此花のアニメ&漫画タイム

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

プロイセンは自分の家に隠れている神聖ローマに初期のラプンツェルのお話を読み聞かせることにするが…?187話感想 ヘタリア world stars

スポンサーリンク

此花(このはな)です

今回はジャンプ+に連載されている「ヘタリア world stars」の187話の感想を書いていきたいと思います

今回、ちょっとびっくりした。
解体された後の神聖ローマがプロイセンの家に隠れていたとは…。やっぱり、ドイツさんにそっくりだなぁ、神聖ローマ

「グリム兄弟って奴らが書いた子供と
 家庭の童話集ってやつを買ってきたぞ!」

ナポレオンに負けてハートブロークン中…(プロイセン)
グリム童話の初版本…流石に初版本は子供にとってまずいんじゃ…(笑)

「子供向けの童話集か……」
神聖ローマ:世間的には解体されたはずだが、プロイセンの家に隠れている。死期にが近い…
!死期が近い…。神聖ローマと一緒に暮らしてたってことは国の結末をプロイセンは見た可能性があるって事か…?

「もっと素直に喜べよ!」
プロイセンは言う

「良いニュースはこれしかねぇや」
”このグリム童話が発行された時、ドイツの国々はフランス・ナポレオンの統治下にありました”
なるほど、だから、プロイセン、ハートブロークン中

「なにか嫌な事でもあったのか…?」
神聖ローマは心配そうに言う
「う、いや全然ないぞ、まったくない!
 俺様は元気そのもの!」

”「明日からお兄さん式のあいさつをすること!」”
フランスさんに言われたのか…(笑)

「それじゃあ、俺様直々に読んでやろう!」
「ふむ、楽しみだ」

「塔に閉じ込められたラプンツェルを偶然、ある国の王子様がみていました。
 ほら、王子様が登場したぞ。きっと俺様みたいなやつだ!」
そんな言葉に神聖ローマはふふふっと笑う

「王子様は魔女がやったように長い髪をつたって、塔を登りました。
 ラプンツェルは初めて見る王子様にとても驚きましたが、すぐに二人はすぐに仲良くなり…」

「それから王子さまは毎日、ラプンツェルに会いに来て二人は楽しく過ごしました。まだ、ハッピーエンドじゃねぇのか…?」
不思議そうにするプロイセン

「ある日、ラプンツェルは最近、服が窮屈になったことを魔女に伝えると、魔女は途端に怒り、ラプンツェルの髪を切り、追い出してしまいました…?」
「!?」
・・・あ、なるほど。そういうことは窮屈になったということはつまり…(笑)?

プロイセンが驚くわけだ…。
そして、そんなこと神聖ローマに伝えられるわけない(笑)

「それから魔女は王子様を騙して塔から落とし…王子は……
 今日はここまでだ!!」
適当にまとめて終わらせちゃった(笑)

「ちょっと待って、兄さん」
兄さん!? プロイセンのこと、兄さんって呼ぶんだ
「今の話には不可解な話が多すぎる。
 なぜ、魔女は服が入らなくなったというだけで怒りだしたんだ?」

正直に言うと、ラプンツェルは王子様の子を宿したからです。
だから、魔女が激怒した

「それにどうして、魔女は王子の存在を察知できた?
 王子さまが食べ物をたくさん持ってくるような描写はなかったはずだが…」
神聖ローマはお腹が大きくなったのは太ったからだと思ってるのね…純粋だ…

「ええとぉ、ええとだな…」
焦るプロイセン
「そういえば、
 昨日こんーーなでっかいうさぎ見たんだぜー!!」

初版本が窓から投げられた(笑)

「”拝啓、グリム兄弟様”」
先日、あなた方の童話集を弟に読み聞かせていたのですが、弟は純粋なので、エロいシーンをどう説明したらいいか分からず、自慢話でビールをこぼしてしまいました。

俺様は砂糖菓子のように甘く、小鳥がバタバタするような話を弟に聞かせてやりたいのです。よろしくお願いいたします。

世界一かっこよくて強い兄貴

手紙だとすごく丁寧な口調だ(笑)
グリム童話の初期ラプンツェルはエロイからなぁ…。あのシーンも細かく描写されてるので、かなりやばいと思う。そのせいで、改訂されたりする。

初期のグリム童話集って、めっちゃグロかったり、エロかったりするので、大人になって読むと面白いよね。
ラプンツェル(第1版)だど、ラプンツェルを誘拐するのは魔女ではなく、妖精。

絶対、初期のグリム童話は子供に読ませられない。
やはり、当時の親もそう思ってグリム兄弟に寄せたんだろうな

神聖ローマの兄さんの呼び方について、作者さんのメモ
ブログのような竹林2号機:ああああああ
兄さんについて、は好きなように解釈してくださいだそうです。
ああああ、とかという反応だったので、単純にミスったご様子
ドイツ人兄弟のお話が待っているようなので、楽しみ!

追記:作者さんのブログでグリム兄弟とアンデルセンのお話が追加
ブログのような竹林2号機:ジャンプラの最新のやつ
ここまで読んでくれてありがとうございました!
次回へ
konohana19.hatenablog.com
前回へ
konohana19.hatenablog.com
関連記事
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com
konohana19.hatenablog.com