読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

壊れてしまった制御装置を直す為、空助のいるロンドンへやって来た楠雄たち。だが、両親はロンドン観光をし始め…?第21Ⅹ②「マッドΨエンティスト現る!(中編)」 感想  斉木楠雄のΨ難

スポンサーリンク

此花(このはな)です

今回は斉木楠雄の第21X②「マッドΨエンティスト現る!(中編)」の感想を書いていきたいと思います

第21X②「マッドΨエンティスト現る!(中編)」
あらすじ
壊れてしまった制御装置を修理して貰うため、楠雄の兄・空助のいるロンドンへやって来た斉木一家。早速空助の暮らす先へ行こうと言う國春だが、ロンドンの観光地を巡るばかりで全く先に進まない。

ようやく乗り物に乗ったかと思えばそれは観覧車『ロンドン・アイ』で、さすがに呆れた楠雄は1人で空助の元へ行こうとするのだが、空中にいきなり空助が現れて…!?

公式より
ストーリー|TVアニメ「斉木楠雄のΨ難」公式サイト

空助の元に行く目的のはずが、ロンドン観光してしまう両親に笑う
ほんと、マイペースな両親だな

空助のキャラはあれだけ
弟・楠雄に負け続ければ、性格もゆがむか

さて、本編の感想へ行きましょうか!
ロンドン―空助―
「Mr.斉木。何か用かい、ジェイミー」
空助は言う

”Mr.斉木が図書館にいる確率64.2%。98.6%の教授たちが高評価。僕が表彰される確率 89.7%”
ジェイミーの思考かな?

「君からコピペ、
 いやヒントをもらった論文が教授たちに高い評価を得られたよ」
”98.2%の受験生が不合格になる試験を96.6%の正解率で突破し、
その時の心拍の乱れがわずか0.003%のMr.斉木”
自分からコピペって言っちゃってるし(笑)

「やはり君は100%天才だ」
ジェイミーは言う

「ジェイミー、僕は天才じゃない、凡人だ。
 現在の科学の常識を全て無にする。それが天才というものさ

空助は言った

一方、斉木家はロンドンについていた

「よしついたー!「㏌ロンドン!」」
テンション高い、二人

「ママ、写真撮ってよ」
赤い公衆電話ボックスに手を置いて、ポーズを決める
「パパ、ジェームズみたい…」
その姿を取る母・久留美

「(おい、僕の制御装置を直す為に奴に会いに来たんだ。
 ちゃんと持ってきてるのか?)」
不安そうに聞く楠雄

「もちろんだよ! 
 もちろん、遊びに来たんじゃない!」
制御装置をだす父・國春
なんか、鞄の中にガイドブックとか見えたんだけど(笑)

「(大分、楽しげなの見えたぞ、今!)」
楠雄はつっこむ

「よし!いざ、ケンブリッチへ!」
意気揚々と言う父・國春

だが、ケンブリッチはどこへやら、両親は観光を楽しんでいた

「(おい、満喫してんじゃない。
 早く電車に乗って、ケンブリッチへ向かえ)」

流石に怒る楠雄

「わ、分かってるよ…。ほら、乗ったぞ?」
乗り物に乗る斉木家
「(やれやれ…やっと乗ったか)」

「(ロンドン・アイじゃねぇか!)」
観覧車…(笑)

「わぁ、絶景ねぇ…」
観覧車からの景色にうっとりする母・久留美

「(もういい。僕一人で行く)」
しびれを切らした楠雄は車いすから立ち上がった

「うわぁ、楠雄!
 こんな上空で制御利かなくなったらおしまいだぞ!」
慌てだる父・國春
「(こんな上空に連れて来たのはあんただろ)」
(笑)確かにそうだ

「分かった! 空助の所に行こう!」
ようやく目的地に行こうと言ってくれた

それを聞いて、はぁ…とため息をつく楠雄
「(全く…
 僕はそもそも会いたくないんだからな、あんな奴)」

すると、コンコンとノック音がする
「やっほー」

「久しぶり!」
すげぇ登場してきた(笑)
「空助!」「くーくん!」

「(やれやれ、派手な登場だな…)」
楠雄は思う

地上へ戻って来た両親と楠雄
「くーくん!」「空助!」
空助に駆け寄る両親。
空助は母・久留美とだけ、受け止めた

「久しぶりだね」
そう、母・久留美に語りかけた
安定の、國春さんだけ無視。この兄弟は一緒か(笑)

「よぉ!空助」
父・國春の声は空振りする

「楠雄も久しぶりだね」
空助は母の後に楠雄に声をかける
「ははっ、元気そうだね」

「(元気だったら、こんな所に来ていない)」
楠雄はいう

「パパも久しぶり!」
空助はようやく、父・國春に声をかける

「少し太ったんじゃない?」
(笑)わざとでしょ、絶対
「こっち…」

「ははっ、嘘だよパパ、久しぶり」
空助はぎゅっと父・國春を抱きしめる
「あーもう」
「(…完全に遊ばれてるな。……やはり兄は苦手だ)」

「それより聞いてくれ空助、楠雄の制御装置が」
「くーくん、治せる?」
両親が言う
「(一見、嫌そうな奴には見えないが…)」

「んーでもな、
 制御装置を直しても根本的な解決に至らないんじゃないかな?」
空助は語り始める

「(兄は僕のことなど、心配しちゃいない。
 僕が兄の事が嫌いなのは兄が僕の事を嫌いだからだ)」

楠雄はいう

「(だが、兄が僕を嫌うのも無理はない。
 18年前、ある平凡な夫婦の間に男の子が生まれた)」

”「可愛いでちゅねー」”
「(僕が生まれた時、両親がさほど驚かなかったのは
 こいつがいたことに関係しているだろう)」

「(なぜなら、兄は生後一か月にして)」

”「把握した」”
「(と言葉を発し)」

「(簡単な文字の読み書き、計算なのは2歳でマスター。
 知能テストの結果はIQ218。早い話、天才だった)」
この家族、どうなってるんだ(笑)

「(しかしその天才は3歳にして、早くも大きな壁にぶち当たる)」

”「このパズルも飽きたなぁ…ヤングジャンプでも読もう」
ぽいっと知恵の輪を楠雄の方に捨てる”
「(それがほかならぬ、僕である)」

「(兄はさぞ屈辱を味わっただろう。
 心の中の嫉妬や劣等感、嫌悪感を向けられつづけた僕もいつしか、兄を嫌いになっていった)」
なるほどなー色々と複雑だ

「(そして、兄14歳)」
”「兄より優れた弟など存在しないのだ」”

「(と、どこかで聞き覚えのある言葉を残して、
 イギリスに留学していった)」
14…中二……あっ(笑)

「(あれから4年、僕は兄と一度も会っていなかった)」

「ははっ!嘘だよ。楠雄のこと、嫌いなわけないじゃないか! 
 部品を持ってきたんだろ?貸して」

ニコっと笑っていう空助

「(本心で言っているのか、
 テレパシーが使えないからわからないが…)」
楠雄は思う

すると、顔面蒼白の父・國春がいた
「何!?どうしたその顔…」
「(おいおい、まさか…)」

「カバン落としたー!?」
母・久留美は驚く
あーあ(笑)

「そのかばんに制御装置の部品が入っていたのかい?」
空助は言う
「あぁ、行きたい所に丸を付けていた旅行雑誌もだ。
 くそっ…!」

「(それはどうでもいい)」
楠雄はいう

「ロンドンについた時点では持ってた」
ぐっと親指を出して、父・國春は言う
「(つまり、何も覚えていないって事だな?)」

「OK。ロンドンにはあるんだね。
 それだけ分かれば十分だよ」
空助はパソコンを取り出す

そこには”監視カメラ”の映像がたくさん並んでいた
「これは…!?」
「ロンドンCCTVの映像だよ。イギリスは監視カメラ大国と呼ばれるくらい、いたるところにカメラが設置されているんだ」

「1時間前のパパのアホ面もしっかり撮られてる」
(笑)カメラの瞬間
「いやぁ!見ないで!……あっ、まだ鞄持ってるぞ。僕を追っていけば…」

「たぶん、土産屋でしょ?」
空助は言う
「何故、それを…!?」

「シャツの下に着ているそれ、1時間前の映像では違うシャツを着ているから、途中で買って着替えたんでしょ。でも、元着た服は持ってないってことはその時点でまだかばんはあった」

「そうなると、ここだが、このロンドンアイでは搭乗の際に荷物検査があるから、もしカバンを持っていれば、記憶に残っているはずだ。
 よってかばんは…」
土産屋にある可能性が高いってわけか。なるほど

無事、カバンを発見することが出来た
「あった!よかったー、じゃさっそく頼むよ、空助!」
制御装置を渡す

「うん、なんとかやってみるよ」
数分後--
「はい、これで大丈夫だと思うよ」
制御装置が完成した

「早っ!もう直ったのか!?」
「うん、組み立てただけだし」
まぁ、楠雄の復元能力ですべての部品はそろってるはずだしね

「うぉぉ、楠雄が立った!!完全復活」
父・國春は言う
楠雄が立ちあがり、ゲルマニウムリングを外す

「(まさかこんなあっさり直してくれるとは。
 この僕にうわべだけの改心は通用しないぞ。……ん? なんだ)」
聞こえるはずのものが聞こえないことに気づく

「(どうなっている?)」

「どうした? 楠雄。
 何か不具合でもあったのかな?」

空助は聞く

「(こいつの考えていることが全く読み取れない!)」
楠雄は思う
あの、頭に付いているへんな物が原因か?ゲルマニウムリングがあるなら、ありそうなもんだ

ここまで読んでくれてありがとうございました!
前回へ(第21x)
konohana19.hatenablog.com
関連記事
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com