読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

楠雄はパフェを食べる為にクラスのカラオケ会に参加する。落ち着いてパフェを待っていると、いつものメンバーが歌いだし?第18X⑤「テンションΨ高潮!カラオケ会」 感想 斉木楠雄のΨ難

斉木楠雄のΨ難
スポンサーリンク

此花(このはな)です

今回は斉木楠雄のΨ難の第18X⑤「テンションΨ高潮!カラオケ会」の感想を書いていきたいと思います

第18X⑤「テンションΨ高潮!カラオケ会」
あらすじ
楠雄はグランド・チョコレートパフェを食べるためにクラスメイト達とのカラオケ会に参加する。注文を終えてパフェの到着を待っていると、灰呂に促され曲を予約させれられてしまう。

しかし自分の順番までかなり余裕があり、食べたらすぐに帰るつもりのだったため、落ち着いてパフェを待ち続けることに。すると順番が回ってきたいつものメンバーが次々と歌を歌い出し…!?

公式より
ストーリー|TVアニメ「斉木楠雄のΨ難」公式サイト

パフェを食べる為にカラオケ会に参加する楠雄はぶれないなー(笑)
甘い物に弱い。
そして、照橋さんの歌詞酷い(笑)

海藤君のキャラソンは歌詞が見たかったなぁ…可哀想
燃堂は……うん、何も言わないでおこう
さて、本編の感想へ行きましょうか!
「僕らの…」
高橋が歌い始めようとした時、演奏を中止させる楠雄
「誰だ!?演奏中止にしたの」

演奏中止レーザーを発射していた楠雄
「斉木は何をうたうんだ?」
海藤に聞かれ、楠雄はメニューを開く

「(僕は歌いに来たんじゃない)」

「(これを食しに来たのだ、グランド・チョコレート・パフェ。
 うっ、まぶしい)」

本当に甘いものが好きだね、楠雄は

「(よし、注文したぞ)」
電話で注文し終え、後は待つだけ

「斉木君、今日はクラスの思い出作りの会だからね、
 最低でも一曲歌ってもらうルールなんだ」
灰呂に言われてしまう

「(大勢でカラオケ行った時の、そういう空気大嫌いだ。
 ……まぁいいか、順番が来る前にパフェ食って帰ればいいのだ)」

そう思い、入力する楠雄
「(適当に入れておくか)」

”GO!GO!はっちゃけサンバ
~アゲ↗アゲ↗でいきまっしょい☆~

が入ってしまう

「(何かヤバいの、入った。まぁ、どうせ、歌うことはない。
 落ち着いて、パフェを待とう)」
ふぅっと言った感じでパフェを待つ

「待ってました!照橋さん!」
「アイドルが歌うぞ!」

「なんか恥ずかしいな……」
照橋さんの登場である

「うっうっ、照橋さんの…歌が聞けるなんて…」
泣き出すクラスメイト達
「声も美しいぃぃ……」
(笑)まだ歌ってないのに泣き出すなんて…

「(はぇぇよ)」
そんな反応に突っ込む楠雄

「(ちゃんといるわね、斉木。
 ようこそ、私のコンサートに)」
照橋さんは言う
「(君のじゃ、ないが)」

「(こんなに美しくて、性格も良くて、おまけに歌まで上手だなんて、
 いくら何でも恵まれ過ぎじゃない?実はオンチ?みたいなパターン)」

「だけど~残念超上手いの~。
 なぜなら私は~完璧な~美少女だから~」

!? 歌詞(笑)

「完全に好きになるでしょ~。
 こんなに可愛くて~優しい美少女~だから」

「私に”おっふ”しなさい!」

「(歌はともかく、歌詞は最低だな)」
楠雄は言う
これ…キャラソンだね(笑)

98点という高得点を出す照橋さん
「こんな点数初めて見た!」
クラスメイトが騒ぐ

「次は俺のターンか」
海藤の番がやって来る
”ブラッディ・ムーン”って曲

だが……
「絶対、プロになれるよ!」
「感動した!マジで~」
全く見向きもせず、照橋さんをほめる人ほめる人。

「歌手になりなよ!心美」
女子たちも照橋さんをほめる褒める
「え~、わたしなんか無理だよ~」
「もう一曲歌ってよ!」

そんな現状に海藤は泣きながら歌っていた
「(誰か、後ろの迷える子羊を見てやって)」
流石の楠雄も言った(笑)海藤君…可哀想

「(ナイス、ブラッティ)」
パチパチと拍手をする楠雄
優しい、楠雄

「お待たせいたしました。
 グランド・チョコレートパフェです」
「(来たか)」
そう楠雄だが、他のクラスメイトが手をあげる

「はーい、俺っす!」
その行動にショックを受ける楠雄
「(何!?先に頼んでいたのか……)」

「うっひょー!頼んだらすぐ来たぜ」
「頼んで1分も経ってなくね?」
じゃ、横取りされた(笑)

「(それ、僕のじゃないか!ふざけるな、15分前から待ってるんだぞ!
 強奪したいところだが、仕方ない)」

「(貴様の、歌う番になったら、サビの一番いいところで
 ハウリングさせてやるからな。せいぜい、微妙な空気になるといい)」
地味な嫌がらせ(笑)

「(全くまた15分待ちだ。
 まだ前に9曲もあるし、間に合うだろう)」

ほとんど、でんぱ組じゃねぇーか!

「次誰だー?」
次に出てきたのは”燃堂”だった
「おう!オレッチだぜ!」

「(お前か。やれやれ、聴覚を遮断しておくか)」
楠雄は思う
「相棒!デュエットしようぜ」

「(このゴリラは何を言っている)」
楠雄(笑)

「燃堂と斉木がデュエットするってよ!」
「逆にみてぇ!」
「やれやれ!」
逆に注目されてしまう

「(やむおえん!)」
カラオケ室内を停電にする楠雄

数秒すると、電気がつく
「よっしゃ、歌うか相棒…?相棒?」
燃堂は言うが、楠雄がいないことに気づく

楠雄はトイレに逃げ込んでいた。
「(こういうことがあるから恐ろしいんだ。
 だが、ここまで来て、諦める訳にはいかない。僕は何としてでもグランド・チョコレートパフェを食す)」
諦めないなー

「(さて、もういいだろう)」
部屋に戻って来ると、クラスメイトが全滅していた。
「(ん? なんだこの静けさは…)」

「(おい、海藤。何かあったのか?)」
肩に手を置くと、死んだような顔をしていた海藤
「(!?…し、死んでる)」

「さ、斉木……か」
言葉を発した
「(あ、生きてた。…何があったんだ、一体?)」

楠雄が言うと、海藤は経緯を説明する
「燃堂一人で歌うことになって」

「そこから地獄だった。突然、ありとあらゆる不快な音で作られたオーケストラを轟音で聴かされたようだった」

「薄れゆく意識の中で、もし死神が存在していたらこんな声なんだろうな、
 と思ったことを覚えているよ」
「(どんな歌か、むしろ、聞いてみたいぞ)」
燃堂の歌、怖い(笑)

「お? なんだてめーら。俺っちの優しい歌声に眠ちまったのか?
 じゃあ、目覚めに激しい奴を聞かせてやんよ」
「(どんだけ酷かったんだか…)」

楠雄の目の前に”グランド・チョコレートパフェ”があった
「あぁ、斉木君の奴だったのかい?さっき、店員さんが持ってきてくれたんだ」
灰呂が言う
「(おぉぉー)」

店員さんは扉の前で”タスケテ~”事切れていた。
「ただ、逃げられなかったみたいで…」

「(ありがとう店員。
 お前の死は無駄にしないぞ)ではさっそく…」
死んでないからな(笑)

パフェを食べようとする楠雄。だが…
「次、斉木君の番だよ」
灰呂がマイクを差し出す

「(えっ?予約は8番目だぞ)」
楠雄は思う

「GO!GO!はっちゃけサンバ、
 は斉木君だろ?」

そこには適当に選曲した曲名が映っていた
「(なんで…?)」

「さっきの停電で、予約が全部消えちゃったから、
 覚えてる限り入れ直したんだ」
逆に目立つ曲名があだとなった(笑)
「(しまった!!)」

「次、斉木だぜ!」
「はっちゃけサンバ?ははっ、マジかよ斉木が!?」
「斉木くーん!がんばれー」

「(まずいぞ。このままでは、
 僕の第一声が”Oh yes はっちゃけ!”になってしまう)」
(笑)はっちゃけ…

すると、楠雄はある方向に向かって歩いていく
「逃げんのかよ、斉木―!」

「(一人じゃ恥ずかしいんでな)」
燃堂にマイクを渡した。あ…(笑)
「おっ、デュエットか?」

思わず、クラス内青ざめた
「俺、トイレ行ってくる!」
「私もー!」
(笑)これ、狙ってただろ!

「(さてと、食すか)」
「よーし、歌うか」
楠雄は聴覚遮断すればいいもんなー

来週から放送形態変わるから、どうなることやら…
ここまで読んでくれてありがとうございました
前回へ
konohana19.hatenablog.com
関連記事
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com