読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

ボールを盗られた日本猫は怒り心頭でケンカをしようとするが、飼い主が止めに入り…?250話感想 ヘタリア world stars

ヘタリア world stars
スポンサーリンク

此花(このはな)です

今回はジャンプ+に連載されている”ヘタリア world stars"の250話の感想を書いていきたいと思います

前回の日本猫VSロシア猫の話の続きです。

「こらこら喧嘩はダメですよ」
日本猫は飼い主に持ち上げられてしまい、家の中に入れられてしまう

家に戻された日本猫はにゃーにゃーと玄関の扉をカリカリする
「珍しく興奮してますね…」
飼い主が困ったように言う
ロシア猫がめっちゃしつこかったからね(笑)

「”どうか玄関を開けて、行かせてください!
 猫には猫のオスにとって引けぬ戦いというものがあるのです!”」
飼い主に訴える日本猫

すると、飼い主がとりだしたのは”ねこちゅ~る”で?
「”う、ですが…ですが…
 据え膳食わぬはオスの恥ですので…”」

ねこちゅ~るを食べる日本猫だった

ねこちゅ~るが打倒ロシアの準備だった表現だったのかなぁ(笑)
日本が日清戦争で勝った後、三国干渉で遼東半島を返す羽目になり、打倒ロシア!だったんだけど、その軍力差が圧倒的だったため、臥薪嘗胆を掲げたんだよね。

臥薪嘗胆=将来の成功を期して苦労に耐えること。薪の上に寝て苦いきもをなめる意から
日清戦争は清の属国だった李氏朝鮮を独立させる為に日本と李氏朝鮮の主だった清と戦った戦争。何故、李氏朝鮮を独立させたかったのかというと、朝鮮半島の隣には大国ロシアが南下してきており、日本の隣にある朝鮮半島がロシア領になったら次の標的が日本になるからである。

ロシアの法則・絶対に二正面作戦はしない。(噓だらけの日露近現代史より)
日本と戦う時、ロシア帝国とめちゃくちゃ仲が悪かったハプスブルク帝国マケドニア問題で妥協してから、こっち(日本)にきた。

ロシアでもセルゲイ・ヴィッテという人がいて、日本と戦争するなと主張して、クビになるんだけど、面白い事に日露戦争ポーツマス会議に派遣されるっていう(笑)

ちょうどその時の外交のお話で面白かったのは”モンテネグロ”という国が日露戦争時、大陸に義勇兵を派遣してたらしいのだが、全く気付かれてなくて、ポーツマス会議にも呼ばれてない。参加しようともしてない
当の本人たちも全然言わなかったらしい。(簡単に言うと、忘れた)

時代が過ぎ、冷戦時代に入ってから、何故か日本人がその国を訪れたりした時、非友好的な態度をとってくる。その理由が講和条約モンテネグロと結んでないから。
2006年に入り、鈴木宗男議員がそのことを国会で質問したことで、調査することになるのだが、宣戦布告書が外交史料館から見つからない!(いまだに見つかってない)

それでモンテネグロと日本がお互いに特使を派遣し、戦争が終結する
日黒102年戦争っていう(笑)
モンテネグロを漢字で書くと、黒山国って書きます。その由来が国土に火をつけて、国土を真っ黒にして、オスマントルコから独立を守り、その姿が黒い山に見えたから。


【1月17日配信】みんなで学ぼう!バルカン半島 season2 第5回「黒山の国 モンテネグロの誇り」倉山満 古谷経衡【チャンネルくらら】
その話が語られている動画がこれです。モンテネグロ人ってすごい…というか怖いわ!って思った。すごく面白かったけど、日本人には理解できない人たちだと思ってしまう

ヘタリアとは関係なくなっちゃったけど…
ここまで読んでくれてありがとうございました
前回へ
konohana19.hatenablog.com
関連記事
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com