読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

子牙の女装がバレちゃった!?大ピンチとなるさきだが、思わぬ展開になって…?第十三話感想 封神しない演義 ASUKA11月号(2016年9月号)

スポンサーリンク

此花(このはな)です

 

月刊あすか 28年11月号

新品価格
¥580から
(2016/10/5 16:26時点)

今回はASUKAに連載されている”封神しない演義”の第13話の感想を書いていきたいと思います

封神しない演義を知らない方はこちら

konohana19.hatenablog.com

f:id:konohana19:20160927221607j:image

 「”子牙の女装がコウにバレちゃった!? 

 絶体絶命の大ピンチ!!”」

前回、子牙の胸板見られちゃったもんな…(笑)

 

今回、あらすじが載せられてなかったので、前回を参照

あらすじ(11話まで)

ある日、物置で探し物をしていたさきは、母親(封神演義オタク)のコレクションとおぼしき古い巻物を見つける。固い紐を解いた瞬間、どういうわけか古代中国の「殷王朝」、「封神演義」の世界にワープ!

 

偶然さきを釣り上げた、ぐーたらイケメン「太公望(姜子牙)」とその騎獣「四不像」と行動を共にすることになる。さきには宝貝(パオペエ)の副作用を無効化する能力があり、この世界の「天命」に縛られない存在であることから、自分の代わりに「太公望」に…切望する姜子牙。

 

多くの命を殺せる役割「太公望」を、異世界からのさきならば、覆せるのでは…?と期待をかけていた。

さきは「天命」で苦しむ人々を助ける為、「一人」ではなく、姜子牙と「二人」で太公望という運命を背負う覚悟を決めるのだった。

 

その後、太乙真人が現れ、「殷王朝を安泰させて、宝貝の使用を止めさせるか、破壊すれば誰も封神せずに済む」…と、さき達にヒントを与える。

封神榜を手に入れたさき達は、殷王朝が倒れる切っ掛けとなった人物・蘇妲己に会う為、一路冀州

 

妲己が千年狐という妖怪に身体を乗っ取られる事を阻止すれば、さき達の目指す「封神しない」道が拓けるはず。

さき達はまず彼女を捜す事にしたのだが、天化という青年に金木簡を奪われてしまう

 

金木簡を取り戻す為、天化がいる賭場に向かった二人。悪人だと思っていた天化だが、すぐに金木簡を返却してくれたり、義賊のような行動をしたりと、天化は案外筋の通った人間だった。

そしてさきは天化と一緒にイカサマ賭場を潰す事に決める。

 

賭場の男たちとの力比べで大勝利したさき。

その後暴れかけた賭場の男達を美しく派手な憲兵隊長・蘇全忠が制圧し、一件落着する。

そこで全忠は蘇妲己の兄弟である事が分かり、いよいよ妲己に会う事になる。

 

「会えるのは女性のみ」という条件を提示され、さきを心配した子牙は女装して一緒についていく事に。

さきはいきさつを妲己に話し、これから起こる悲劇を止めるためにも、千年狐から守らせてほしいと告げる。

 

しかし逆に、妲己からは「元の世界に帰りなさい」と言われてしまった。それでも「自分しか出来ないことがあるなら挑戦してみたい」というさきの熱意に動かされた妲己は、本当に千年狐から守れるかどうか見定めるため、婚礼の日までさきに傍仕えになることを命じて…!?

 さて、本編の感想へ行きましょうか!

f:id:konohana19:20160927221615j:image

 「なっ、なんで…ここに…

 殿方が居りますのんっ!?」

驚くコウ

 

「…あっ、あのっ、ちっ違うの…!」

(こういう時ってなんて誤魔化せばいいの!?)

「これには深-い訳が…!」

 

「さきちゃん…もしかして…

 禁断の恋ですのん!?」

「「(…はい?)」」

まさか、そういう思考で来るとは(笑)

 

「側仕えという使命で離れ離れになってしまった二人。身も心も引き裂かれてしまう位なら…いっそ女装してでも側にいたい!

 …と言うことですのね~♡」

すげぇ妄想力だけど、これを利用するしかない(笑)?

 

「…えぇ、実は…」

すると、子牙がぐいっとさきを後ろから抱きしめる

「”愛しい”さきと離れるのに耐えられず…

 この様について来てしまったのです」

 

「(―――…えっ、ええーっ!?いきなりなんてこと言い出すの!?)ししし、子牙!?」

動揺して、子牙の名を呼ぶさきちゃん

「シッ、下手に騒がれては妲己にまでバレてしまいます」

「!!」

 

「ここは彼女の妄想に合わせましょう」

良い手だけど、大丈夫か?さきちゃんの方が

「(なっ、なるほど!)」

 

きゃわ~ん♡

「アツアツですわ~♡」

コウちゃんは自分の妄想を本当だと思ったよう

 

「それで…許されるのでしたら、

 このままさきの側に居たいのですが…」

子牙は言う

 

「…でも、私の一存では難しいですわぁん…」

しょぼん…とした様子のコウ

「…しかし」

f:id:konohana19:20160927221632j:image

 「私はさきと離れるくらいならば…どんな手だって使います。

 何をしでかすかわかりませんよ…?」

「(えっ)」

 

子牙の顔が近づき、キスする寸前まで近づく

「(わーっ!!)」

私もわー!ってなっちゃった(笑)

「きゃわ~ん♡」

 

「(ままま、まってーっ!!)」

思わず、目をつむってしまうさきちゃん

ずるるっ、力を失くし、へにゃ~とさきは崩れ落ちてしまう

思考が爆発した(笑)

 

「まっ、任せて下さいなっ! 

 こんな美味しい展開見過ごせませんもの♡」

「この恋、応援しますわん!!」

 

「よろしくお願いします」

「まぁす…」

寸止めでキスは止められたから、意識はあったんだねさきちゃん(笑)

 

「(なんだか、妲己さんにバレるよりも…

 別の意味で大変なことになってない…!?)」

うん、なってる。色んな意味で説明が大変になりそうだな…

 

次の日―

「(昨日は大変だったなぁ…。

 それもこれも子牙があんなこと…あんな…)」

昨日のことを思い出して、ぼんっと真っ赤になるさきちゃん

 

「(あれは演技! そう!演技!落ち着くのよ!)」

思わず、持っていたほうきを折ってしまう

「さきちゃん!」

 

「大変ですわぁん!」

コウが駆け込んできた

「ほっ、箒が大変なことに!!またやっちゃった…」

 

「そうじゃありませんわ~!

 ご主人様にバレちゃいましたの~!」

コウの言葉にえっ!?と驚くさきちゃん

 

「えぇ!? 子牙の女装がこんなに早く…!?」

「それでもありませんわぁん」

コウに否定される

 

「え!?じゃあいったいなにが…?」

「さきちゃんの…」

f:id:konohana19:20160927221642j:image

 「側仕えとしての

 ”実力のなさ”がバレちゃいましたのーっ!!」

マジか…それはとってもまずい

 

「(そ…それはとってもマズイ…っ!!)」

繊細な仕事、さきちゃん全然ダメだもん

 

妲己さんに呼ばれるさきと子牙

「(寒い…空気が…絶対零度!)」

冷え冷えとした空気の中、妲己さんが口を開く

 

「何故呼ばれたのかわかってますね? 

 さき」

「はい…」

 

「厨房は爆発! 調度品は破壊!衣類はボロボロ!

 なにひとつ、出来ていないではありませんかっ!!」

その言葉に崩れ落ちるさきちゃん

「うう……私、…私…」

f:id:konohana19:20160927221656j:image

 「繊細な作業が大の苦手なんですーっ!!」

本当のことを叫ぶさきちゃん

「「(致命的っ!!)」」

物凄い力持ちの時点で察してたよ(笑)

 

「(…このままじゃ、千年狐からの護衛どころか、

 元の世界に追い返されちゃうわ…!)」

そう、覚悟するさきちゃん

 

「苦手で済む問題ではありませんっ!!」

バキッと持っていた扇を折ってしまった妲己

f:id:konohana19:20160927221704j:image

 「この程度の家事は嫁入り前の娘の嗜(たしな)みです!

 破いた物からすぐに繕いなさい!私が直々に指導してあげますわっ!」

 

そんな妲己の言動にさきは

「…お…

 (お養母様っ!?)」

そう来たか(笑)

 

「ほらっ、目が粗い!」

「はっ、はい…!いたっ」

 

「もっと注意を払って!」

「はいいっ」

なんだこの(笑)

 

「まさに嫁姑の昼ドラですわ!

 お二人とも頑張って」

キラキラした目で二人を見るコウちゃん

「ひるどら…?」

 

「針は折るものではありませんよ!」

そう注意されるさきちゃん

 

「ご主人様、あんなにイキイキして…

(でもあまりの衝撃ですっかり目的を忘れてらっしゃるわ…)」

さきちゃん的にはよかったけどね(笑)

 

「やれやれ…まさか深窓の令嬢である妲己の方が

 よっぽど出来るとは…」

子牙は言う

うん、驚いた(笑)あのブチギレにも

 

「あらっ、ご主人様

 なーんでも出来ましてよ!ふふん」

コウは誇らしそうにいう

「…どうやらそのようですね」

 

その後ーさきちゃんー

「一枚~二枚~………九枚~…

 一枚しか残ってな~い…」

割れてない皿が一枚しか残ってないことを嘆くさきちゃん

 

「グスン…私がお岩さんだったら9回死んでるわ…」

お米粒で割れたお皿をくっつける

どんだけ割ってんの…(笑)

 

「(うう…体のあちこちが痛いわ…。

 まさか妲己さんがあんなにスパルタだったなんて…!!)」

さきちゃんのイメージ図がムチ持った妲己さん(笑)

 

すると、何か扉を開ける音がする。ふとさきがその音の方向を見ると

「(あれは…子牙? こんな夜中にいったいどこに…?)」

女装した子牙の姿があった

「お入りなさい」

f:id:konohana19:20160927221716j:image

 「(えっ!?妲己さん!? 

 どうして子牙が夜中に妲己さんと会ってるの!?)」

驚くさきちゃん

 

「(いったいどういうことなのーっ!?)」

動揺して、その場から逃げ出してしまうさき

 

「(思わず逃げてきちゃった…。

 見てはいけないモノを見た気がする…)」

息を切らす

 

「…さき、さき」

自分を呼ぶ声が聞こえる

「ん?」

 

「よっ!」

そこに現れたのは逆さまの状態の天化で?

「〇×△!?」

 

「おばけーっ!!」

シュシュシュとさきは天化だと気づかない

「ちょっ、まっ!こらっ」

 

「って、天化兄貴…?」

「こっ、殺す気か…!」

天化は逆さまのまま落ちて来て、言う

(笑)あの馬鹿力のさきちゃんの攻撃は怖い

 

「なんでこんな所に…まさかまた泥棒を!?」

さきちゃんはいう

「そうそう金目の物はどっこかな~…

 ってバッカ」

 

デコピンをする天化

「お前を呼びに来たんだよ!」

「私?」

f:id:konohana19:20160927221727j:image

 「とにかく急ぐぞ!」

さきを担いで天化はどこかへ向かう

「きゃっ」

 

「急ぐってどこに行くの!?」

 「哪吒が大変なんだよ!」

「えぇ!?」

 

「哪吒くんっ!」

さきは食べ物を持って、哪吒の元へ駆け込む

「キシャーッ!!」

「(あぁっ、空腹バージョン!!)」

むぎゅっとさきは哪吒に肉まんを押し込む

f:id:konohana19:20160927221737j:image

 「…おわかり」

けろっとした顔で哪吒は言う

「はーー…っ、よかったぁ~」

本当に可愛いよね、哪吒

 

「腹空かして暴れまわってたから、とりあえず縛っていたんだ。

 これも宝貝の副作用なんだってな」

天化は言う

 

「ったく、こいつさきが帰ってくるまで待つとか言って、

 ギリギリまで我慢してたんだぜ」

四不像はいう

「(哪吒くん…!)」

本当良い子…

 

「ごめんね。気づいてあげられなくて…

 でも次からは我慢しなくていいんだよ」

さきはいう

「うん」

 

”今度から私特製のおむすびでも置いてくね”

”んっ”

 

「よっしゃっ、この勢いでパァーッと賭場いくか!

 一攫千金大儲けだ!」

「行かない!」

さきちゃんの副作用無効化を使うなよ(笑)天化

 

「そもそもここって、この前の賭場だよね?」

きょろきょろと辺りを見回すさきちゃん

 

「あぁ、この前の賭けで建物ごと勝ったからな、

 そのまま託児所にした」

「凄っ!!」

 

「あーっ! 姉御じゃないっすか~!も~大変だったんすよ~。

 哪吒があっちこっち暴れまわって」

天化の部下さんがやってくる

「(姉御!?)」

さきちゃんが姉御になっちゃった(笑)

 

「…そういえば、

 狂暴化した哪吒くんをよく捕まえられたわね」

さきがいうと、天化は説明してくれる

f:id:konohana19:20160927221750j:image

 「捕縛用宝貝『棝仙縄(こんせんじょう)』!」

天化は哪吒に巻き付いている宝貝を説明する

「えっ!? この縄って宝貝なの?」

 

「…抜けない」

哪吒はいう

「これはどんな力でも抑え込む効果があるんだよ」

 

「(どんな力でも…?)」

さきは思う

「(もしかして…これを使えば妲己さんの課題を

 クリア出来るかもしれない…!)」

 

これをつけて、さきが家事をやれば、ある程度力を抑えることが出来るかも知れないってこと?

子牙は妲己さんに聞きたいことがあるはずだよね。

だって、さきちゃんのこと、妲己さん知ってる様子だったから

 

ここまで読んでくれてありがとうございました!

前回へ

konohana19.hatenablog.com

関連記事͡

konohana19.hatenablog.com

konohana19.hatenablog.com

konohana19.hatenablog.com

konohana19.hatenablog.com

konohana19.hatenablog.com

konohana19.hatenablog.com

konohana19.hatenablog.com

konohana19.hatenablog.com

konohana19.hatenablog.com

konohana19.hatenablog.com

konohana19.hatenablog.com

konohana19.hatenablog.com