったのだろう、と

その男の名は間宮すぐる。
櫻子さんは山路さんに間宮すぐるの行方の捜査を頼み、正太郎は監察医の所へ行くことになる。

櫻子さんは警察署へ行き、間宮すぐるの行方が判明。
彼は名前を変えていた

改名した名は青葉英世(あおばひでよ)

そう、それは正太郎が会いに行った監察医・青葉英世だったのだ

これで設楽教授が記憶を忘れてしまった理由が読めてきた。
転落事故が本当に事故だったかどうかも疑いが出てきた。

ここまで読んでくれてありがとうございました!
前回へ
konohana19.hatenablog.com
関連記事
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com