此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

羊原君VS謎の少年!夢の中で、裕喜を守ってくれた謎の少年は”約束”があるから、裕喜の心を守っているというのだが…?桃組プラス戦記 18巻の記事まとめ

スポンサーリンク

此花(このはな)です

今回は桃組プラス戦記の18巻の記事のまとめをしていきたいと思います。

桃組プラス戦記 第18巻 (あすかコミックス)

新品価格
¥454から
(2018/7/20 11:36時点)


今回の表紙は撫子と宵藍(シャオラン)ちゃん。
桃太郎組が終わったら、今度は鬼組続いている。二人組が続くけど、次誰なんだろうなぁ…あっ、白霓とかあっても面白いよね、会長との二人組で。

18巻のあらすじ
夢の中で、羊原君VS謎の少年!?

副会長の策略によって、裕喜は「夢の中」へ――
しかし、そこにいたのは裕喜そっくりの少年だった。
「約束」があるから、裕喜の心を守ると言う謎の少年。
そこへ、突然羊の大群が襲ってきてー


konohana19.hatenablog.com
第91話となっていますが、書籍では第八十二話となります。
獣基たちターンのお話、裕喜を探すため、迷路のようになっている生徒会棟を進むの話。
鬼達の部屋が見られるのだけど、紅と宵藍ちゃんの部屋がまるっきり一緒って言うのは笑う

そしてそして、裕喜はついに羊原君がつくった夢に飲み込まれてしまうのであった。
konohana19.hatenablog.com
第92話となっていますが、書籍では第八十三話となります。
獣基たちは裕喜と再会するのですが、裕喜は突然、雪代に切りかかってしまう。

正体は一目瞭然なんですが、副会長が操る”糸”です。
雪代と咲羽は裕喜の首に刃物を向けられ、理性が焼き切れる寸前。それを止めたのは雅彦でした。冷静に、僕たちに望む事は何か?と。
裕喜を使って、何をしようとしてたのかはまだちょっと分からないけれど、ある場所へ獣基たちを案内するというのです。

一方、裕喜は羊原君がつくった夢に飲み込まれたのだが、違和感ある夢だと謎の少年が割り込んできて、何回も助けられます。裕喜そっくりの少年はナース服やら、色々とコスプレが見れます(笑)

ただ、その夢の断片の中で”あいつらを……けて……くれ”と何度もノイズが入ります。それが一体、何かは少しずつ明かされていきます(明かされたのは最新話97話にて)

ついに咲羽たちの夢で裕喜は完全に夢の中に閉じ込められてしまう。羊原君は自分がつくった夢に干渉できる謎の少年の正体を明かそうとする
konohana19.hatenablog.com
93話となっていますが、書籍では八十四話となっています。
一番最初に羊原君が謎の少年の正体を見る。と同時に獣基たちは愛譚学園の最深部に到着していた。

そこにいたのは会長にそっくりの小さな鬼。
同時刻、裕喜の夢の中にいた謎の少年の正体は、愛譚の最深部にいた白い鬼とそっくりだった。

会長から明かされるのは彼が双子の兄・”白霓(しろにじ)”と。
会長の本来の”色”は黒、ということ。髪も黒色へと変わる
白と黒・会長と白霓は一対の鬼だという

ここで一番気になっていた、会長の名が涅人、の意味がここでようやく色と一致したんだよね。この涅という字には”水底に沈んだ黒い土”と言う意味があるんだよ。だから、裕喜の問いに”白”と答えたのは嘘だった。

そして、何故、会長は白鬼として、成り代わっていたのか。
会長の口から明かされるのことになるのだった。

双子として生まれた白霓が生まれて早々、しゃべったのはめちゃくちゃ驚いた。
白鬼は鬼の頭領として育つため、一般の鬼よりも数倍速く育つのだという。本来は白霓と涅人、別々に育てられるのだが、白霓が止めたため、一緒に育てられることになった

事が起こったのは涅人が6つ、他の鬼が5つ。白霓が13の年に。
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
94話と95話となっていますが、原作では85話になっています。前編と後編、合体したのか。涅人の目線のお話です。

鬼側、桃太郎側、双方幸福にならない戦い。
一応、生まれたのは一緒なのに、成長の差がある涅人と白霓。
いつも一緒にいる白霓と涅人

小さい宵藍ちゃんが
”前にみたいに一緒にいられないのは寂しい……。紅ちゃんに嫌われたくない
”と言っているシーンや

白霓が”何か欲しいもんあるか? 何でも出してやるぞ”と問いかけに小さい撫子ちゃんが
”…桃太郎。今度こそ……私を覚えてる。モモ……タロ…”
と言っているシーンが切なくて切なくて……

白霓の上に”誰か”がいて、いつも報告しにいっている姿を見ていた涅人
ある日、突然の光と怒号が聞こえ、心配してきた涅人の目の前には何かに貫かれた白霓の姿があったのだった。

それをやったのは白霓がいつも報告している”何か”で。
その何かは自分を”すべての鬼を作った存在”と言うのだった。役割を履き違えたから、白霓はだめになった、と言う何か。

この時の涅人の気持ちを考えると、辛い…。
兄を殺した犯人への怒りと白霓が残した”役目を、頼む…”、そして失った悲しみ。
気持ちがぐちゃぐちゃになりながらも、兄の為に”白鬼”になる事決意するのが悲しい…

小鬼達(撫子ちゃんたち)の記憶を消し、
箱庭(愛譚学園)を放り込むことを実行する涅人
konohana19.hatenablog.com
第96話とかかれていますが、書籍では86話となっています。
羊原君は何故、会長の兄・白霓が裕喜の心の中にいるのか、と問いかけます

今度は白霓視点での、何があったかが語られます。
前回の涅人が会った何かは鬼の仮面に一時的に依り代にしていた。

白霓の役目は3つほどあるのだが、一族の統率、小鬼達の教育、は問題なし!
最後の一つは仮面に読み聞かせをすること。
白鬼は桃太郎との戦いの様々な記録を記憶しており、その仮面はその読み聞かせするように要求するのだ。白霓は嫌でしょうがなかった…。

特に好きなのが”桃太郎との対決”。
恐ろしく桃太郎に執着している様子の鬼の仮面。

この話で可愛いのは桔梗君です。CDを聞くために木から降りてこない桔梗くんを小鬼達と一緒に捕まえるのですが、白霓が"愛してるぜ! 桔梗”と。
その後の照れた顔が可愛いです

白霓が何故、仮面に怒ったのか。事の始まりは仮面がつくらせた「学園」に小鬼達を放り込めと言われたことでした。

小鬼達の未来を憂いていた白霓は
”どうか…あの小鬼達をお赦し下さい。あの小鬼達はあの齢で、人の子がとうてい持たない力やしがらみを抱えて、抗えず翻弄されながら何とか立っている状態です。

あの子らは戦いたい訳ではありません。
 どうか、どうか、今代のあの小鬼達に光ある生を――”

しかし、鬼の仮面は”だめだ”と拒否します
何故に?と問いかける白霓
”そんなのオレがつまらねぇだろ?”

その言葉に聞いた白霓は吹っ切れて、小鬼達の未来を守る為に鬼の仮面を倒すことを決意
しかし、その前にやられてしまい、涅人が見たところとつながるわけです。

そして、今までの謎が解けた瞬間が最後のシーン。
仮面によって、魂が体から弾かれ、外へと飛び出した白霓(魂状態)
ふと、下を見ると、貯水池でぶらぶらしている裕喜(桃太郎)の姿が

ここで桃太郎さんと会うのか!!やっとつながったよ!ってなりました。

konohana19.hatenablog.com
最後に番外編、年末年始の裕喜たちの話。
一言いえば、雅彦ごめんね(笑)

18巻はこれで終わりですが、今はウェブ連載でコミックNewtypeでこのお話の次の話が読めます(注意:最新話が更新されると自動的に読めなくなります)今=7月20日時点です。
桃組プラス戦記 - Webで漫画が無料で読める!コミックNewtype

後4日ほどでまた更新するので、今の内に読んでおかないのと、書籍版発売するまで読めなくなります。私の感想記事はこちらです
konohana19.hatenablog.com
読んだときはショックが大きくて、裕喜(泣)
これで、羊原君はどう思うのだろうか…。裕喜を現実の世界へ戻してくれるだろうか…って思った。

ここまで読んでくれてありがとうございました!
前回へ
konohana19.hatenablog.com
関連記事
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com