此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

熟練な執事を雇うのはイギリス貴族の憧れ!?134話感想 ヘタリア world stars

スポンサーリンク

此花(このはな)です

今回はジャンプ+に連載されている「ヘタリア world stars」の134話の感想を書いていきたいと思います

前回と同じく、イギリス主催の本格メイド喫茶の続きです
「見よ、この素晴らしい大ホールを!
 当時のマナーハウスを移築した自慢のスペースだ!」
誇らしそうに言うイギリス

「わぁ!これはすごいですね!」
驚いた様子の日本

「見所はそれだけじゃないぞ!
 自慢のシェフはフランス人だ!フランス人だ!」
「大事な事なので二回おっしゃったのですね」
(笑)フランス嫌いのイギリスも料理は認めてるもんなぁ…

作者さんによると、フランス人シェフは高給取りだから家で雇えるのは大変名誉なことだった、そう。その頃でも料理のうまさは知られてるのか

「そして…!一番の自慢は」
「全ての用事は熟練の執事が承る事だ!」

「えっ、めいど喫茶なのでは…!?」
驚く日本
「熟練された執事を雇える…それは夢!全貴族の悲願!」

「それを喫茶店で味わえるのだから、
 最高の贅沢だと思わないか?」

イギリス、めっちゃキラキラしてる(笑)

作者さんの話で驚いたのは熟練した執事を雇えるのは一部の裕福な家庭だけだったので、教養のある良い執事がいるってだけで「あの家すげぇ!!」となる、まさに金持ちのステータスだったこと。

メイドさんだけ雇ってるのはそういう執事が雇える裕福な家から「あそこ執事いないのに金持ちのふりしてやんの~!」的な扱いを受けるそうなので、日本のメイド喫茶ってなんちゃってなんだなぁと実感した。

実際に執事喫茶(従業員30人)をヴィクトリア朝時代にやったらどんな貴族でも破産しますっていう(笑)執事のお給料とんでもなく高いのか…

執事のさらに上に「家令」という使用人の最高位があるのは知ってるんだけど、イメージが黒執事のタナカさんなんだよ!執事よりもお給料高いんだよな…化け物だなぁ
あとお客さんも執事に何かしてもらったらかなり多めのチップをあげないといけない…。

執事は酒の知識が豊富だったので、のちにパブの経営者になる事が多かった。
…執事はお酒好き?
パブの経営者(元執事)ってレベル高そうっていう作者さんの気持ち分かる

この執事のお話、なんだかちょっとわくわくするな
まだ続くのかな?

ここまで読んでくれてありがとうございました!
関連記事
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com