此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

謎の影の正体はいったい誰?裕喜たちは情報を集めるが…?第75話感想 桃組プラス戦記 ASUKA3月号(2016年1月発売)

スポンサーリンク
此花(このはな)です
 
今回はASUKAで連載されている”桃組プラス戦記”の第75話の感想を書いていきたいと思います

桃組プラス戦記 (15) (あすかコミックス)

新品価格
¥454から
(2017/1/6 16:18時点)

f:id:konohana19:20160127004703j:image
 「”友達の証言を手がかりに犯人を突き止めろ☆”」
前回の謎の影について、推理するぞ!ってことかな?
ホームズ風だ(笑)
 

前回までのお話(74話版のあらすじ使用しています)

7体中、5鬼目の桜鬼まで攻略に成功した裕喜たち。冬休みに雪代の実家である「雉」の家に行くことに。そこで雪代の祖母である風代と出会う。帰りがけに風代から手紙を受け取った裕喜。それは、今まで一度しか会ったことのない母親からの手紙だった。

その手紙を見た瞬間、裕喜は自分の体質のせいで、母親が自分の前から姿を消してしまった過去を思い出す。

手紙は開封できないまま猿の家へ向かう裕喜。一方、学園では生徒会長が羊原君に学園の秘密を明かそうとしていた。生徒会長の思惑とは一体…!?

 

今回はあらすじが載っていなかったので、74話のものを使用しています。

そして、75話はすごく短いです。

 さて、本編の感想へ行きましょうか!

f:id:konohana19:20160127004714j:image
 「噛み後がありました」
「貧血を起こしている…と」
「店員が角のある影を目撃」
「コウモリみたいなのが飛んでた…」
この情報的に…まさか?
 
「――ではここまでの情報から推理できるのは?」
雅彦がまとめる
4人同時にある伝説のキャラクターを思い浮かべた
 
「いやっ…いや――…まさかだろ…。
 国が違うっていうか……桃太郎だぞ!?」
裕喜が動揺したように言う
確かに……桃太郎って日本昔話だよな?
 
「でも妖の類ですし…」
と、雪代
「「鬼」って付いてますし」
と、雅彦
「そうだよな…もしかしたらそいつが」
 
「「「(オレ達の鬼かもしれない!!
 ”桃太郎スイッチON")」」」
可能性にかけたのか…(笑)
 
そんな話で一致した裕喜たち
「桃君達~お茶の続きしよ――」
と、声をかけてきた紅
「……?…どうしたの?」
 
何も言わない裕喜たちに不思議に思う紅
「…ねぇ…」
 
「お前達に黙秘権はない。
 持っている情報を全てはいてもらおう」
突然、裕喜たちに捕まった紅(笑)
f:id:konohana19:20160127004727j:image
 「言えないか? 早くしないとこの男のおキレイな顔が、とんでもなく愉快な事になるぞ~。そう例えば、こんな風にな!」
 
「またあんた達はー!!」
叫ぶ宵藍ちゃん
脅しをかける気か(笑)前もあったなぁ…こんなこと
 
「はぁっ!?ちょっ…やめ」
そっと、紅の口元に油性ペンを…
「言えないんじゃなくて知らないのよ!
「血のブロック」が発動してないって事は――」
慌てて叫ぶ宵藍ちゃん
 
「本当に…知らないのよ…」
ぜーぜー呼吸しながら言う
「そっか――」
それで納得して、紅に悪戯することをやめる裕喜たち一行
 
ぐずってる紅に雪代が”アメ食べます?!と言っていた
おそらく紅に聞くよりこうした方が早いと思って、こうなったんだろうな(笑)
 
鬼の豆知識ー
鬼には「血のブロック」があって知っている仲間の事は話せないんだ!でもオレ達がその鬼の正体を認知すれば、ブロックは解ける!だから――
 
「カマかけに行くぞ――!!」
他の鬼たちへ情報取りに行くことに…
f:id:konohana19:20160127004743j:image
 「『吸血鬼』?
 今日やるのは『オペラ座の怪人』だけど…見ていくか?」
裏葉にそう聞くが、自然に返されてしまう
 
「いや…今日はいいです」
「「「(ハズレか…)」」」
裏葉だとそういう対応なのか(笑)
 
次にいったのは”視聴覚室”
「……吸血鬼…」
ひょこっと現れたのは桔梗君
f:id:konohana19:20160127004758j:image
 「吸血鬼と言えばな…」
桔梗は切り出して
「「「(おっ!!)」」」
思う4人
 
後ろであれ…ルリ花のグッズ(笑)
”全部持っているけど、それよこせよ”って言ってる桔梗君に吹く
いつも通りすぎて…(笑)
 
「”ルリ花の新シリーズに転入生の女キャラ(アニメオリジナル)がいて彼女に急接近してくる。そいつはルリ花の心に入り込んで来てはどんどん友情を深め彼女にとって姉のような親友のような存在となる。
 
普段アニメオリジナルキャラはどうよ?と思っている俺だが、ルリ花の笑顔や心の開き方を見ていると、あぁ…この転入生は必要だったんだと悟った。しかしそいつは敵の送り込んだ刺客「吸血鬼伯爵(レディ・ヴァンパイア」だと判明した――”」
 
「長い上に違ったな…」
裕喜はぼそっと言う
やっぱり、ルリ花関係だったんかい(笑)
 
さっきもっていた”ルリ花グッズ”は雅彦の私物だったそうで、そもそももらったのが桔梗君って…(笑)
「次だな!」
 
最後の鬼は―やっぱり?
f:id:konohana19:20160127004810j:image
「あんまり期待してないんだけど、
 吸血鬼知らない?」
ロープでぐるぐる巻きにされている(笑)
 
「知らないわよ!」
そこまでしなくても答えてくれるでしょ!
本当にもう…(笑)
 
得た情報が噛み後・貧血・角ある影・コウモリみたいなのが飛んでた…って、確かに吸血鬼っぽいが…なんともいえない
吸血と言えばなんだろうな…コウモリぐらいか”動物組”でいないのかな?
 
ここまで読んでくれてありがとうございました!
追記:ASUKA4月号の桃組は休載
次回へ
前回へ
関連記事