此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

あらすじ公開!展開を予想してみる。第3回「ルイシャ贈り」 精霊の守り人最終章

スポンサーリンク

此花(このはな)です

今回は精霊の守り人最終章の第3回「ルイシャ贈り」のあらすじが公開されたので、それについて書いていきたいと思います

第3回「ルイシャ贈り」
あらすじ
バルサ綾瀬はるか)とチャグム(板垣瑞生)は、カンバル王国のヨンサ氏族領で医術師を続けている叔母・ユーカ(花總まり)を訪ねる。突然現れたバルサを姪だと信じられず戸惑うユーカに、バルサは、ジグロに育てられた経緯を話す。

そして、ユーカの計らいでヨンサ氏族の長老・ラルーグ(武田鉄矢)にルイシャ贈りの儀式について教えを請う。そんな中、バルサは再び捕われ、カンバル国王・ログサム(中村獅童)に対面する。

公式より
第3回 「ルイシャ贈り」 | あらすじ | 精霊の守り人 最終章 | NHK大河ファンタジー

前回はほぼ過去編でバルサの叔母・ユーカの診療所へ向かったところで2回は終わりました。
流れとしては闇の守り人の流れと同じ。
やはり、ユーカさんの計らいでラルーグに会うんですね

ルイシャ贈りの儀式について、どこまで語られるかはわかりませんが、カンバル人だといえ、一部の人間にしか体験できない儀式。ジグロだって、バルサに一切語っていませんでしたから。知るには儀式に参加するしかない。チャグムはやはり、役割としてはカッサと同じなんでしょう。

あらすじに書いてある、バルサは再び囚われ…とはチャグムは含まれるんだろうか?
ログサムとバルサが戦うシーンは見た事があるので、会うとは思ってましたけど。
チャグムの望みはカンバル王に会うこと、だから、一緒に行くのかな?

ログサムはバルサに対して、山の王を倒すことと同盟をする事を同条件に挙げるのだろう。
それをバルサは了承せざる負えず、ヒョウル(闇の守り人)を戦うことになる

ログサムはバルサが恐ろしく強いことに興味を抱いてたからね

タンダの話やタルシュの話の入れるタイミングが分からないから、なんとも予想しにくい。
緒戦が行われるのはバルサたちがカンバル王国にいる間なのは時系列的にわかるから、闇の守り人の間にやるのだろうけど…そろそろコチャとの出会いもやるんだろうね

記憶が曖昧なので、正確かわかりませんが、タルシュの王子たち、という章がカンバル王国編であるんですが、それで二人の王子たちの関係性が分かります。そして、タルシュという国柄も。皇帝を頂点とし、太陽宰相が補佐につく。

とはいえ、ロタ王国がハザール王子の権益になっていない以上、ラウルとハザールが争うシーンとかないよな…。あるとしたら、”病床にある皇帝陛下が次の皇帝を選ぶ権利を太陽宰相に預けるといったシーンとか?”このシーンは新ヨゴ国編の話だった気がしますが。

太陽宰相の名前が曖昧で、アイオルさんだっけ…。
ラウルとハザール、どちらを皇帝にするか、考える為、枝国(属国)の運営の仕方で決めると言い出すシーンがある。それを予想できた人間と出来なかった人間がいる。ヒュウゴはそれを予想していたから、ある賭けに出たんだよね。

それがドラマ版でもあるかどうかがよくわからない。
ラウルさん、戦場に出るみたいだし…(おそらく都攻めの時だと思われる)
ヒュウゴはわからないのだけどね

そもそもドラマ版・ハザールどころか、皇帝陛下や太陽宰相も出てきてないし…。
ラウルの立場というものを示すにはこの人たちが重要だと思うのよね
予想は出来るけれど、ドラマ見て、あぁこういう構成にしたのか!って瞬間的に直観するものあるしなぁ…

放送日を楽しみにしています
ここまで読んでくれてありがとうございました!
前回へ
konohana19.hatenablog.com
関連記事
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com