読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

ラーメン屋が休業中で、代わりにゲームセンターを選ぶ燃堂に海藤がキレて、勝負することになったのだが…!?第17X③「仲Ψ無用!?燃堂vs海藤」 感想 斉木楠雄のΨ難

斉木楠雄のΨ難
スポンサーリンク

此花(このはな)です

今回は斉木楠雄のΨ難の第17X③「仲Ψ無用!?燃堂vs海藤」の感想を書いていきたいと思います

第17X③「仲Ψ無用!?燃堂vs海藤」
あらすじ
ラーメン屋へやって来た楠雄たち。しかし店の前には花粉症で休業の張り紙が。仕方なく他に入るところを探す燃堂は、近くのゲームセンターへ行こうと言い出した。

ラーメンの代わりがゲームセンターなのはおかしいとキレて反抗する海藤と、それにキレる燃堂。長年の関係にケリをつけるべく、ゲームセンターで勝負をすることになったのだが!?

公式より
ストーリー|TVアニメ「斉木楠雄のΨ難」公式サイト

今回の話は海藤VS燃堂だったのだけど、楠雄の超能力を使わないという日常回だった。
燃堂は運動神経抜群で、海藤は頭脳プレー?で、勝負するっていう感じだ


さて、本編の感想へ行きましょうか!
「今日ラーメンやってねぇのかよ」
”店主が花粉症の為、休業”という張り紙が張ってあったラーメン店
「おい、30分歩かせて、どういうことだ!」
海藤は言う

「あぁん、仕方ねぇだろ!店長花粉症なんだからよ。
 花粉症舐めんなよ、店なんかやってられねぇぞ」
燃堂は言う

「店長責めてんじゃなくお前を責めてんだよ!」
海藤が反論する
「(じゃ、僕はもう帰るぞ)」
楠雄は帰ろうとする

「じゃ他のトコ入っか! 
 あっ、ゲーセンあんぞ、あそこ行こうぜ
燃堂は言いだす

「何でラーメンの代わりがゲーセンなんだよ!」
海藤は言う
確かに、ふつう食べ物にしない?

「仕方ねぇだろ! 店長花粉症だっつうの!
 花粉症どんだけ辛いか知ってんのか!」
何故、同じ返しにするんだ(笑)

「知らねぇよ! 
 ラーメンの代わりなら別の飲食店へ行くだろ、ふつう!」

「キレたぜ、おい。
 今日という今日はよ、ケリつけっかおぉ?」
燃堂がキレる
「こんな日常に退屈してたところだ。決着つけよう」

「「ゲーセンでな!」」
結局、ゲーセンなのか(笑)

「(仲いいな、お前ら)」
楠雄が突っ込む
本当に息合うよね、この二人

ゲームセンターにやってきた3人
「(ゲームセンターか……。何年ぶりだろう。子供の頃は好きで、母さんに連れて来てもらった。特に好きだったのはもぐら叩きゲームだ)」

「(顔を出したもぐらをたたくシンプルなゲーム。
 一度叩いたら、その穴から再びモグラを出てくることがなかったが)」

それ、壊してる(笑)

燃堂は車を運転するゲームをやっていたが
「なんだよこれ。右いかねぇぞ?」
「(お金を入れろ)」
楠雄が突っ込む

「ぶっ壊れてんじゃねぇぞ」
だから、お金入れてないんだから動くわけないだろ(笑)
「(ぶっ壊れてるのは頭の方だ)」

一方、海藤はゾンビを射撃するゲームをやっているようでー
「ははっ、どうした!その程度か!ゾンビ共が!
 戦場ではダブルバレットと恐れられた俺の実力」

「あれ? 玉切れだ!おい、リロード中だぞ! 
 おい今、当たっただろ!絶対当たった!」
ゲームオーバーの表示が出る
海藤、こういうゲーム得意じゃないんじゃ…

「くだらん。所詮、ゲームだな。
 全くリアリティがないぜ」
「(ゲームだからな)」

「へへっ!超へたくそだな、おめぇ」
それを見ていた燃堂が言い放つ

「なんだと!?貴様、勝負だ!」
海藤は言う
「上等だ、ボコボコにしてやんぜ。
 で、どのゲームでやんだよ」

「ふっ、貴様ごときにどんなゲームでも負けるわけがない。
 まぁ、とりあえず、近くにある”クイズゲーム”にしておくか」
ちょっと待て、海藤に有利だろそれは(笑)

「(勝つ気満々じゃないか)」
楠雄はいう

「いや、近くっつうなら、
 おめぇが寄りかかってるそれでいいんじゃね?」
海藤が寄りかかっていたのは”パンチで力を測るゲーム”
(笑)海藤が負ける図しか見えない

「(やっちまったな)」
楠雄は思う

「いや! やはり、斉木に決めてもらおうか」
海藤が慌てて言う
「あぁん? 何でもいいんじゃねぇのかよ」

「(僕も巻き込むな。やれやれ……)」
仕方なく、楠雄が選んだのは”エアホッケー”でだった
「”エアホッケー
 パックを相手のゴールに9回入れた方が勝ちとなる”」

「よっしゃ!いっちょ、やろうじゃねぇか!」

「(エアホッケー…何回かやったことがあるが、
 体力馬鹿!の燃堂だ。なめてかかると、さてどう攻める?)」

海藤は思う

「”ゲームスタート!”」
「(直線に打つのが一番早いが、
 野生の反射神経で防がれそうだ)」
海藤は考える

「(早く打てよ)」
楠雄はいう

「(ここは外壁を使い、翻弄する)」
パックを壁に当ててから、ゴールを目指す海藤
トールハンマーショット!」
技名言うんだ(笑)

「おらっ!」
それを燃堂は一発で直接海藤のゴールに入れてしまった
「何ー!?(早すぎて全く見切れなかったぞ…)」
海藤0-1燃堂
「はー、どうしたおらっ!」

それを見た楠雄は
「(うん、適当に選んだが、燃堂に有利過ぎたか。
 運動神経じゃ完全に勝ち目がないからな)」

「(くそっ、こうなったら……)」
同じように壁に当てて、パックをゴールに入れようとする海藤
「けっ、また同じ攻撃か。遅すぎるぜ、もらった!」

「打つ奴2つ持ってんじゃねぇか!」
普通に反則だ(笑)
「鉄壁のダブルバレットだ!」

「(普通に反則だ)」
楠雄はいう
だが、二つの打つやつの間にパックが通っていってゴール!
やった意味がないな、海藤(笑)

「(そして、なんなく破られたな)」
楠雄はいう
間が空いた隙間を通っちゃったからね
「なっ!」
海藤0-2燃堂

「たいしたことねぇじゃんか!」
「くそっ……」
海藤はパックを探しに下へと潜る

「ん?どうした」
燃堂が聞く
「いやぁ、パックが落ちてこないのだ。
 貴様の方にいってないか?」

燃堂が下の方を見に、視線を外すと
「冷凍シュマッシュ!!」
海藤がその隙にパックをゴールにいれた

「(汚っ)」
楠雄はいう
海藤…正々堂々じゃ勝てないと踏んだか(笑)

「ふふっ、やはりパックはそっちにあったようだな!」
カッコよく言っても、ずるい手使ったじゃない(笑)

「(決めてるところ、悪いけど、完全に反則だ。
 まぁいいか、これくらい見逃さないと一方的になってしまうしな)」
楠雄は思い、何も言わない

「”海藤は頭脳プレー(笑)で燃堂を翻弄”」
(笑)が海藤のずるさ

「あっ!照橋さん」
と言ってみたり、
「トリプルバレット!フィーチャリング、ばっかん!」
打つ奴3つ防御はまだしも、鞄まで防御に使い始める海藤

「”力の差をものともせず、得点を重ねていった。
 しかし、燃堂も負けずに応戦。一進一退の攻防の末、両者マッチポイント。戦いは最終局面を迎えた”」

「けっ、なかなかやるな。だがこれで終わりだぜ。
 食らいやがれ!ギザキザアタック!」
燃堂はパックを高速アタックした

「こ、これは!早すぎる。
 勢いが死んでるじゃないか、もらった!」
ゆっくりになったパックをキャッチして、海藤はアタックする
「へ、頂き!」

燃堂がパックをキャッチしたのを見ると
「(かかったな!)
 はいっ、マレットバレット!」
隠していたパックを燃堂のゴールに突っ込む

「(最後まで汚っ)」
楠雄は思う
海藤9-8燃堂

「”ゲームセット”」
卑怯な作戦だったが、海藤の勝ちとなった

「よっしゃ!俺の勝ちだ。どうだ。おっと汚いとか言うなよ、
 どんな手でも勝ちは勝ちだからな!」
海藤は言う

「くっ、負けたぜちくしょー。いやぁ、完敗だ。
 あの打つ奴でゴールをふさぐとか思いつかなかったぜ」
素直に負けを認めている燃堂

「(くっ、なんだ。この罪悪感は……)」
海藤は思う

「(燃堂の勝ちだな)」
楠雄は言う
素直に認められると、海藤のずるさが目立っちゃうからね(笑)

「(そういえば、今回は超能力を使わなかったな。
 まぁいいか、男同士の勝負に手出しも野暮ってものだ)」
楠雄はおもう

「よっしゃ、じゃあアレ撮ろうぜ」
何故か、プリクラを取る羽目になる楠雄
「ほーら、斉木来いよ!」
「(なんでそうなる)」

「(ダメだ。こいつら…)」
結局、また喧嘩している二人だった

勝負は一体何だったんだ…

ここまで読んでくれてありがとうございました!
前回へ
konohana19.hatenablog.com
関連記事
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com