此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

やっとメイドらしいメイド登場!イギリスのメイド解説?135話感想 ヘタリア world stars

スポンサーリンク

此花(このはな)です

今回はジャンプ+に連載されている「ヘタリア world stars」の135話の感想を書いていきたいと思います

前回と同じく、本格派めいど喫茶のお話です
今度は執事ではなく、メイドさんの話!

「安心しろ。給仕はちゃんとメイドが行うぞ!」
すると、若いメイドさんが並ぶ
「当初の予定では裕福な家庭の大ホールという設定だから、フットマンに給仕をやらせたかったんだが…」

フットマン
メイドさん同様、いろいろな仕事する男性使用人。
いい服を着て重くて高給取り

「それはそれで興味はありますが…!」
日本の言う気持ちは分かる。それはそれで面白そうだもん
男性使用人だと、フットマンというのね、メモメモ

メイドに給仕をしてもらう日本
「なんだか落ち着いた雰囲気ですね」
感想を述べると、イギリスは嬉しそうにする

「そこに気が付いたか日本。
 これこそこのカフェ最大の自慢なんだよ」
大人の雰囲気って感じがする。雰囲気的に

「給仕は主にメイド長とセカンドメイドが担当しているから、
 優雅なひと時を提供できるわけだ!」
「メイド長!」

「こういう仕事は熟練のメイドがやるものだからな。
 客人相手にきめ細やかなもてなしが出来るぞ!」
イギリスは言う

「じゃあ先ほどの方々は…」
ちらりとのぞくと、裏方で仕事をしているメイドさんたちがいた

「制服が違うような…」
「汚れてるからな。汚してもいい服っていうのがあるんだよ。
 これぞ、システマチック!」

若いメイドさんは掃除洗濯、皿洗いなど、体力勝負な仕事を任せることが多いので、そういう仕事をするときは汚してもいい服を着るそうです
という作者さんの説明。

後、黒タイツはおしゃれというよりは足を保護するものであったり、仕事中にできたあざや傷を隠す目的で履かれてたそうで、メイドさんの仕事は大変だなぁ…
高所の仕事はしない!のが重要!道徳的にダメだからだ、そうだ

ヘタリア world starsの3巻の発売日が乗せられていて
2月4日発売!
ようやくこれで記事のまとめが出来そう…

私、凄い中途半端な所から感想始めたもんだから、おそらく書き始めたのが3巻の内容の所。他の感想へ飛ぶのに、分かりやすくしたかったのだけど、どうまとめていいか分からなかった

ここまで読んでくれてありがとうございました!
関連記事
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com