読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

照橋さんが斉木家にやって来た!照橋さんには苦手なものがあって…?第18X①「照橋さんの斉木家Ψ訪」 感想 斉木楠雄のΨ難

スポンサーリンク

此花(このはな)です

今回は斉木楠雄のΨ難の第18X①「照橋さんの斉木家Ψ訪」の感想を書いていきたいと思います

第18X①「照橋さんの斉木家Ψ訪」
あらすじ
久留美に料理を教わるため(という名目で)、斉木家を訪れる照橋。しかし緊張のために間違えて隣家のチャイムを押してしまう。警戒した様子で出てきた子供・遊太は照橋を見ると「怪しい人が来た」とすぐに奥に引っ込んで大人を呼びに行く。

そこに現れたのは楠雄。照橋が来ることを察して、わざわざ隣家に避難していたのだ。楠雄と照橋と遊太。奇妙な3人の1日はどうなる!?

公式より
ストーリー|TVアニメ「斉木楠雄のΨ難」公式サイト

照橋さんの新たな一面を知りたくなかった(笑)
子供だと普通の女の子になるんだね…プライド高いのが悪目に出てる(笑)
そのおかげで、楠雄に出会うことが出来るという神の幸運である

さて、本編の感想へ行きましょうか!
「”照橋心美は自他共に認める完璧絶対的美少女である”」
照橋さんは斉木家前に来ていた
「(ふふっ、突然来てびっくりするでしょ?)」

インターホンを押そうとしたものの、手が震えて引っ込める照橋さん
「(ってやっぱり無理よ! 落ち着いて……)
 私は斉木に会いに来たわけじゃないの。斉木のお母さまに料理を教わる為に来たのよ」

照橋さんは自分を落ち着かせてから、インターホンを押す
「(あっ!隣の家の押しちゃった!)」

「”が、そんな彼女にも苦手なものがある”」
楠雄はいう

「あ、あの、すいません。その…間違いで」
インターホン越しに照橋さんが言うが、遊太が玄関から顔をのぞかせる
「どちら様ですか?」

「”それは子供である”」
そうなのか、美少女が通じない子供…か

「ごめんね、間違えて押しちゃったの!」
照橋さんが言うと、遊太は部屋に引っ込んでしまった
「(私を見て、逃げ出すとは……)」

「”その美しさも子供には通じないのだ”」
「(おい、何を……)」
楠雄はいう

「早く来てよ!改造人間サイダーマン2号!」
遊太に引っ張られ、楠雄は玄関に来てしまう
あ、遊太の家に来てたのか…楠雄(笑)なんという運

「(よせ、まったく。やれやれ……)」
子供・遊太には弱そうだもんね、楠雄
「怪しい人だよ!」

「斉木君!?」
驚く照橋さん
運、強いなぁ…(笑)

「(神にすら、愛されている。
 君が来るのを察知して、ここに避難していたのに、まさか見つかるとはな)」
楠雄は思う

仕方なく、斉木家に案内する楠雄と遊太
「あら!心美ちゃん、いらっしゃい」
母・久留美が出迎える

「ご無沙汰しております」
頭を下げる照橋さん

「遊太くんもいらっしゃい」
なんだろう。この構図…なんかいい感じ

「ふふっ、こうしてみると、夫婦みたいね」
母・久留美は言う
「な、何を言ってるんですか!?」
「(勘弁してくれ…)」

「今日は、くーちゃんとデートかしら?」
母・久留美は言う
「ち、違います! 
 この前、お料理教えてくださると言っていたので、それで……」

「あら!私に? 嬉しいわ!すぐ準備するわね」
嬉しそうに準備に入る久留美さん
「図々しくすいません」

「(夫婦なんてまいっちゃうわ)」

「(この私と斉木なんて、つり合いがとれるわけないじゃないの、まったく)」
そう、思いながらちゃっかり想像してるじゃないの(笑)

ふと、気が付くと、遊太が照橋さんをじぃっと見つめていることに気づいた照橋さん
「(何、見てんのよ。あーもしかして、この子の初恋奪っちゃった系?) 
 こんにちは、遊太くん」
にこっとあいさつをするが、遊太は照橋さんから目をそらす
遊太くん、結構人見知り?

「(このガキ…。そうだ、これならどう?)」
今まで見た事がない照橋さんだ(笑)

「あのこれ、ケーキです。よかったら召し上がってください」
照橋さんはケーキを持って来ていたのだ。

すると、遊太がぱぁっと反応
「(ケーキ!?)」
「(よし!食いついたわ)
 ひとつ、余分にあるので、遊太くんもよかったら」

「わーい!!ケーキだケーキ!」
嬉しそうな遊太くん

母・久留美がケーキの箱をあけると
「(さっき、ケーキ屋でひとつおまけしてもらっててよかった)」

「まぁ、おいしそうね…」
その中に”ハート型のLOVE”のケーキが…
「(うぉぉぉ!おまけー!)」
思わず、絶句する照橋さん

「これはクーちゃんのかな?」
変な配慮をする久留美さん
ハート形を楠雄に(笑)

「ち、ちち、違います! お店の人にお任せしたんです!
 なので、深い意味じゃないです!」
必死で否定する照橋さん
「あら、そうだったのー」

「皆さん、お好きなのどうぞ」
照橋さんは言う
「わーい!」

「(あんなケーキ、おまけに入れて来るなんて…。
 でもまぁ…この中なら斉木に食べてほしいけど…)」
ちらっと見ると、そのハート型は遊太が食べていた

「うん、うまい。これ、割と好きな方な味」
ハートを割るようにフォークで刺す遊太くん
あ…(笑)

「(ぬー)」
こ、怖いよ!照橋さん

「ごちそうさまでした!」
「とっても、美味しかったわ」
「(うむ、悪くないな)」

「お口にあってよかったです」
照橋さんはいう

「遊太くんもおいしかった?」
母・久留美は聞く
「うん! わりと好きな方な味だった」
「じゃあ、心美ちゃんにお礼言わないとね」

「どうもありがとう、心美おばさん」

「ぬちゃ」
あ…(笑)えっと…子供は残酷だね

「(だ、誰が……私が
 お、お、お、お、おば、おば、おば…)」
動揺する

「(動揺し過ぎだろ)」
楠雄がつっこむ

「(私が一生言われないだろうランキングの
 第4位をこんな小童に……)」
なになに…1位ブス、2位キモイ、3位割り勘でいい?4位おばさん、5位見苦しい豚め、6位君、誰だっけ?、7位水道水でいいよね?

「(なんだそのランキング…)」
楠雄は思う
照橋さんだったら言われないのはブス、キモイなのは分かるけど…

「(ゆ、許せない。必ず、復讐してやるわ…。
 君が私の美貌に気づく10年後…)」
照橋さん…(笑)

想像―
「あぁ、退屈だなぁ…」
遊太(15)

「”私はあなたの前にさっそうと現れるの”」

「(!? なんだ、めちゃくちゃ綺麗な人は!?)す、好きです!」
そう言う遊太の唇に人差し指を置いて…

「”そして、私がこう言うのよ”」
「無理よ、だって私おばさんだから」

「”ってね!”」
照橋さんもこんなこと考えるんだ…(笑)知りたくなかった
「(ふっふっふっふっ)」

「(こんな情けない照橋さんを見たくなかった…)」
楠雄は思う
「(しかし、これは対照橋さん兵器になりうるかも)」
そういう意味ではなるのかもね…

「ごめんなさい! 
 町内会の集まりあるの、忘れてた!」
母・久留美は申し訳なさそうに言う
「じゃ私、出直します」

「あ!よかったら、待っててくれない?30分くらいで終わるから。
 くーちゃん、お相手お願いね?」

母・久留美は言う

「(えっ?それって……斉木と二人っきり?
 こいつさえ、いなければ…)」
遊太を見る照橋さん

「ねー、テレビ見てもいい?」
遊太は聞く
「家で見たら?」
小さく言うのをえ?っと遊太は不思議そうにする

「ううん、テレビ見ようか?」
ニコッと笑い、照橋さんは言う
照橋さん、苦手というよりは癇に障るんじゃ…

「(いけないいけない。
 この私が子供相手にムキになるなんて……)」
必死に平常心を取り戻そうとする

「(この隙に大人同士の楽しみましょ!)」

”「照橋さん、子供好き?」
「大好き!」”

だが、楠雄はテレビを見るため、ソファーに座っていた
「(お前も見るんかい!)」
(笑)そりゃ、逆を突くよね楠雄も

「(もー何やってるの、斉木は。
  二人きりは諦めるか)」
照橋さんは思う

「わーかっこいいねー」
普通に遊太に声をかける照橋さん
「もう見てるから、静かにしてよ」
遊太くんに正論を言われた(笑)

「(ぐっ、はぁ!?
 言われないワード、第31位を…)」
照橋さんは思う

「(何位まであるんだ、そのランキング)」
確かに…(笑)

「私、急用思い出したからやっぱり帰るね…」
たいぶ落ち込んだ様子で照橋さんは言い、帰ろうとする
「ママさんに謝っておいて…」

「(気の毒だが、やったぞ。
 遊太にはあとで、コーヒーゼリーを作ってやろう)」
楠雄…(笑)まだ、あのゼリー作るのあるんだ

すると、改造人間サイダーマン2号に新たな登場人物が現れる
”「民衆を守るのは私に任せて!」
女の人のヒーローあらわれた
「この甘い香り、君は!?」

「あなたはコーラ男爵をやっつけるのよ!」
「頼りにしてるぞ!ピーチティーガール」”

「(おい、何を考えているんだ。いや、別人だから!)」
楠雄は思う

「(さっきのお姉さんだ!)」
遊太は思う
何で(笑)けっこう、別人だよ?

「(全然合ってないだろ!!)」
楠雄の必死な想いもむなしく…

帰ろうとした照橋さんを追いかける遊太くん
「待ってよー!ピーチティーガール!」
「(は?)」

「”その後、遊太はめっちゃ懐いた”」
恐ろしいな、改造人間サイダーマン2号アニメ(笑)

ここまで読んでくれてありがとうございました
前回へ
konohana19.hatenablog.com
関連記事
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com